宝泉院の額縁庭園の五葉の松と紅葉

京都大原の宝泉院は、五葉の松や額縁庭園の紅葉で有名で、見頃の時期には、庭園がライトアップされ、混雑はしますが、見事な景観を楽しむことができます。2019年の宝泉院の紅葉の見頃予想ライトアップの時期時間及び混雑状況について紹介します。

2019年11月29日現在の宝泉院の紅葉の見頃は?

宝泉院の鶴亀庭園や宝楽園の紅葉は、少し見頃を過ぎ落葉してきています。

宝泉院の額縁庭園で有名な盤桓園の紅葉は、少し落葉がありますが、まだ見頃が続いています。

声明を聴き紅葉を愛でる「宝泉院」

宝泉院の盤桓園の紅葉
宝泉院の盤桓園の紅葉

京都の大原では、有名な大原三千院寂光院以外に、もう一つ心に残る寺院がありました。

それが、大原三千院の三千院の奥にあり、仏教音楽の根本道場の勝林院の中の僧坊として800年以上前から存在する宝泉院です。

宝泉院は、「声明(しょうみょう)目録」を著すなど声明の大家として知られる宗快法印によって創建されました。

声明とは、仏典に節をつけた仏教音楽のひとつで、天台声明は、ほかの宗派の声明よりも奥が深く、その天台声明の聖地として知られています。

伏見城の遺構を移築して作られており、こちらにも鳥居元忠の家臣数百名が自刃した際の床板「血天井」があります。

伏見城落城の悲劇を伝える血天井は、血が天井まで届いたのではなく、伏見城では床板だったものを、供養のために宝泉院の天井にされたそうです。

入り口からすぐにある部屋には囲炉裏あり、裏に見える庭も風情があります。

宝泉院の北側の庭園と灯篭が見えます。

宝泉院の囲炉裏の間
宝泉院の囲炉裏の間

声明がBGMとして常に流れています。その中で、お抹茶を頂きながら、ゆっくりと混雑なく、拝観したいお寺です。

宝泉院の紅葉の見頃の時期には、竹林の緑と紅葉の赤が対照的で、まるですばらしい風景画を観ているかのようです。

ミシュラングリーンガイドでは、宝泉院・五葉の松が一ツ星に選ばれています。

秋色に染まる紅葉の見頃の時期は、旅人に風情を感じさせてくれ、訪れる人々の心を癒やしてくれます。

宝泉院の紅葉の例年の見頃と2019年の見頃予想

宝泉院の額縁絵画
宝泉院の 盤桓園 の紅葉

例年の色づき始めの時期は 11月上旬で、宝泉院の紅葉の見頃の時期は 11月中旬 です。

もちろん紅葉の見頃の時期は、その年の気候や気温により左右します。

天気予報サイトの今後の気候の予測から、2019年の宝泉院の紅葉の見頃の時期は、少し遅めとなるでしょう。紅葉の見頃は、11月中旬~下旬と予想します。

2018年は11月20日に訪れましたが、紅葉と緑のグラデーションが美しく、ほぼ宝泉院の紅葉の見頃でした。

宝泉院の紅葉の混雑状況と混雑回避法!

宝泉院の紅葉のメインスポットは、額縁庭園といわれる盤桓園(ばんかんえん)前ですが、紅葉の見頃の時期はたいへん混雑します。

紅葉の見頃の時期に、紅葉の額縁庭園を人がいない状態で、写真に残すのは難しいでしょう。

全く人が写らないように撮影したい方は、拝観前に並んだほうがいいでしょう。

撮影スポットとしても人気の「宝泉院」なので、休日には結構な混雑が予想されます。

午前10時を過ぎると個人客だけではなく、団体客も紅葉の見頃に合わせて押し寄せますので、午前9時~10時の間がおすすめです。

その他の時間帯にでは、ライトアップ前の夕刻も狙うべき時間でしょう。

宝泉院の盤桓園の席について、抹茶とお茶菓子を頂いて、のんびり鑑賞できるでしょう。

もちろん、週末より平日の宝泉院の拝観をおすすめします。

宝泉院の紅葉の2019年のライトアップの期間と時間は?

宝泉院の 盤桓園 の五葉の松
宝泉院の 盤桓園 の五葉の松

宝泉院の紅葉が見頃の時期に、ライトアップが実施されます。

紅葉ライトアップでは秋の夜灯りと称して、庭園などがライトアップされます。僧侶による声明(しょうみょう)が聞けたり、お香が香る客殿で水琴窟の音を聞いたりすることができます。(要確認)

宝泉院のライトアップ時の混雑を避けたい方は、午後7時30分以降に拝観することをおすすめします。

宝泉院紅葉ライトアップ2019

2019年(令和元年)11月2日(土曜日)~12月1日(日曜日)

17:50~21:00(受付20:40終了)

拝観料は800円

宝泉院の 盤桓園 の五葉の松と紅葉のライトアップもすばらしく、一見の価値はありますよ。

宝泉院の紅葉の見どころ、紅葉に染まる神や仏の世界観「宝楽園」

 宝泉院の宝楽園の紅葉
宝泉院の宝楽園の紅葉

宝楽園は、2005年(平成17年)に整えられた宝泉院三つ目の庭です。

宝泉院に入ってすぐ左に見えるのが、2005年に作られた、比較的真新しい「宝楽園」がありあります。

宝泉院の宝楽園は、神や仏の世界を現しているそうで、白砂に立体感のある岩を組んでおり、樹木とのコントラストがすばらしいです。

長く歴史がある京都のお庭とまた趣が異なります。

たくさんの石と樹木で大自然を表現しています。

水はありませんが、岩石の橋などがあり、まるで川の跡を歩いているようです。

2018年11月20日の時点では、紅葉の見頃の時期より少し早く、ほぼ混雑はありませんでした。

宝泉院の紅葉の見どころ、季節の色に染まる鶴亀庭園

宝泉院の鶴亀庭園の紅葉
宝泉院の鶴亀庭園の紅葉

宝泉院の玄関の左側には、江戸時代中期の作とみられる庭園があります。

これが宝泉院の鶴亀庭園で、池の形を鶴に、築山を亀、山茶花の古木を蓬莱山に見立てた美しい庭園です。

宝泉院の鶴亀庭園では、樹齢300年の山茶花(さざんか)の古木が蓬莱山を表しています。

沙羅双樹と聞いて、「平家物語」の一説にもありますが、仏教では聖木とされている木です。

羅双樹の花は、5月~7月ごろ、春の終わりから夏にかけて、枝の先に白っぽい小さな花を咲かせます。

もみじがちょうど紅葉の見頃で、見事に池を覆っていました。こちらも混雑することなく、比較的ゆっくり眺めることができます。

宝泉院の手水鉢の花
宝泉院の手水鉢

宝泉院の手水鉢には、いつも季節の花が添えられているそうです。

宝泉院の紅葉の見どころ、大迫力の「五葉の松」と紅葉の額縁庭園!

 宝泉院の盤桓園と紅葉
宝泉院の盤桓園と紅葉

宝泉院に3つある庭園のうち最も人気なのが、盤桓園(ばんかんえん)です。

立ち去りがたいという意味を持つ庭園で、その名のとおりすばらしい景観でした。

宝泉院の盤桓園では、イロハモミジ・イタヤモミジ・ニシキモミジなどが植えられ、紅葉の見頃の時期には、紅葉と青々とした竹林とのコントラストが神秘的です。

柱と柱の空間を額に見たてて観賞するのが、 宝泉院の盤桓園の基本的な観賞方法です。

また写真を撮るときにも、この観賞方法に倣って、柱を入れて撮影するのが定番の構図です。

紅葉の見頃の時期はたいへん混雑しますので、なかなか人を入れずに撮るのは難しいので、朝一番の拝観がおすすめです。

宝泉院の「五葉の松」は、京都市の天然記念物に指定されており、高浜虚子が俳句に詠んだことでも知られています。

宝泉院の五葉の松
宝泉院の五葉の松

宝泉院の五葉の松 は、「近江富士」をかたどって整えられています。

樹齢700年の五葉の松はあまりに見事であり、紅葉とともに、客殿の柱、鴨居を額縁に見立て、絵画を眺めように楽しむことができました。

美しい「額縁庭園」に癒され、水琴窟の音に耳を傾けていると心が自然と落ち着きます。

大原に佇むもう一つの紅葉の名所「宝泉院」。

紅葉の見頃の時期には、紅葉のライトアップもされ、幻想的な夜の庭園が浮かび上がります。

ライトアップされた見頃をむかえた紅葉は、本当に美しく、週末は盤桓園の混雑が予想されます。

耳をすませば聞こえてくるのは声明。眼前に広がる美しい景色の趣をいっそう深めてくれるでしょう。

宝泉院の住所、拝観時間、拝観料は?

宝泉院の格子戸から見る鶴亀庭園

住所: 京都府京都市左京区大原勝林院町187

電話番号:075-744-2409

拝観時間: 午前9時~午後5時

拝観料: 大人800円  抹茶、茶菓子付き

ライトアップ:2019年11月2日(土曜日)~12月1日(日曜日)

17:50~21:00(受付20:40終了)

拝観料:800円

宝泉院のアクセスは?

宝泉院の内庭

京都バス「大原」下車徒歩約15分

  1. 京都駅前から京都バス17系統(18系統) 「大原」下車。(約60分)
  2. 四条河原町から京都バス16, 17系統「大原」下車。
  3. 京阪三条から京都バス16, 17系統「大原」下車

宝泉院近くの立ち寄るべきスポットは?

大原三千院の律川沿いのお地蔵様
大原三千院の律川沿いのお地蔵様

紅葉の見頃の時期は、少し混雑するかもしれませんが、同じ京都の大原のすぐ近くにある大原三千院は外せないでしょう。

大原三千院には、わらべ地蔵が苔の絨毯に寝転がるかわいい様子や川沿いの小さなお地蔵様たちを見ているだけでも心が温まります。

また、大原三千院の有清園の紅葉の絨毯も見事です、

そして、ちょっと足のばして、紅葉の寂光院も、ぜひ訪れてみてください。

寂光院の本堂と落ち葉

京都大原の中でも、特に鮮やかな赤や黄の紅葉が見どころで、哀愁に満ちた風景がひろがります。

大原三千院に比べれば、混雑の度合いは少ないでしょう。

いずれも、訪れるべき紅葉の名所です。

紅葉の見頃の時期は、ほぼ同じですが、少しづつずれていますので、また異なる絶景の紅葉を見ることができます。

また、大原は、茅葺屋根の素朴な家や茶屋などもみられ、素朴な原風景の散策もいいでしょう。

周辺散策と合わせて、大原は漬け物が有名なので、お土産を買うのも忘れずに!

まとめ宝泉院2019の紅葉の見頃、混雑、ライトアップや見どころ!

 宝泉院の盤桓園 の紅葉の額縁庭園
宝泉院の盤桓園 の紅葉

紅葉の見頃の時期 は、例年11月中旬 で、2019年の予測は11月中旬から下旬です。

昼間は、特に額縁庭園前を中心に混雑しますので、午前9時の開館の時間がおすすめです。その他、夕刻もおすすめです。

2019年のライトアップは、11月2日(土曜日)~12月1日(日曜日)17:50~21:00です。。(受付20:40終了)。拝観料は800円となっています。

宝泉院の紅葉の見どころは、少し趣向の変わった宝楽園、伝統的な鶴亀庭園、そして立ち去りがたい庭、盤桓園の個性あふれる庭園でしょう。

宝泉院は、樹齢700年の五葉の松とともに、悠久の時間が作り上げてきた歴史を感じることができます。

おすすめの記事