青空と三春の滝桜

国内屈指の銘木、日本三大桜のひとつ「三春の滝桜

梅と桃と桜の花が一度に咲くことからその名がついたといわれている三春町。国内屈指の銘木「三春の滝桜」を訪れました。「三春滝桜」は、日本三大桜の一つにも数えられているベニシダレザクラです。樹齢は1000年を超えるとされています。岐阜県にある「根尾谷淡墨桜」、山梨県にある「山高神代桜」とともに日本三大桜の一つに数えられており、その優美な姿は、数々の絵画のモデルにもなっています。

古木が持つ独特の風情と、生命力に満ち溢れ、堂々とした姿は多くの人の心を掴み、画家の橋本明治氏や千住 博氏の作品のモデルにもなるなど、数多ある桜の中でも特別な存在です。桜の木としては初めて国の天然記念物に指定されました。樹高は13.5m、根回は11.3mです。

四方に枝を広げ、垂れた枝に紅色の可憐な花を無数に咲かせ、ため息がでるような迫力で、まさに横綱の風格です。根回り11メートル、高さ13メートル。枝は幅25メートルに広がります。この三春の滝桜の圧倒的な生命力に、多くの人が吸い寄せられ、遠くからの旅行者と地域の人々が、一本の桜を一同に眺め、その美しさを共有します。

「三春の滝桜」のライトアップ!夜空に浮かぶ東北復興の光!

桜の周辺にて、郷土の美味しい食べ物を楽しみ、笑い声はいつまでも絶えず、若い観光客と地域のお年寄りの間にもコミュニケーションが生まれ、あたたかな時間があっという間に過ぎていきます。

いつの間にか日が落ち、ライトアップされ、たわわに咲いたピンクの花が夜空に見事に浮かび上がりました。

三春町内には他にも約10,000本の桜の木があり、そのうち約2,000本はシダレザクラで、樹齢100年を超える木が町のいたる所に植えられています。約2,300本の桜を有する『さくらの公園』や『三春ダム』も名所として知られ、開花期間中には町中が桜色に染まります。

復興・再生を願う、東北の桜プロジェクト

「東北・夢の桜街道」、「桜ライン311」、「さくら並木プロジェクト」、「さくらプロジェクト3.11」、「Fukushima さくらプロジェクト」など、東日本大震災からの復興・再生を願い、経験した悲しみを二度と繰り返さない未来を実現するために、東北にて桜をシンボルとした様々な活動がされています。桜の植樹事業、インバウンド含む東北桜観光促進、防災の教示、教育・文化活動、普及啓発事業等多岐にわたります。

2011年、イギリス人の女性監督ルーシー・ウォーカーは被災地に入り、「津波そして桜」という短編映画を作成し、アカデミー賞にもノミネートされました。その映画では、津波にさらされても美しい花を咲かせようとする桜を、絶望のふちに立たされても明るく前向きに生きようとする被災者の姿と重ね合わせ、“桜”が日本人にとって如何に大切な文化であるかを写し出しています。

震災後、たくさんのさくらの樹が移植されています。桜の苗木に、未来への警鐘と癒しへの想いを託し、世代を生き抜いた一本桜の銘木に癒され、先人の想いを受け取ります。色々な物を背負ったたくさんの人々が桜を見上げ、ただ“美しいですね”と顔を見合わせて、笑える瞬間がどれだけ貴重でしょう。集まる目的があり、共感できるものがあるということ。東北の桜を巡ると、自然とつぶやくでしょう。やはり桜は美しい。

東北・夢の桜街道:                       http://www.tohoku-sakurakaido.jp/

桜ライン311:                                 http://www.sakura-line311.org/

さくら並木プロジェクト:               http://sakuranamiki.jpn.org/cherry_project

さくらプロジェクト3.11:            http://www.sakura-p.org/index.html

Fukushima さくらプロジェクト:              http://www.fukushimasakura.jp/

三春の滝桜の近くのおすすめのスポットは?

『三春の滝桜』を見る前に、訪れる場所がありました。それは丘陵に囲まれた里山の集落に立つ「杉沢の大スギ」です。福島県で最大の巨木は、中通りの北部に位置する二本松市にあります。

近づいて見ると、ますますその存在の大きさが際立ちます。しっかり地に張る太い根、天高く伸び合う枝は、見る人を圧倒するでしょう。高さは約45m、幹の太さは10mを超える巨大な一本杉です。あの樹齢1,000年以上の屋久杉より大きいともいわれ、これだけの巨木で樹勢が旺盛なスギは全国でもあまり例がありません。

ただ巨大なだけでなく、優美な立ち姿を誇り、更に「まんが日本昔ばなし」にも登場した神秘の大スギです。

昭和18年に国の天然記念物に指定され、長い間この地域に根付いていきました。樹齢は約600年とも千年ともいわれ、八重の過ごした幕末の時代も見守ってきました。地域の宝として人々に守られてきたからこそ、今の大杉があるのです。

おすすめの記事