あしかがフラワーパークの大藤

CNNが選出する”2014年の世界の夢の旅行先 9選”「あしかがフラワーパーク」

アメリカのケーブルテレビCNNが選出する「2014年の世界の夢の旅行先9選」。マダガスカルのバオパブの並木道、キリンが訪れるケニアのジラフ・マナー、世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフのヘイマン島、オーロラをガラスの天井から臨むフィンランドのホテル等と並び、唯一日本からランクインしたスポットがあります。それが、映画『アバター』の魂の木のような幻想的な光景と称賛された「あしかがフラワーパーク」です。

広さ94000㎡の日本最大級を誇る藤園は、シンボルの樹齢150年の大藤や80mにおよぶ白藤のトンネル、春の花々と青紫、うす紅、白、黄の4色の藤が織りなす幻想的な風景を魅せます。花々ひとつひとつの表情、空や水辺と花々のコラボレーション。まさしく夢の世界が広がります。

あしかがフラワーパーク「ふじのはな物語~大藤まつり2018」

栃木県足利市のあしかがフラワーパークでは、2018年4月14日(土)から5月20日(日)まで「ふじのはな物語~大藤まつり2018」を開催。4月1日には栃木県内では35年ぶりに、JRの新駅「あしかがフラワーパーク駅」も開業されました。

駅から「あしかがフラワーパーク」までの距離は徒歩1分。ゴールデンウィーク期間には、早朝から全国、そして海外から多くの観光客が夢の世界を求めて訪れていました。

「ふじのはな物語~大藤まつり2019」: 2019年4月13日(土)から5月19日(日) (予定)

フラワーパークに入った途端に、光に照らされた春の花々の彩りと香りに迎えられます。今年は、藤の花もツツジも桜と同様一週間程早く咲き誇り、うすべに藤、大藤、八重黒龍藤がほぼ満開、白藤は満開、黄藤が咲き始めで、すべての色を楽しむことができました。

また藤の花だけでなく、園内では5000株以上のツツジをはじめとする、さまざまな種類の花が競演し、まさに絢爛豪華!

あしかがフラワーパークの樹齢130年の「奇跡の大藤」

とりわけ大きな存在感を示すのが「奇跡の大藤」です。1968年、栃木県足利市堀込町に開園した「早川農園」は、1997年に都市開発のため、現在の足利市迫間町に移設し「あしかがフラワーパーク」 としてオープンしました。

「早川農園」には「250畳の大藤」として愛されていた樹齢130年の大藤がありましたが、園の移設で移植を余儀なくされました。当時これほど大きな藤の移植は不可能といわれましたが、女性樹木医第1号の塚本こなみさんが見事に移植を成功させ、世界中の藤愛好家を驚かせました。

棚面積600畳敷き(約1000㎡)に成長した「奇跡の大藤」を目の当たりにし、困難を乗り越え咲き誇る藤の艶やかな色と力強い幹に圧倒され、大きな優しさに包まれたように胸が熱くなります。

あしかがフラワーパークの藤の幻想的なライトアップ

夜の闇が深まると、園内は妖しいまでの美しさ!色鮮やかに光輝く大藤、闇に浮かぶウエディングドレスを纏ったような清らか白藤、魅惑のトンネルを彩るきばな藤が、非現実の世界を創り出します。

水面には、多種多様な色の藤が姿を映し、光に揺らめく様の何と幻想的な光景! 昼と夜、光の移り変わりにより、次々と表情を変える藤は、世界中の人を温かく迎え、優しく包み込みます。まさに、藤の花言葉「優しさ」、「歓迎」そのものです。

時には降り注ぐ雨のように静かに花を垂れ、時には花火のように光を放つ、古くから日本人の心を掴み、世界から愛される藤の世界に魅了された夢のひとときとなりました。

あしかがフラワーパーク: http://www.ashikaga.co.jp/

おすすめの記事