琵琶湖バレイの水仙
琵琶湖バレイの水仙

蓬莱山のスキー場でもある琵琶湖バレイは、春から初夏にかけて、水仙の見事な黄色い絨毯で埋まります。ここでは、琵琶湖バレイの水仙の2021年開花状況や見頃、ロープウェイやジップライン、アクセスや駐車場について紹介します。

スキー場が黄色く染まる、琵琶湖バレイの水仙の光景とは?

琵琶湖バレイの水仙

滋賀県大津市木戸の山の麓からロープウェイで登ると、眼下に琵琶湖が広がるアクティビティリゾートが「びわ湖バレイ」があります。

琵琶湖の西岸にある蓬莱山に造られ、冬の間はスキー場として運営されているびわ湖バレイでは、水仙が見頃の時期になると、比良山系の山肌が黄色く染まります。

琵琶湖バレイの水仙
琵琶湖バレイの水仙

オフシーズンのゲレンデを彩ろうと、1999年に整備され、関西最大級の水仙球根30万個が植えられ、毎年4万個を植え替えています。

標高1,174mの蓬莱山のふもとの斜面に、約30万球のスイセンが開花し、スキー場の斜面が一面黄色に染まります。

傾斜が25度ほどある斜面の下から見上げると、青空と黄色のコントラストが見事です。

琵琶湖バレイには、大輪の水仙、ガーデンジャイアントが多いですが、その他にファルコネット・マリーク・マウントフット・タヒチなどの黄色系の水仙が咲いています。

琵琶湖バレイの水仙

琵琶湖バレイのスペースは広大で、2008年に完成した、120人乗りのゴンドラに乗って山頂まで登ります。

2021年は、新型コロナウイルスの感染対策で、ープウェイの定員を本来の定員約12人0から70~80人に減らして運行しています。

琵琶湖バレイのロープウェイ

琵琶湖バレイは山の上にあるために、雨や霧により景色が霞むこともありますが、晴れたときには琵琶湖も一望できる、絶好のロケーションです。

琵琶湖バレイからの琵琶湖

一面黄色の世界の水仙の丘をゆっくりと琵琶湖を眺め柄ら散策すると、気分が高揚し、リラックスできます。

琵琶湖バレイでは、最長コースがなんと169mのジップラインもあり、琵琶湖の絶景を眼下に、スリルを味わうこともできますよ!

その他、ハンドメイドの遊具やスポーツが楽しめる広場など、一日ゆっくり楽しめる施設満載で、湖を一望できるカフェと展望台がセットになった「びわ湖テラス」もあります。

琵琶湖バレイの水仙の2021年開花状況や見頃は?

琵琶湖バレイの水仙
琵琶湖バレイの水仙

琵琶湖バレイの水仙の例年の開花状況や見頃は、5月上旬~5月中旬です。

琵琶湖バレイの水仙の2021年開花状況や見頃は、積雪が少なく温暖な気候の影響もあり、1週間ほど早く4月下旬に開花しました。

2021年5月3日現在、琵琶湖バレイの水仙は満開となっていて、5月10日頃までたのしめそうです。

琵琶湖バレイのアクセスは?

琵琶湖バレイの水仙

住所: 滋賀県大津市木戸

電話: 077-592-1155

営業時間: 4月上旬~11月下旬 9:30~17:00 ※土日祝・夏休み期間中は変更あり、要問合せです。

ロープウェイ料金: 大人 1,800円  小学生 900円 幼児 400円

アクセス:

JR志賀駅からバスで10分で、山麓駅からロープウェイで4分です。

駐車場:

駐車料金は1日500円です。

まとめ:琵琶湖バレイの水仙の2021年開花状況や見頃は?アクセスは?

ここでは、琵琶湖バレイの水仙の2021年開花状況や見頃、ロープウェイ料金やアクセスや駐車場について紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、琵琶湖と水仙の絨毯のコラボレーションを堪能してみてください!

おすすめの記事