五所川原の桜のトンネルを走る列車

桜に包まれる太宰治ゆかりの 「芦野公園」

青森県五所川原市にある「芦野(あしの)公園」は、広い水辺と散策路が続く自然豊かな公園です。芦野公園は、この町に生まれ育った作家・太宰治が幼少のころよくここで遊んでいたことから、文学ファンの中では「一度は訪れたい場所」と言われています。

公園内には「だざい橋」という橋もあり、作品の構想を練るのに太宰治が歩いた場所とされています。

およそ100haの広さをもつ公園。雪深く、そして長い冬が終わると、「藤枝ため池」周辺を中心とした公園内にあるソメイヨシノ、サトザクラ、シダレザクラなど約1500本以上の桜がいっせいに花開き、見る人を圧倒するほどの美しさです。

芦野湖沿いの散策路から、桜ごしに観る水辺の光景は、静けさと穏やかさに満ちています。『芦野公園内を鉄道が横断する』という全国でも珍しい光景を見ることができ、もちろん実際に乗ることもできます。

芦野公園の桜のトンネルを突き進む「走れメロス号」

桜まつり期間中以外は、無人駅となっている「芦野公園駅」。実は、太宰治の小説「津軽」にも登場したこともある場所です。周囲を豊かな緑に囲まれた駅のホームは、在りし日の面影をそのままに残した味のある趣で、どこか哀愁も感じられます。

訪れたゴールデンウィーク時期の芦野公園は、桜吹雪の真っただ中。園内を通る津軽鉄道の列車がサクラのトンネルをくぐる瞬間を見ようと、多くの観光客が訪れていました。

普段は無人の芦野公園駅のプラットホームに、桜開花期間中は人が配置されています。踏切には遮断機が無く、事故防止のため、列車が来る時間になるとロープを張って立ち入り禁止にします 。

線路の上には両側から覆うように咲く桜のトンネルがあり、鉄道と桜のレトロ感あふれるノスタルジックな雰囲気はまさに絶景です。「走れメロス号」が駅に近づくと、観光客らが一斉に車内外からカメラやスマートフォンを向けます。

郷愁を誘う懐かしい車両と桜のトンネルが、桜吹雪とあいまって、日本の春を最高に演出します。

芦野公園の雪のように舞う桜吹雪と津軽三味線の音色

遠くでは、多くの露店が色とりどりに軒をならべ、桜祭まつりを賑やかに彩っています。

桜まつりの頃には公園内で、ステージでのショーや花火大会も開催され、夜間のライトアップも行われます。お祭りの賑わいとざわめきを遠くに感じながら、静かな湖畔でゆっくりと桜を楽しむのもいいかもしれません。

芝生広場では、桜の絨毯で敷き詰められた贅沢なグランド上で、親子が野球を楽しんでいました。

雪のように降る桜吹雪を浴びながら、春の暖かな日差しを受け、なんともいえないのどかな春の風景を堪能しました。

2019年の「金木さくらまつり」:  2019/04/27~2019/05/06

おすすめの記事