服部農園あじさい屋敷の2021年の見頃や開園期間は?入園料やアクセスや駐車場は?
服部農園あじさい屋敷

関東屈指のあじさいの名所、千葉県茂原市の服部農園(あじさい屋敷)は、見頃になると、カラフルなあじさいの大パノラマが広がります。ここでは、服部農園あじさい屋敷の2021年の見頃や開園期間、入園料やアクセスや駐車場について紹介します。

あじさいの大パノラマが広がる服部農園あじさい屋敷とは?

服部農園あじさい屋敷

千葉県茂原市にある服部農園(あじさい屋敷)は、あじさいの絶景スポットで、広い敷地のどの地点からも綺麗に咲き乱れるあじさいを一望できます。

服部農園あじさい屋敷

関東地方の中でも、屈指のスケールのあじさい畑です。

服部農園では、色彩豊かなあじさいが繰り広げるパノラマはまさしく圧巻で、総面積1万坪の屋敷に、300品種、10,000株以上のあじさいが、畑一面から山の頂上まで斜面を覆いつくします。

服部農園は、他に見ることの出来ない独創的なあじさい園を目指して、平成4年度より植栽に着手したそうです。

あじさいの苗の増殖と品種の収集にたいへんな努力を要し、色とりどりのあじさいの花で埋め尽くされた、夢の空間を創り出したのです。

服部農園の敷地内には複数の散策路があり、散策路では人の頭ほどもある大輪の花や、花びらの鮮やかな色彩を間近で楽しむことができ、あさじいの花に包まれるような感覚に陥ります。

服部農園あじさい屋敷
服部農園あじさい屋敷

下から見上げたり、山の中腹から見下ろしたりと、様々な角度で一望できます。

「手まり咲き」と呼ばれるドーム型に咲くものや、「ひなまつり」や「サニーデイズ」、バラのように咲く八重のあじさいや、つぼみのような花序を縁取る「額咲き」などがあります。

服部農園あじさい屋敷

紫、青、白、ピンク、濃いピンク、2色のグラデーションなど色とりどり、形も様々なあじさいの絶景を楽しむことができます。

服部農園あじさい屋敷

梅雨時の雨に濡れて光るあじさいは、情緒があります。

東京都の中心部から1時間半~2時間半ほどでアクセスできるので、日帰りで楽しむこともできます。

山の上に登って振り返れば、お屋敷とあじさい畑の絶景が広がり、遠くには豊かな森や田園風景も望めます。

あじさい鑑賞の他に、出入り口になっている長屋門風の建物で、お土産を購入することもできます。

千葉県の特産物や果物などが所狭しとならんでいて、あじさいを模したカラフルでかわいい金平糖や大玉のスイカなどが人気です。

服部農園あじさい屋敷の2021年の見頃や開園期間や入園料は?

服部農園あじさい屋敷

服部農園あじさい屋敷の例年のあじさいの見頃は、例年6月上旬~7月上旬です。

あじさいの見頃の時期に合わせて、服部農園あじさい屋敷が開園されます。

多くのあじさいの種類があるので、次々に開花し、1カ月見頃を迎えますが、ピークとなるのは6月中旬~下旬でしょう。

服部農園あじさい屋敷

服部農園のあじさいの見頃は、その年の気候状況により前後します。

服部農園あじさい屋敷の2021年の見頃や開花状況につきましては、後日更新いたします。

服部農園あじさい屋敷の2021年の開園期間の予定や入園料は例年通りで、以下の通りです。

開園期間: 2021年6月1日~7月上旬

開園時間: 8:00 ~ 18;00

入園料:  大人(中学生以上)500円 (10名様以上の団体大人400円)   子供(小学生)200円

休園日: 開園期間中は無休

服部農園あじさい屋敷のアクセスや駐車場は? 

服部農園あじさい屋敷

アクセス

「服部農園あじさい屋敷」への最寄り駅は、外房線の「茂原駅」で、東京駅から約1時間~1時間半ほどでアクセスできます。

「服部農園あじさい屋敷」は、JR茂原駅から約4kmです。

タクシーの場合は、茂原駅から約10分です。

バスの場合(※土曜日・日曜日・祝日は運休)は、バス停「茂原駅南口前」にて、茂原市民バス「モバス」の南部「鶴枝」コースに約25分乗車し、「三ヶ谷神社バス停」下車後、徒歩3分です。

料金は、200円です。

車の場合は、圏央道茂原長南ICで降り、国道409号を茂原方面へ約8km進み、八千代三丁目の交差点を右折し、約4km直進し、三ヶ谷交差点約800m先右側にあります。

駐車場

収容台数: 120台

まとめ:服部農園あじさい屋敷の2021年の見頃や開園期間は?入園料やアクセスや駐車場は?

ここでは、服部農園あじさい屋敷の2021年の見頃や開園期間、入園料やアクセスや駐車場について紹介します。

東京からもアクセスがしやくすい、千葉の紫陽花の名所をぜひ訪れてみてください。

圧巻のあさじいの絶景に驚くでしょう!

おすすめの記事