光前寺の門の枝垂れ桜

桜の雲に覆われる天下第一の桜「高遠城址公園」

長野県伊那市に、高遠城趾公園はあります。武田信玄の五男・仁科信盛(にしなのぶもり)が織田信忠(おだのぶただ)と戦い、壮絶な死を遂げたのが高遠城です。この地の代名詞的存在であり、あまりにも有名な「高遠桜」は、明治8年、荒れたままになっていた高遠城址をなんとかしようと、 旧藩士達が馬場の桜を城址に移植したのが始まりです。

可憐なピンク色の「コヒガンザクラ」の樹林は、長野県天然記念物となっている貴重な桜です。高遠城の戦いで仁科盛信の流した血により、城内に植えられているタカトオコヒガンザクラの赤みが増したと語り継がれています。

それから、百数十年後の現在、 高遠城趾公園のタカトオコヒガンザクラは、桜の色の美しさと規模の大きさから「天下第一の桜」と称されています。花びらがソメイヨシノよりも少し小ぶりで、ピンク色が濃く美しいことで有名です。

1500本の桜が満開に咲きそろう眺めは、雪景色の中央アルプスとの素晴らしいハーモニーを作り出し、見事な桜の森を演出します。県の天然記念物の指定を受けており、県の天然記念物の指定を受けており、吉野の桜や弘前公園の桜とならび、日本三大桜名所の一つです。

高遠城址公園内の必見スポットに、「桜雲橋」があります。その名の通り桜の雲に覆われたこの橋は、一日中観光客で賑わいをみせます。

「高遠閣」は、観光客の休憩所や町内の集会所として昭和11年(1936年)に建てられ、高遠城の象徴的存在です。帝国ホテルや日本郵船本社などを手掛けたことで知られる伊藤文四郎氏の設計で、国登録有形文化財にも登録されました。

そんな高遠城址公園のシンボル「高遠閣」も、春にはまさに桜まみれ。歴史的建造物の醸し出す厳かな空気の中に咲く花は、いつにも増して美しく見えます。

鳳凰が羽を広げる圧巻の枝垂れ桜「光前寺」

長野県駒ヶ根市にある光前寺は桜の名所としても親しまれていて、桜の開花時期には多くの参拝客で賑わいます。光前寺は、貞観2年(860年)に本聖上人(ほんじょうしょうにん)によって開かれた、天台宗の古刹です。

戦国時代には武田、羽柴家等の武将の保護を受け、徳川時代に入ると徳川家からは地方寺院としては破格の60石の寺領と10万石の大名格を与えられるなど、隆盛を極めました。春の枝垂れ桜や光苔、そして秋の鮮やかな紅葉風景は、光前寺庭園として国の文化財「名勝」に指定されております。

特に門前の枝垂れ桜はまるで鳳凰が羽を広げたかのような姿です。思わず手を合わせてしまいたくなる、枝垂れ桜です。

左後方に見える、中央アルプスの宝剣岳と千畳敷カールと枝垂れ桜が見事な光景となっています。

仁王門から大講堂付近を中心に、約70本のしだれ桜が植えられており、満開の時期を迎えますと境内がえも言われぬ桜色に彩られます。

杉の巨木に囲まれた、煙たなびく「本堂」と早太郎伝説

仁王門をくぐると杉並木の参道がまっすぐに延びています。大講堂の前の華やかさとは対照的に、厳かな雰囲気です。

この参道にはわずかですが光苔が自生しています。いろいろな角度から覗いて見ることで、光に反射する光苔を見つけることができるかも知れません。

さらに進めば線香の煙たなびく本堂が見えます。境内には樹齢数百年の杉の巨木に囲まれ、長野県屈指の大寺です。

光前寺は早太郎伝説の寺としても知られています。早太郎は、イヌの名前です。今よりおよそ700年程も昔、光前寺に早太郎というたいへん強い山犬が飼われておりました。遠州府中(静岡県磐田市)見付天神社では、生け贄として怪物に少女を捧げる人身御供という悲しい習わしがありました。その怪物が、早太郎を恐れていることを知った旅の僧が、早太郎を借り受けました。早太郎が娘の代わりとなって怪物と戦い、それまで村人を苦しめていた怪物を退治しました。 早太郎は化け物との戦いで傷を負いましたが、光前寺までなんとか帰り着くと、そこで息絶えたのです。

以来、「早太郎こそ不動明王の化身」と災難除け・厄除けの霊犬として崇められ、今もこの光前寺で眠っています。本堂と三重塔の間に、その早太郎の墓があります。

光前寺は、静寂な中にも風情と格式が漂い、二つとない独特の雰囲気を味わることができる、信州の名刹でした。

高遠城址公園:  https://takato-inacity.jp/

光前寺:             http://www.kozenji.or.jp/

おすすめの記事