須磨離宮公園のバラの開花状況は?2021年春のバラ観賞会は?
須磨離宮公園のバラ

神戸市立須磨離宮公園では、幾何学的な洋風庭園に約180種4000株のバラが咲き誇る様は、一般の植物園とは雰囲気が異なり壮大です。ここでは、須磨離宮公園のバラの2021年の開花状況や見頃、2021年の春のバラ観賞会、アクセスや駐車場についてまとめました。

須磨離宮公園のバラ満載の貴族の庭園とは?

須磨離宮公園のバラ
須磨離宮公園のバラ

須磨離宮公園は、かつて天皇陛下の別荘「武庫離宮」で、今上天皇のご成婚事業として整備され、「神戸市立須磨離宮公園」として、昭和42年に開園しました。

須磨離宮公園

高台から神戸の街と海を見わたす自然あふれる都市公園で、昔から高級別荘地として愛されてきた風光明媚な須磨の地にあります。

庭園は新宿御苑、栗林公園北庭、日比谷公園 西洋花壇などの設計された福羽逸人さんによるものです。

須磨離宮のバラ園は王侯貴族のバラ園と呼ばれるように、左右対称幾何学式の本格的な洋風庭園で、中央には水量豊かな噴水が列状に設置されています。

須磨離宮公園のバラ

須磨離宮公園のバラ園は、5月から6月にかけて約180種4000株のバラが咲き誇り、関西屈指のバラの名所です。

欧風噴水庭園にある世界各国の王妃や芸術家などの名前を冠したバラを集めた「王侯貴族のバラ園」があります。

「王侯貴族のバラ園」には、国内外の王族・貴族の名前がついた品種が集められていて、「バラの歴史と文化園」では、バラの品種改良について簡単に解説し、原種、オールドローズ、モダンローズと呼ばれるバラを展示しています。

須磨離宮公園のバラ

また、花の形や香り、性質などで優れたバラを選ぶ「世界バラ会議」では、殿堂入りした品種を集めた一角を設けています。

そして、和庭園や温室のある植物園ゾーンの北側には「花の庭園」があり、プライベートガーデン風の庭園に、季節の花々と調和するようにバラが植えられています。

須磨離宮公園のバラ

柵が無く、花に近づいて香りを楽しむことができるのも、離宮公園のバラ園の特長で、身近にバラを楽しむことができます。

須磨離宮公園開園50周年を記念した、須磨離宮公園オリジナルローズは「茜離宮(あかねりきゅう)」と名付けられ、モダンローズで、花色は燃えるような朱オレンジ色が特徴です。

夕日の色、秋にデビューするイメージの「茜」色と、響きの好きな「離宮」が由来で、須磨の夕日のように美しいバラに!との思いが込められているそうです。

茜離宮(オリジナルローズ)の他に、プリンセス・ミチコ、リトル・アーチスト、マザーズ・デイ、イングリッド・バーグマン、ブルー・バユー、クイーン・オブ・スウェーデン等のバラの種類があります。

須磨離宮公園のバラ

また花菖蒲園もあり、6月には、約60種4000株のハナショウブも見ごろとなります。

須磨離宮公園内には各種の花木園のほか、フィールドアスレチックの「子供の森」、レストハウス、東側の植物園ゾーンには観賞温室や花の庭園、和室・和庭園などがあり、家族で一日過ごせる楽しい公園です。

期間中には、毎週日曜に職員がバラ園を案内する「王侯貴族のバラガイド」をはじめ、春のバラ育て方教室などのイベントが催されます。一斉に咲き誇るバラが、甘く濃厚な芳香を放ち、優雅なひとときを過ごせます。

須磨離宮公園の春のバラ観賞会2021の開催は?

須磨離宮公園のバラ

神戸市立須磨離宮公園内にある「王侯貴族のバラ園」で、約180種4000株のバラが見頃を迎える中、「春のバラ観賞会」が開催されます。

期間中には、毎週日曜に職員がバラ園を案内する「王侯貴族のバラガイド」をはじめ、春のバラ育て方教室などのイベントが催されます。

開催日時: 2021年5月8日~2021年5月30日

開園時間: 9:00~18:00(入園は閉園30分前まで)

※休園日は毎週木曜、臨時開園/5月13日、20日、27日。臨時休園/4月25日~5月11日

入園料: 15歳以上(中学生は除く)400円、中小生200円 ※5月15日は無料開園(駐車場は有料)

須磨離宮公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言を受けて2021年4月25日(日)から5月11日(火)まで、臨時休園となりました。

5月12日以降の開催については、判明次第更新します。

須磨離宮公園のバラの2021年の見頃や開花状況は?

須磨離宮公園のバラ

須磨離宮公園には、約180種4,000株 のバラが植えられています。

須磨離宮公園のバラの例年の見頃や開花状況は以下の通りです。

バラの春の見頃 : 5月上旬~6月下旬

バラの秋の見頃 : 10月中旬~11月下旬

2019年の春バラは、5月上旬に咲き始め、5月中旬に見頃をむかえていました。

バラは見頃になってから1~2週間、バラのきれいな景観を楽しむことができます。

バラの開花はその年の気候により変わりますが、須磨離宮公園のバラの2021年の見頃や開花状況は、少し早まるかもしれません。

残念ながら、2021年4月25日(日)から5月11日(火)まで臨時休園となっていますので、ぜひ5月中旬には休園が解除されて、すばらしいバラの見頃の景観を見学したいですね!

須磨離宮公園のバラの入園料やアクセスや駐車場は?

須磨離宮公園のバラ

住所: 〒654-0018 神戸市須磨区東須磨1-1

電話:  078-732-6688

入園料: 15歳以上(中学生を除く)400円 小中学生200円

定休日: 木曜日 ※祝日の場合は翌日(臨時開園あり)

開園時間: 9:00~17:00(入園は〜16:30まで)

アクセス: 山陽電車「月見山」駅下車、バラの小径徒歩約10分です。

駐車料(一回): 

須磨離宮公園駐車場: 272台(うち身障者用5台)

須磨離宮公園 植物園駐車場(予約制): 22台(うち身障者用5台)

乗用車500円 二輪車100円 バス2000円

まとめ:須磨離宮公園のバラの開花状況は?2021年春のバラ観賞会は?

ここでは、須磨離宮公園のバラの2021年の開花状況や見頃、2021年の春のバラ観賞会、アクセスや駐車場についてまとめました。

日本とは思えない壮大なスケールの貴族の庭園の景観をぜひお楽しみください!

おすすめの記事