足利フラワーパークの大藤のライトアップ

あしかがフラワーパークは春の大藤が見事ですが、あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」、冬に咲く大藤も見どころです。ここでは、あしかがフラワーパークのイルミネーションの開催期間、料金、見どころ、アクセスや駐車場情報を紹介します。

あしかがフラワーパークのイルミネーション「Flower Fantasy~光の花の庭~」とは?

あしかがフラワーパークの奇跡の大藤
あしかがフラワーパークの奇跡の大藤

アメリカのCNNが選んだ世界の夢の旅行先10カ所」に日本で唯一選ばれたあしかがフラワーパークです。

あしかがフラワーパークは、1968年に前身となる早川農園が開業し、1997年に現在の場所に移転するとともに「あしかがフラワーパーク」としてオープンしました。

あしかがフラワーパークは、東京ドーム2個分(約9.4万ヘクタール)にもなる広大な敷地です。

春から初秋にかけては、ボタンやチューリップ、あじさいなどの花々が彩りますが、特に樹齢150年以上と言われる大藤をはじめ350本以上の藤の花は圧巻の風景です。

また、花が少なくなる冬には東日本最大級のイルミネーションイベント光の花の庭~フラワーファンタジー2019~」を開催していて、「日本三大イルミネーション」に選ばれ、夜景観光コンベンション・ビューローが主管する全国の夜景鑑賞士が選ぶ「イルミネーションアワード」のイルミネーション部門において、4年連続1位に輝きました。

あしかがフラワーパークのイルミネーション
あしかがフラワーパークの公式サイトよリ引用

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、季節感に特化した自然の花などをイメージしたイルミネーションが特徴で、約500万球のイルミネーションが、冬の木々に電飾され、夜に美しい光の花があしかがフラワーパーク園内を彩ります。

あしかがフラワーパークで「ふじのはな物語」とともに2大イベントとして、毎年多くの人が訪れるイルミネーションイベントです。

特に名物でもある「奇蹟の大藤」を模したイルミネーションは、春のあの壮大な藤の花を思い出すような、あしかがフラワーパークならではのイルミネーションです。

あしかがフラワーパークは、開催期間が長めのため、期間中にイルミネーションのテーマが変わることも特徴です。

2018年4月1日には栃木県内では35年ぶりとなるJRの新駅「あしかがフラワーパーク駅(JR両毛線)が開業し、今まで以上に好アクセスになりました。

あしかがフラワーパークパークでは、植物を観察できる他、花を購入できる「花うりば」や、自家製の名物「ふじのはな物語」「藤まんじゅう」を販売するおみやげもの屋といった施設も充実しています。

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」の開催期間は?

あしかがフラワーパークのイルミネーションの風景
あしかがフラワーパーク の公式サイトより引用

さっぽろホワイトイルミネーションハウステンボス光の王国とともに日本三大イルミネーションのひとつとして知られるあしかがフラワーパークのイルミネーション「Flower Fantasy~光の花の庭2019~」が、11月2日〜2020年2月6日の期間に開催されています。

開催期間       2019年11月2日(土)~2020年2月6日(木)  休園日2019年12月31日(火)

点灯時間       16:30~21:00 (土日祝は21:30まで)

あしかがフラワーパークの2019年度のイルミネーションは、テーマを期間毎に3つにわけて演出が行われます。

Flower Fantasy~光の花の庭~2019-2020シーズン開催概要

開催期間中のイルミネーションテーマ

2019年11月2日~11月中旬のテーマ

「光と花のコラボレーション 〜光とアメジストセージの融合〜」

2019年11月下旬~12月下旬のテーマ

「フラワーパークのクリスマス 〜クリスマスファンタジー〜」

2020年1月1日~2月6日のテーマ

「ニューイヤーイルミネーション 〜光と冬咲きボタンの競演〜」

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」の料金は?

あしかがフラワーパークの光
あしかがフラワーパーク の公式サイトより引用

料金 1,000円(大人)、500円(小人)

*夜の部のみの料金です(昼夜入替制)

11月2日(土)~11月15日(金)までの期間は復興謝恩特別価格として、入園料が900円(大人)、450円(小人)になりました。

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」の見どころ1、フラワーキャッスル!

あしかがフラワーパーク のフラワーキャッスルのイルミネーション
あしかがフラワーパーク のフラワーキャッスルのイルミネーション

「フラワーキャッスル」は、あしかがフラワーパークが2017年から初めている新作イルミネーションです。

光のお城と打ち上げられた花火それを囲む光の花畑童話の世界に飛び込んだようなイルミネーションです。

周囲には本物の木々で囲まれ、幻想的な世界になっています。

実際にお城の中にも入ることができます。

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」の見どころ2、「奇蹟の大藤」!

 あしかがフラワーパーク の奇跡の大藤のイルミネーション
あしかがフラワーパーク の奇跡の大藤のイルミネーション

あしかがフラワーパークには、開園当初72㎡だった藤の花を1,000㎡にまで成長させた大藤があります。

あしかがフラワーパークの代名詞といっても過言ではない「奇蹟の大藤」が冬に咲いたような「奇蹟の大藤」をイメージしたイルミネーションは、一番人気です。

まるで春に咲く藤の花を見るかのように、咲き始めから~舞い散るまでのストーリーを表しています。

特に満開で咲いた時のように、藤が全体で輝く姿は壮観ですよ!

あしかがフラワーパークの藤のイルミネーションは、全部で4色黄藤には黄色の光白藤には白い光など、本物の花の色に合わせた演出を楽しめるイルミネーションです。

あしかがフラワーパークの「奇跡の大藤」のイルミネーションは、繊細で可憐な光を放つ、なんとも幻想的な雰囲気です。

春とはまた違う「奇跡の大藤」を楽しむことができます!

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」の見どころ3、「みんなの地球」とは?

 あしかがフラワーパーク のみんなの地球のイルミネーション
あしかがフラワーパーク のみんなの地球のイルミネーション

子供たちにおすすめなのが、あしかがフラワーパークの「みんなの地球号」のイルミネーションです。

池には“地球号”という船が浮かんでいて、その池を囲むように光の動物たちが現れます!

地球号と呼ぶ船に人や動物たちが乗り込んで地球から飛び立ちます。

水面は光を反射し、一層美しい光景を映し出していきます。

地球号には実際に乗船することもできます!

鳥をモチーフにした世界初のイルミネーション「未来への翔き」も必見です!

鳥の翼に使用されているのは、見る角度によって色味が変化する有機 EL パネルで、鳥が羽ばたくことで、幽玄の世界を見ることができます。

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」の見どころ4、「光の睡蓮」!

 あしかがフラワーパーク の光の睡蓮のイルミネーション
あしかがフラワーパーク の光の睡蓮のイルミネーション

2016年に初登場したイルミネーションで、あしかがフラワーパークの夏から秋に見ごろを迎える睡蓮が冬に光の水連として夜の池を彩ります。

可憐な 睡蓮 の花が、光のイルミネーションで見事に表現されています!

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」の見どころ5、「光のバラ園~ハピネスガーデン~」!

あしかがフラワーパーク の公式サイトより引用
あしかがフラワーパーク の公式サイトより引用

バラをイメージしたイルミネーションが、あしかがフラワーパークの冬の暗闇のガーデンを煌めくように覆い尽くしています。

あしかがフラワーパークのイルミネーションテーマ「光の花の庭」の世界を、全身で感じることができるスポットです!

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」のアクセス、駐車場は?

あしかがフラワーパークの大藤
あしかがフラワーパークの大藤

JR両毛線「あしかがフラワーパーク」駅

「あしかがフラワーパーク」駅は2018年4月から営業がスタートし、あしかがフラワーパークに徒歩3分で到着できます。

両毛線に乗り換えの必要がありますが、東京駅や上野駅からは「小山駅」まで乗り継ぐとスムーズに乗り換えできます。

車での移動

あしかがフラワーパークには、高速道路でのアプローチがおすすめです。

東京からは、太田桐生インターチェンジ足利インターチェンジで降車後約15~20分で到着です。

また東北自動車道からは、佐野藤岡インターチェンジで降車後、約20分です。

車:東北自動車道佐野藤岡ICから国道50号前橋・足利方面(18分)。

北関東自動車道太田桐生ICから国道122号経由→国道50号足利・小山方面(20分)。

北関東自動車道足利ICから国道293号経由→県道67号佐野方面(15分)

北関東自動車道佐野田沼ICから県道16号経由→県道67号足利方面(12分)

あしかがフラワーパークには無料で利用できる駐車場があります。

無料駐車場が園内に300台分、無料臨時駐車場が6,000台分あります。

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」の混雑は?

 あしかがフラワーパークの藤 のライトアップ
あしかがフラワーパークの藤 のライトアップ

年間通して100万人も訪れるという「あしかがフラワーパーク」、特に藤が咲き誇る季節やイルミネーションの季節は混雑します。

あしかがフラワーパークのイルミネーションが行われる時期は、2019年も混雑が予想され、最も混雑している時期は、クリスマス時期、そして土日祝になります。

イルミネーションが目的の観光客は多く、あしかがフラワーパークは夕方17:00頃が最も混雑するので、16:00までに園内に入り、夕刻からイルミネーションの光が点灯する景色を楽しんでください。

まとめ:あしかがフラワーパークのイルミネーション期間、料金、見どころは?

  あしかがフラワーパークのライトアップ
あしかがフラワーパークのライトアップ

さっぽろホワイトイルミネーション長崎ハウステンボスのイルミネーションと並び「日本三大イルミネーション」の一つ、「あしかがフラワーパーク」!

ここでは、あしかがフラワーパークのイルミネーションの開催期間、料金、見どころ、アクセスや駐車場情報を紹介しました。

春に見られる大藤のライトアップもすばらしいですが、冬にイルミーションで表現された大藤もまた壮大です。

白藤や黄藤の光の壁画や、イルミネーションの池の水面へのリフレクションなど、あちこちで心に残る風景を、あしかがフラワーパークのイルミネーションで見ることができます。

2019年、そして2020年、あしかがフラワーパーク駅も開設され、よりアクセスもしやすくなった「あしかがフラワーパーク」で、煌めくイルミネーションの光を堪能してください!

おすすめの記事