宮島の桜
宮島の桜

広島県廿日市市宮島町にある宮島!島内に海上に立つ「厳島神社」が有名です。ここでは、宮島・厳島神社の桜の見頃や2021年開花状況、花見スポットや見どころについてまとめました。

宮島・厳島神社の桜の花見スポットや見どころは?

宮島の多宝塔と桜

世界遺産にも登録されている嚴島神社と、その周辺に広がる約1900本もの桜を愛でながら、一時の平安気分を楽しむことができます。

宮島の桜

広い宮島内には山桜、ソメイヨシノ、しだれ桜、大島桜など多品種の桜があります。

多宝塔周辺

島内の厳島神社の出口にある宝物館の裏手にあるのが、1523年に建立されたと伝えられる重要文化財『多宝塔』です。

屋根つきの休憩所があり、多宝塔の目の前でお花見をすることができます。

小道を登り高い場所へ上がると見おろせる、小高い丘の上に建っている「多宝塔」は大変眺望が良いです。

厳島神社・瀬戸内海・行き交うフェリーなど宮島を代表するような景色を背景に、桜を楽しむことができます。

光明院前

光明院の前のスペースの誓真大徳碑周辺は、桜を見ながらゆっくりすることができます。

小高い丘になっていて、桜と五重の塔や海を見渡すことができます。

絢爛豪華な風情のある景色を楽しむことができます。

うぐいす歩道の谷ケ原

宮島の、うぐいす歩道は、フェリー乗り場をおり左手の長浜の入り口から、町並みの背後の林を抜け、紅葉谷のロープウェー駅までつながる自然散策路です。

散策路の途中には、桜の名所の谷ケ原があり、美しい景観を楽しむことができます。

旅館聚景荘

宮島の旅館聚景荘の横の公園には、桜の木があり、向かいに多宝塔を眺めながらのお花見ができます。

ベンチもありますよ!

大元公園

大元公園は、宮島水族館の裏手で、ベンチなども多いのでお花見をするのに便利です。

宮島・厳島神社の桜の見頃や2021年開花状況は?

宮島の桜
宮島の桜

宮島・厳島神社の桜の例年の見頃は、3月下旬~4月上旬です。

宮島・厳島神社の桜の例年の開花は、3月中旬です。

2021年の桜の見頃は、暖冬の影響もあり、早まることが予測されおり、3月下旬と予測しています。

なお、2021年の開花状況は、後程追記します。

まとめ:宮島・厳島神社の桜の見頃や2021年開花状況は?花見スポットや見どころは?

ここでは、宮島・厳島神社の桜の見頃や2021年開花状況、花見スポットや見どころについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事