彦根城の鏡桜

彦根城は、歴史ロマンと桜を同時に楽しめるのが大きな魅力です。ここでは、彦根城の桜のライトアップや開花状況、撮影スポットの「堀の水の映り込み」についてまとめました。

国宝の天守閣の彦根城とは?

琵琶湖を望む小高い丘にそびえる、彦根城は、国宝の天守閣を有する名城中の名城です。

日本にたった5つしかない国宝の天守閣の1つ(他に姫路・松本・犬山・松江)で、彦根のまさにシンボル的存在です。

彦根城の桜

彦根城は井伊家35万石の居城として知られ、春には可憐な花々に包まれる「桜の名所」としても知られ、石垣や白壁と調和して美しいです。

城域一帯は花見スポットとして多くの人が訪れれ、また名産品・特産品の販売や、夜間ライトアップも行われる。

雑誌やテレビの取り扱いでは、京都特集が非常に多く、隣県の滋賀の特集は少ないかもしれません。

しかし、SNSによる発信により、彦根城壁の桜、大津の三井寺や琵琶湖疎水の夜桜が紹介され、滋賀の桜が歴史的建造物とともに注目されています。

滋賀県が誇る天下の名城「彦根城」は、今や国内のみならず世界中から注目される超人気スポットです。

年間を通して多くの観光客が訪れる彦根城ですが、特に美しい景観を楽しめるのは春の桜シーズン。

彦根城の内堀の桜

歴史的建物や石垣を優美な桜が彩る風景は、まさに日本の春を象徴するような美しさです。

彦根城の桜の見頃や2021年の開花状況は?

広大な敷地に桜が咲き乱れる彦根城では、様々な場所、アングルを探し、自分だけの桜写真を撮影するのも春の彦根城の楽しみ方の1つです。

彦根城で見られる桜の数は、ソメイヨシノを中心に約1100本と壮大なスケールです。

彦根城の天守閣と桜

彦根城の桜の見頃は、例年4月上旬から4月中旬で、広大な彦根城内のいたるところで美しい花が咲き誇ります。

毎年「彦根城桜まつり」も開催され多くの花見客で賑わう、滋賀県有数の桜の名所です。

彦根城の内堀の桜

2021年の桜の見頃は、暖冬の影響より、例年より早くなることが予測されます。

2021年の桜の見頃は、3月下旬~4月上旬になるでしょう。

2021年の開花状況につきましては、後程追記します。

彦根城の桜のライトアップは?

彦根城の桜のライトアップは、開花にあわせて、内堀沿いがライトアップされます。(入城は不可)

内堀沿いのライトアップ実施期間は、3月下旬-4月中旬の18:00-21:00を予定しています。

桜と新緑と彦根城
彦根城の内堀の桜のライトアップ

お城を取り巻く二重の堀の水面や、櫓の白壁に映えるサクラは目を見張る美しさです。

夜間は照明に照らされ、幽玄の世界となります。

彦根城の桜のおすすめの撮影スポットは?お堀の水への「映り込み」?

年間を通して多くの観光客が訪れる彦根城ですが、特に美しい景観を楽しめるのは春の桜シーズンです。

歴史的建物や石垣を優美な桜が彩る風景は、まさに日本の春を象徴するような美しさです。

彦根城の桜は、お堀の水への「映り込み」も必見です。

写真は彦根城中堀で撮影した桜の映り込みです。

夕闇の彦根城の桜
彦根城の内堀の桜のライトアップ

城の重厚な石垣と淡く優しい桜がシンメトリーに映る光景は、圧巻の美しさで見る者を魅了します。

彦根城の内堀の桜のライトアップ

お堀の水面に映し出された桜と彦根城とのコントラストが、幻想的な雰囲気を漂わせます。

夕闇の桜と彦根城
彦根城の内堀の桜と天守閣のライトアップ

日が落ち、だんだんと暗闇が広がりライトアップされ、風が止んだ時、水面に桜の形が浮かび上がります。

彦根城の夜桜
彦根城の内堀の桜のライトアップ

噂に違わない極上の光景を目にすることができるでしょう。

彦根城のアクセスや営業時間は?

住所:滋賀県彦根市金亀町1-1

電話:0749-22-2742

最寄り駅:彦根駅[西口]から徒歩約21分

営業時間:通年 8:30~17:00(ライトアップ期間:18:00-21:00

定休日:年中無休

まとめ:彦根城の桜のライトアップや開花状況や見頃?撮影スポットは堀の水の映り込み?

ここでは、彦根城の桜のライトアップや開花状況、撮影スポットの「堀の水の映り込み」についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事