ひたち海浜公園のネモフィラと赤い花

国営ひたち海浜公園のネモフィラへの道を彩る100万本のスイセン

国営ひたち海浜公園に、華やかな春が訪れます。一年でいちばんにぎやかなこの季節、公園のどこを歩いても美しい花景色に出会えます。西口から目的の「みはらしの丘」エリアへ向かう途中に「スイセンガーデン」があります。

約1haという広大な敷地の松林の下に、白や黄色の水仙をはじめ、ハナモモなどが咲き、華やかな光景が広がっています。約550品種100万本のスイセンが凛と花を咲かせる姿は、歩く人々を和ませます。

国営ひたち海浜公園の空に溶け込むネモフィラの絨毯!

観光客が一番乗りを目指して駆け出した場所は、公園の北側にある「見晴らしの丘」。この丘が、日本だけでなく、海外でも注目されているスポットとなっています。歩きを進めていくと、菜の花の黄色の向こうに、空に溶け込むような青の世界が現れます。約450万本もの青い花「ネモフィラ」は、例年4月下旬から5月上旬が見頃となります。

「青い花の絨毯(じゅうたん)」は、ひたち海浜公園の名物です。ゴールデンウイークに、たくさんの観光客が訪れます。

ネモフィラは瑠璃唐草(るりからくさ)とも呼ばれ、丈夫で見頃が長いと言われます。花が非常に小さいので、丘一面が青一色の絨毯に見えます。国営ひたち海浜公園の春の風景としておなじみの、幻想的なネモフィラハーモニー。

広大な“みはらしの丘”一面(約3.5ha)に、450万本のネモフィラの花が広がります!丘の上で青空につつまれて眺めるネモフィラ畑はまさに絶景。360度、見渡す限りのブルーの世界は、地上を離れて空中散歩をしているかのようです。

可憐なネモフィラの花と、青空と、そして海が見せてくれる日本最大級のパノラマ絶景は、「青の絶景」や「空と繋がる丘」とも表現され、多くの人の目と心を癒し、楽しませてくれています。夢のような景色に感動せずにはいられません。

国営ひたち海浜公園 のネモフィラ! 世界が注目する青の世界!

海外では「日本にしか存在しない海!」と評判になり、たくさんの海外からの観光客が訪れていました。可憐に咲くその様から英語で「Baby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)」と呼ばれるのも納得。 ちなみにネモフィラの花言葉は「可憐」「あなたを許す」「清々しい心」「どこでも成功」などがあるそうです。

スイセン、チューリップ、そしてネモフィラへの春の“フラワーリレー”。都会の喧騒を離れ、青空と海とネモフィラにつつまれてみてはいかがでしょうか。

ひたち海浜公園ホームページ:https://hitachikaihin.jp/

おすすめの記事