夜桜と五稜郭タワー

函館五稜郭で一面の桜風景!

戊辰戦争最後の戦い、箱館戦争の舞台となった五稜郭。大正3年(1914)には公園として市民に一般開放され、昭和27年(1952)には北海道で唯一の国指定の特別史跡として認定されました。

多くの木々と堀に囲まれた星形の城郭は、春は桜でピンク色に、秋には赤や黄色、そして冬は白。2010年に復元された郭内にあった江戸幕府の役所である箱館奉行所も見どころの一つです。

高い土塁(堀の内側に巡らされた土手)の上には散策道があり、自由に上がって巡ることができます。この散策道からは、眼下に植えられた桜をちょうど見おろすことができ、ところによって桜色の平原のような眺望が楽しめます。

堀の周囲を散策や犬の散歩をする市民の姿を見ることができます。

函館の五稜郭タワーと桜の絶景

1964年、五稜郭築城100年を記念して建てられたのが、高さ60メートルのタワー(展望台は45メートル)です。そして、2006年に建て替えられてオープンした新タワーが、現在の「五稜郭タワー」です。

すっと伸びる白い五稜郭タワーが、桜の木や堀の風景にもよく似合います。

五稜郭公園では、毎年桜が咲く時期限定でライトアップも行われます。ライトアップといっても、下から強力な光を照らすのではなく、桜の木の下に提灯を吊るして照らすスタイルです。

五稜郭公園の提灯と桜

夜桜に、五稜郭タワーが浮かび上がります。

お堀の外周に面して、北海道を代表する企業の一つである六花亭があります。

桜満開のこの時期には、ライトアップされた桜をバックに六花亭店内で一日だけの「花見寄席」が開催されましまた。

大きなガラス窓からライトアップされた見事な夜桜をバックに、現実とは思えない一日だけの幽玄な世界が広がります。夜、六花亭の大きなガラス窓から見える花見寄席の様子を夜の公園側から眺め、その幻のように美しい光景に、来年は絶対に行ってみよう心に決めました。そして、昼と夜、それぞれの桜を存分に楽しみ、五稜郭を後にしたのでした。

五稜郭タワー公式ウェブサイト:http://www.goryokaku-tower.co.jp/

おすすめの記事