角館のしだれ桜

秋田・角館の武家屋敷通りのしだれ桜桧木内川堤2kmの桜のトンネル、まさに圧巻の景色の連続です。ここでは、角館の桜の見どころや見頃や2021年開花状況、2021年の角館桜祭り、アクセスや駐車場について紹介します。

角館の桜の見どころ?武家屋敷通りの圧巻のしだれ桜!

角館のしだれ桜

秋田県仙北市角館(かくのだて)は、“みちのくの小京都”といわれている風情のある街並みで、東京から角館へのアクセスは、秋田新幹線で3時間ほどです。

また、角館の桜は、「みちのく三大桜」の一つであり「日本さくら名所100選」にも選ばれています。

角館の武家屋敷通りを歩いていると、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚に陥ります。

桜の季節になると、「武家屋敷通り」の見事なしだれ桜や「桧木内川堤(ひのきないがわつつみ)」の染井吉野(ソメイヨシノ)で彩られ、角館は桜色に染まります。

「武家屋敷通り」と「桧木内川堤」では、それぞれの趣きや桜の色も異なり、多様な景観を満喫することができます。

たっぷり春の雰囲気を楽しんだな~と実感します。

角館のしだれ桜

角館駅から、歩いて約15分~20分ほどに武家屋敷通りがあります。

武家屋敷通りには電信柱や電線はなく、まさに江戸時代のような街並みです。

角館の武家屋敷通りには、国の天然記念物に指定されている、なんとも情緒にあふれたしだれ桜があります。

江戸時代からの歴史ある武家の屋敷が点在する通り沿いに、樹齢300年以上の古木から若木まで約450本のしだれ桜が並び、そのうち162本が国の天然記念物に指定されています。

角館のしだれ桜

天然記念物のしだれ桜には、木に小さなプレートが付いて、確認することができます。

しだれ桜が福家屋敷通りの黒板塀をバックに降りそそぎ、あまりに印象的な光景です。

角館の武家屋敷通りのしだれ桜は、京都から持ち込まれてきたそうです。

藩政時代、角館の地を治めた佐竹北家角館所預の2代目、佐竹義明(よしはる)の妻が、京都から角館に嫁いでくるとき、嫁入り道具として3本のしだれ桜の苗木を持ち込んだのが由来だそうです。

この苗木が親木となり、子孫が受け継がれました。

角館南高等学校の通り沿いにも17本、田町武家屋敷通り沿いにも15本ほどあります。

また、人力車に乗って見る桜はまた格別で、藩政時代のような街並みをゆっくりと高い位置から見ることができます。

角館の人力車

人力車の乗車場所は、角館樺細工(かばざいく)伝承館の向かいになります。

武家屋敷「青柳家」の向かいにある生もろこしの店「唐土庵 武家屋敷店」は、生タイプの「もろこし」で人気の菓子店です。

「もろこし」とは、炒り小豆の粉(小豆粉)で作る秋田の伝統的な打ち菓子です。

しっとりとした食感の“生タイプ”に仕上げたもろこしが、「唐土庵」の生もろこしです。

桜の花びら型のお菓子が、もろこしの原料の小豆粉をしっとり、ほろり、やわらかな食感に焼き上げた「もろこしクッキー 桜ほろほろ」は大人気です。

角館の桜の見どころ?桧木内川堤の桜のトンネル!

桧木内川堤の桜並木

角館には、武家屋敷通りを経て歩いて10分ほどに、もう1つの桜の名所に桧木内川堤(ひのきないがわ)の桜並木があります。

桧木内川堤のソメイヨシノは、青森県の弘前公園岩手県の北上展勝地とともに“みちのく三大桜名所”になっています。

桧木内川の川沿いには全長2kmにわたって、ソメイヨシノの桜のトンネルが続いています。

桧木内川堤(ひのきないがわ)の桜のトンネル

足元には、黄色いスイセンの黄色が、春の彩りを添えています。

このソメイヨシノは、1934年に今上天皇のご誕生を記念して植えたもので、国の名勝に指定されています。

桧木内川の左岸の堤防約2kmには、見事に咲き誇るソメイヨシノ約400本のトンネルも、まさに絶景です。

また、横町橋や内川橋からの山を背景とした眺めも抜群で、桜の花びらが風に舞う、桜吹雪もまた格別です。

春の陽に照らされて、ゆっくり歩いて散歩を楽しんだり、輝く水面と新緑と桜の色のハーモニーを眺め、お弁当やお茶を味わうこともできます。

2021年の角館桜まつりは?

角館の桜まつり

桜の開花に合わせて、「武家屋敷通り」や「桧木内川堤」で「桜まつり」が開催されます。

期間中は毎年全国から約120万人の花見客が訪れます

桜まつりの開催期間、両場所では日没後から桜のライトアップも行われる予定なので、時間帯によって移り変わる桜の表情を楽しむことができます。

桜まつり期間中は、角館桜まつりのメイン会場などで、伝統のお囃子などを始めとしたイベントで盛り上がります。

最初に角館駅前にある「角館駅前蔵」に行って観光案内マップを入手し、マップを見ながら効率よく桜鑑賞や観光を楽しみましょう。

角館歴史案内人の方々は、角館の歴史について、エピソードを交えながら詳しい解説をしてくれます。

2021年 角館桜まつり

日程: 2021年4月20日(土)〜5月5日(日・祝)

ライトアップ:17時30分~22時30分

角館の桜の見頃や2021年の開花状況は?

桧木内川堤(ひのきないがわ)の桜並木
桧木内川堤(ひのきないがわ)の桜並木

角館の桜の開花は例年4月16日頃~5月5日で、見頃は4月20日頃~5月3日頃です。

角館の桜は、例年4月下旬から5月上旬にかけて見頃となっています。

角館の武家屋敷通りには、約400本のシダレザクラがあります。

2021年の角館の桜の見頃は、暖冬の影響もあり、例年より少し早まる可能性があります。

2021年の角館の桜の見頃は、4月中旬~下旬と予測されます。

2021年の桜の開花状況につきましては、逐次更新します。

角館の桜のアクセスや駐車場は?

桧木内川堤(ひのきないがわ)の桜並木

角館武家屋敷通り

住所: 秋田県仙北市角館町東勝楽丁表町

TEL: 0187-54-2700仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」

アクセス: 

JR田沢湖線「角館駅」から徒歩20分

秋田自動車道「大曲IC」から車約40分

東北自動車道「盛岡IC」から車約1時間20分

駐車場: 約1300台(1台500円)

まとめ:角館の桜の見頃や開花状況は?2021年桜まつりの見どころは?

ここでは、角館の桜の見どころや見頃や2021年開花状況、2021年角館桜祭り、アクセスや駐車場について紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、角館の春の絶海をお楽しみください!

おすすめの記事