東福寺の洗玉潤と紅葉

東福寺の紅葉の2018年の見頃の時期、ライトアップの可否、混雑状況及び見どころについて紹介します。また、2019年紅葉の見頃の予想ライトアップの可否混雑回避法について記述しました。ぜひ、2019年こそ東福寺の最大の見どころ「紅葉の雲海」を見にいきましょう!

2019年11月29日現在の東福寺の紅葉の見頃は?

東福寺の通天橋より臥雲橋を望む紅葉や洗玉澗の紅葉は、見頃が続いています。

紅葉の雲海は、真っ赤に燃えあがってきています。

京都屈指の紅葉の名所「東福寺」とは?

東福寺の通天閣から見た紅葉
東福寺の通天閣から見た紅葉

京都には、多くの紅葉の名所がありますが、その中でも京都屈指の紅葉の名所の一つが「東福寺」でしょう。

東福寺は、1236年に九条道家(くじょう・みちいえ)によって創建され、奈良の東大寺と光福寺から一文字ずつ取って「東福寺」と名づけられました。

東福寺が建てられたのは鎌倉時代に遡り、なんと着工から完成まで、19年を要したと言われています。

東福寺の紅葉の見頃の時期に、「通天橋(つうてんきょう)」「臥雲橋(がうんきょう)」と呼ばれる回廊から眺める紅葉はたいへん美しく、外すことのできない紅葉スポットです。

東福寺の紅葉の例年の見頃の時期や2019年の見頃予想は?

東福寺の渡り廊下の紅葉
東福寺の紅葉

東福寺は、本堂と開山堂を結ぶ通天橋の下を川が流れ、その川沿いに、イロハモミジやトウカエデなど、艶やかな紅葉を魅せる樹々が約2000本、美しい風景を創り出します。

それらの紅葉の見頃は、例年11月中旬~12月初旬の時期とされています。

広大な敷地なので、木々の色付きは少しずつ変わりますが、紅葉の見頃の時期だけではなく、東福寺の「散り紅葉」と言い、地面一面を紅葉の葉が埋め尽くす姿もすばらしい。

東福寺の「散り紅葉」の見頃は、12月上旬が目安となります。

2018年11月22日には、東福寺の紅葉は、ほぼ見頃の時期で、美しいもみじ模様を見ることができました。

天気情報サイトの気候予測から考えると、例年並みか少し遅めとのこと、2019年の 東福寺の紅葉の見頃の時期は、11月中旬~12月上旬まで長く楽しめると予想します。

東福寺の紅葉の混雑の時期や時間及び混雑回避法は?

東福寺の紅葉の景観

東福寺の紅葉シーズンは、年間参拝者の約半数40万人が訪れ混雑します。

東福寺は、京都駅からアクセスしやすいという点も、メリットです。 JR奈良線を利用すれば、「東福寺駅」から徒歩5分、また京阪本線を利用して「鳥羽街道駅」からは徒歩8分です。

アクセスが便利なこともあり、 東福寺の紅葉の見頃の時期には、拝観チケットを買うのに並ぶ必要があるでしょう。

東福寺は、11月中旬~11月下旬の時期が最も混雑します。

特に、東福寺の土曜日、日曜日の拝観の混雑はすごいことになります。

混雑を避けたい場合は、可能であれば平日訪れ、東福寺の開門午前8時半の30分~1時間程前に東福寺に着いておいたほうがいいでしょう。

または、 東福寺の閉門時間は午後4時半ですので、閉門の少し前の時間も意外と空いています。

また早朝に、 東福寺の臥雲橋から紅葉を眺めるのもおすすめです。

東福寺の紅葉のライトアップは?

真っ赤な紅葉の風景

ライトアップされるのは東福寺本体ではなく、東福寺塔頭・勝林寺と天得院の二か所になります。

場所 東福寺塔頭・勝林寺

期間 2019年11月16日(土)~12月1日(日)

時間 日没~19:30(受付は19:00で終了)

拝観料 600円/中高生300円/小学生以下無

東福寺の紅葉の2019年の見どころは?

紅葉の見頃の時期、京都の東福寺の紅葉の見どころは、臥雲橋(がうんきょう)通天橋(つうてんきょう)洗玉澗(せんぎょくかん)です。

東福寺の境内を流れる小川を、赤や黄色の葉が埋め尽くすのもまた風情があり、そこだけ時間が止まったかのような絵を見ている気分になるでしょう。

今回訪れた時には、紅葉の紅葉の見頃より少し早く、平日に訪れたこともあり、覚悟していた混雑を避けることができ、その魅力を堪能しました。

渡り廊下とは、本来建物と建物とを結ぶためのものですが、紅葉が見頃の時期には、ここからの眺めが特等席になります。

入り口にある回廊の「臥雲橋」から、紅葉に彩られた美しい渓谷「洗玉澗(せんぎょくかん)」、「洗玉澗」の渓谷越しに、「通天橋」を眺めるこができました。

ここから「通天橋」を眺めていると、まるで紅葉の雲海に通天橋が浮かんでいるような光景がありました。

一番高い場所にある回廊であるが「通天橋」の中央にある「張り出し舞台」から眺める紅葉もまた絶景です。

敷地内の「洗玉澗(せんぎょくかん)」を埋め尽くすように、赤や黄、橙と色とりどりに

紅葉の見頃の時期には、渓谷を染め上げ、京都の随一の絶景とも言える「紅葉の雲海」を見ることができました。

※「通天橋」「臥雲橋」で立ち止まっての撮影は、一部期間(2018年11月11日~30日)のみ禁止

臥雲橋」を通るだけなら無料「通天橋」「洗玉澗」へ拝観料が必要です。

また、12月上旬頃から見られる、散紅葉も見事です。

東福寺の紅葉の見頃の時期も樹々により異なり、散紅葉も美しく、、長く紅葉を楽しむことができます。

東福寺の紅葉以外の見どころ重森三玲が創るレトロモダンな本坊庭園

 東福寺の一松模様の本坊庭園の北庭
東福寺の本坊庭園の北庭

東福寺にはもみじの見所、通天橋と並んで、もう一つ名物があります。

それは近代日本を代表する作庭家・重森三玲(しげもりみれい)さんの作庭した、レトロモダンな本坊庭園です。

重森三玲さんの庭園は、日本古来の作庭方法に現代的な美しさを加え、「近代的」「モダンアート」などと評されます。

市松模様に引き込まれる 東福寺の「北庭」は、SNSで「フォトジェニック」と話題になっています。

日本で昔から伝えられてきた市松模様ですが、庭園に用いるのは例外的で斬新な試みでした。

最初は苔と石が互い違いに並び、徐々に不規則に並んでいき、最後には消えていくという構成になっています。

  東福寺本坊庭園の北庭
東福寺本坊庭園の北庭

これは釈迦の入滅を表す意図的な表現で、あえて配置を崩すことに深い意味があるようです。

東福寺の北庭は、緑の豊かな苔と、グレーの板石とのコントラストが鮮やかで、一瞬にしてレトロモダンの世界へと引き込まれます。

枯山水をモダンにアレンジした「南庭」は、東福寺の本坊庭園で最も大きな庭です。

東福寺のモダンな古山水の庭
東福寺の本坊庭園の南庭

立石と横石を組み合わせることで、従来の石組手法とは異なる形でのバランスを生み出しています。

東福寺の南庭は、「岩を縦に置く」という特徴があり、縦に置いた岩には仏様や神様が宿っているようで、より神秘的に見えます。

東福寺のモダンな南庭
東福寺の本坊庭園の南庭

一見すると伝統的な枯山水庭園のですが、ここにもモダンな抽象表現が採り入れられているのです。

東福寺の住所、拝観時間、拝観料、駐車場、アクセスは?

東福寺の通天閣の廊下からの紅葉

住所:   京都市東山区本町15丁目778

電話:   075-561-0087

拝観時間: 9:00~16:30(受付終了16:00)

※11月~12月初旬は8:30~、12月初旬~3月は16:00まで(受付終了15:30)

拝観料:  境内入場:無料

      通天橋・普門院庭園:大人400円(小中学生300円)

      東福寺方丈庭園:大人400円(小中学生300円)

駐車場:  紅葉の期間の10月20日~12月10日までは閉鎖

アクセス: JR奈良線「東福寺駅」下車徒歩約10分

東福寺の近くのおすすめの紅葉のスポットは?

泉涌寺の御座所庭園の紅葉
泉涌寺の御座所庭園の紅葉

泉涌寺

東福寺から泉涌寺まで、歩いて約10分です。

紅葉の見頃の時期に、皇室にゆかりのある泉涌寺を訪れるのも趣があります。

東福寺が混雑していても、泉涌寺は混雑が少なく、ゆっくり紅葉を混焼できます。

ここでは、特に泉涌寺の御座所庭園の紅葉は見事です。

紅葉の見頃になると、赤、黄、緑の美しいグラデーションを見ることができます。

紅葉観賞以外に、泉涌寺の秋の風物詩である献菊展、泉涌寺界隈の窯元もみじまつりも魅力的です。

雲龍院

雲龍院の色紙の窓
雲龍院の色紙の窓

雲龍院は、泉涌寺の別院で、泉涌寺のすぐ近くです。

SNS上でも話題の「色紙の窓」、「悟りの窓」、「迷いの窓」など、多彩な見どころがあります。

また、紅葉の見どころの時期には、夜間のライトアップもされます。

写経体験もできますよ!

まとめ:東福寺の紅葉の見頃、ライトアップ、混雑回避法、2019年の見どころは?

2018年11月に東福寺の紅葉の見頃時期に訪問し、撮影した見どころの写真を中心に紹介しています。

2019年の見頃の時期予想、ライトアップの可否、混雑回避法について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

多くの紅葉の見どころをもつ東福寺をぜひ楽しんでください!

おすすめの記事