成就院のあじさい
成就院のあじさい

鎌倉の「成就院」は、あじさいに包まれた参道から、あじさい越しに由比ガ浜の海を臨む絶景を眺めることができました。ここでは、成就院のあじさいの2021年の見頃や開花、あじさい参道の写真や現在の状況について紹介します。

成就院のあじさい参道の絶景とは?南三陸に紫陽花を寄贈?

成就院のあじさい

鎌倉の「成就院」は、江ノ電「極楽寺」駅から徒歩3分ほどにあり、真言宗大覚寺派の寺院で山号は「普明山」で寺号は「法立寺」です。

平安時代に弘法大師・空海がこの地で百日間に渡り修行を行ったとされる地で、承久元年(1219)に鎌倉幕府の三代執権・北条泰時が創建しました。

その後、新田義貞による鎌倉攻めの際、焼失してしまいましたが、江戸時代に再建されています。

煩悩の数と同じ108の階段を上った山頂からは、由比ヶ浜の海が一望できます。

成就院から由比ガ浜の海

恋愛成就でも鎌倉を代表する強力なパワースポットとして恋愛成就のお寺としても有名です。

以前は、成就院参道は「あじさい参道」と呼ばれ、東結界側の参道に般若心経の文字数と同じ262株の紫陽花が植えられ、あじさい越しに由比ケ浜の海を眺めることができました。

生け花は心のお花を開くことが真髄であり、参られた方が清々とし心でお帰りになれることを目的として、由比ガ浜を望む参道のあじさいは、植えられたそうです。

由比ヶ浜を背景にあじさいをたのしめる絶景スポットとして、6月になると大勢のあじさい鑑賞の観光客でにぎわっていました。

成就院のあじさい

2015年から続いていた参道工事の際、東日本大震災の被害に遭った宮城県南三陸町に、参道のあじさいを寄贈しています。

もともと、成就院の紫陽花は、新田義貞による鎌倉攻めで亡くなった人々の霊を弔う意味もあったそうです。

2019年時点で参道工事は完了しましたが、以前のようなあじさいの絶景は見れなくなり、成就院参道には今後は「あじさい」ではなく「萩」が植えられています

以前の成就院の紫陽花は、このように覆いかぶさるくらいの紫陽花と海が同時に見えるスポットだったのですね!

「萩」、宮城県の県花でもあります。

2019年に訪れた際には、以前ほどの株数はありませんが、100株ほど残されたあさじさいの花が、見事に咲いていて、参道の階段上から見る由比ガ浜の絶景は今も変わらず美しかったです。

成就院のあじさい

以前の様な一面あじさいの絶景風景でありませんが、残ったあじさいは見頃になると、由比ヶ浜を背景に美しい姿を確認することができます。

成就院のあじさい

東側参道の入口前にも紫陽花が咲いていました。 

成就院のあじさい

この位置からは、もう由比ガ浜は見えず、道路側には青、白、ピンクのあじさいが咲き誇っています。

成就院のあじさい

由比ヶ浜を見下ろすあじさいの絶景は、過去の思いでと共に残っています。

成就院のあじさいの2021年の見頃や開花は?

成就院のあじさい

成就院のあじさいの例年の見頃や開花は、6月上旬~下旬でした。

上述したように、もはや由比ヶ浜を見下ろすあじさい参道が、無数のあじさいに包まれる絶景は見ることはできませんが、2019年の段階では、108段の階段を登った山側でもあじさいを見る事はできました。

成就院のあじさいの2021年の見頃や開花は、温暖な気候の影響もあり、6月上旬~中旬と思われますが、新型コロナの影響もありますので、残されたあじさいの株も摘み取られる可能性もあります。

2021年の成就院のあじさいの状況につきましては、分かり次第更新していきます。

鎌倉の成就院の基本情報は?

成就院のあじさい

成就院

住所:  〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺1丁目1-5

拝観時間:  8:00~17:00

電話番号:  0467-22-3401

拝観料金:  拝観料志納

アクセス:

江ノ電「極楽寺駅」より徒歩3分

駐車場: 無し

まとめ:成就院(鎌倉)のあじさいの2021年の見頃や開花は?紫陽花参道の写真や現在の様子は?

ここでは、成就院のあじさいの2021年の見頃や開花、あじさい参道の写真や現在の状況について紹介しました。

成就院のまぼろしのあじさい参道の絶景の面影を探しに、出かけてみませんか?

おすすめの記事