静内二十軒蔵並木道路の桜
静内二十軒蔵並木道路の桜

2000本を超える桜が直線7キロに渡って続く、北海道の「静内二十間道路桜並木」!ここでは、静内の桜並木の見頃や開花状況、2021年の静内さくら祭りの開催、駐車場やアクセスについて紹介します。

静内二十間道路桜並木(北海道)とは?

静内二十軒道路桜並木の桜

エゾヤマザクラを中心に約2200本が咲き誇る、幅二十間(36m)・直線約7kmという日本屈指の桜の名所「静内二十間道路桜並木」

北海道の新ひだか町にあります。

かつて皇室で用いられる農産物等の生産していた御料牧場(ごりょうぼくじょう)があり、皇族が通る道(行啓道路)として整備され、、桜の木がたくさん植栽されて今の景色となったそうです。

今では、「さくら名所100選」「日本の道100選」「北海道遺産」「新・日本街路樹100景」に選ばれている、北海道随一の桜の名所です。

約7kmに渡って桜が咲き誇る様は、北海道の大地ならではの圧倒されるほど見事です。

新ひだか町のお隣には、約1000本のエゾヤマザクラ桜並木が約3km続く、もう一つの桜の名所、浦河町の桜のトンネル「優駿さくらロード(西舎桜並木)」があります。

国内有数の馬産地であり、約3,000頭のサラブレッドがまきばを駆けまわる“馬のまち”で、桜咲く新緑の中を、美しいサラブレッドの親子が駆け回る、北海道らしい光景を見ることが出来ます。

静内二十軒道路桜並木の桜

静内二十間道路桜並木には、エゾヤマザクラ、カスミザクラ、ミヤマザクラなど約2,200本の桜が咲いています。

静内二十軒道路桜並木の桜

1916(大正5)年から3年間の月日を費やして、近隣の山々からエゾヤマザクラなどを移植しました。

エゾヤマザクラが約7割、残りのほとんどがカスミザクラで、半数以上の桜が樹齢約80~100年以上の大木で、、壮大なスケールの桜が楽しめます。

エゾヤマザクラは北海道特有の桜で、本州でよく見られるソメイヨシノより、ピンクの色が濃いです。

静内二十間道路桜並木にはは、約300mの花のトンネルもあります。

日本一の桜並木をひと目見ようと全国各地から20万人もの観桜客が訪れます。

静内の桜の見頃や2021年の開花状況は?

静内二十軒道路桜並木の桜

静内二十間道路桜並木の例年の桜の開花は4月26日頃~5月12日頃で、見頃は4月29日頃~5月8日頃です。

静内二十間道路桜並木の一番の見頃は、5月上旬~中旬にかけてゴールデンウイーク頃になります。

もちろん、桜の見頃は、その年の気候条件により、左右されます。

2021年の静内二十間道路桜並木の桜の開花や見頃は、温かい気候もあり、早めることが予想されます。

2021年の静内の桜の見頃は、4月下旬~5月上旬と予測されます。

2021年の静内の桜の開花状況につきましては、後程追記します。

2021年しずない桜まつりの開催は?

静内の桜

「しずない桜まつり」は、5月上旬から中旬にかけ、さくら名所100選・北海道遺産などにも選ばれた二十間道路桜並木でが開催されます。

静内の桜と馬

「しずない桜まつり」期間中は、臨時バスが運行し、会場では琴が奏でられ、お土産広場のお店が並びます。

お好み焼き、おでん、バナナチョコ、桜せんべいや桜まんじゅう、つぶ、牛肉弁当、魅力的なフードを楽しむことができます。

また、明治時代に建てられた貴賓舎・龍雲閣の一般公開などが行われます。

龍雲閣とは、御料牧場を訪れる皇族をはじめ政府の偉い方々が宿舎として利用していた建物で、明治42(1909)年に建設されました。

当時皇族が使用されたという家具類や食器、馬具などが保管されています。

実際に天皇陛下(大正天皇・昭和天皇)も皇太子時代に訪れられています。

ただ、普段は内部は一般公開はされておらず、桜まつりの期間のみ限定で公開されます。

静内桜まつり期間中に、二十間道路桜並木はライトアップされますが、補助的な要素もあり明かりはそれほど強くありません。

桜まつり会場内は無料シャトルバスが運行しています。(花のトンネル ~ 一般車両駐車場 ~ 龍雲閣)

2019年の静内さくら祭りの日程は、2019年5月1日 ~ 2019年5月6日でした。

2020年は、新型コロナの影響により、静内桜祭りは中止となりました。

2021年の『第58回しずない桜まつり』は、2021年4月30日(金)から2021年5月5日(水)にかけて開催予定です!

静内二十間道路桜並木のアクセスや駐車場は?

静内二十軒道路桜並木の桜

バス

札幌から道南バス高速″ペガサス号”に乗車し、静内バスターミナルで下車します。

道南バス「農屋」行き乗車し、「桜丘小学校」下車後、徒歩15分で到着です

札幌から道央道で、苫小牧東ICから日高自動車道に入ります。

日高自動車道日高厚賀ICから国道235号を経由し、道道71号を新ひだか町方面へ車で26kmです。

札幌から静内二十間道路桜並木まで、約2時間30分です。

しずない桜まつり開催期間中に臨時の駐車場(約300台)が設けられます。

また、静内農業高校から家畜改良センター新冠牧場に向って右側路側帯が、駐車スペースとなっています(約650台)。

桜まつり期間中は、桜並木通りが通行止めになります。

まとめ:静内の桜の見頃や開花状況?2021年桜祭りや駐車場やアクセスは?

ここでは、静内の桜並木の見頃や開花状況、2021年の静内さくら祭りの開催、駐車場やアクセスについて紹介します。

ぜひ参考にしていただき、静内二十間道路桜並木の雄大な景色をお楽しみください!

おすすめの記事