彦根城の鏡桜

雑誌やテレビの取り扱いでは、京都特集が非常に多く、隣県の滋賀の特集は少ないかもしれません。しかし、SNSによる発信により、彦根城壁の桜、大津の三井寺や琵琶湖疎水の夜桜が紹介され、滋賀の桜が歴史的建造物とともに注目されています。

夕闇の彦根城の桜

京都駅から、電車で一時間弱にて彦根駅に到着します。琵琶湖を望む小高い丘にそびえる「彦根城」。国宝の天守閣を誇る名城であり、滋賀県を代表する観光名所です。今や国内のみならず世界中から注目される超人気スポットです。

桜と新緑と彦根城

年間を通して多くの観光客が訪れる彦根城ですが、特に美しい景観を楽しめるのは春の桜シーズンです。歴史的建物や石垣を優美な桜が彩る風景は、まさに日本の春を象徴するような美しさです。

彦根城で見られる桜の数は、ソメイヨシノを中心に約1100本と壮大なスケール。例年4月上旬から4月中旬に見頃を迎え、広大な彦根城内のいたるところで美しい花が咲き誇ります。

夕闇の桜と彦根城

彦根城の桜は、お濠の水への「映り込み」も必見です。重厚な石垣と淡く優しい桜がシンメトリーに映る光景は、圧巻の美しさで見る者を魅了します。お堀の水面に映し出された桜と彦根城とのコントラストが、幻想的な雰囲気を漂わせます。

日が落ち、だんだんと暗闇が広がりライトアップされ、風が止んだ時、水面に桜の形が浮かび上がります。噂に違わない極上の光景を目にすることができるでしょう。

彦根城の夜桜
おすすめの記事