ローズガーデンのバラ
ローズガーデンのバラ

茨城県石岡市の茨城県フラワーパークは、2021年4月に「いばらきフラワーパーク」としてリニューアルされ、よりパワーアップしました。ここでは、バラに焦点をあてて、茨城県フラワーパーク(いばらきフラワーパーク)のバラの見頃や2021年開花状況やばらまつり、リニューアル後の内容、アクセスや駐車場について紹介します。

茨城県フラワーパーク(いばらきフラワーパーク)がリニューアルオープン!バラ園もパワーアップ?

ローズガーデンのバラ

2021年4月29日に、茨城県石岡市八郷エリアにある「茨城県フラワーパーク」が約1年ほどかけての一大リニューアルで、「いばらきフラワーパーク」として生まれ変わりました。

「茨城県フラワーパーク」は、東京ドームの広さ6.4個分に相当する敷地、約30ヘクタールの広さがある花と緑の楽園です!

今回のリニューアルには、「青山フラワーマーケット」と空間デザインブランド「パーカーズ」が参画しました。

「見る」から「感じる」フラワーパークがコンセプトで、「Feel」や「100の体感」をキーワードに、五感を使って花や緑、自然を感じるテーマパークへ変身し、1年を通して花や里山の自然を楽しめるアクティビティを体験することができるそうです。

茨城フラワーパーク園内に新たに誕生するバラ農家の温室をイメージしたレストランでは、緑に囲まれながら茨城県産食材をふんだんに使用した食事が提供されます。

茨城県内で採掘された石を積み上げたエントランスも印象的で、筑波山麓に残る日本の原風景を感じられる茅葺きの意匠を取り入れたインフォメーションも注目です。

広大な花と緑の公園「いばらきフラワーパーク」ですが、その中でも注目は、茨城県の県花「バラ」でしょう。

茨城県フラワーパークでは、例年、そのバラが咲く春と秋にバラまつりで盛り上がります。

茨城フラワーパークは、900種・30,000株というバラを鑑賞できるテーマパークとしては東日本最大級です。

オールドローズ園・品種園・香りのバラ園・殿堂入りバラ園・マイローズ・プチフールなど、バラをカテゴリーごとに分けて展示されています。

薔薇の歩みを年代別に楽しめる「マイローズ」やフランスで育種されたバラだけを集めたエリア「プチフール」など、興味深い区分けがされています。

赤や白やピンクや黄色、バラの色彩のグラデーションが見事です!

今回のリニューアルに伴い、バラの品種も100種増されたそうです。

元々国内屈指の規模感であったローズガーデンでは、世界初披露となる新品種のバラ17種や無農薬で育成したバラなどを展示しています。

“季節の花の川”を楽しめる「バラテラス」や、香りごとにバラを楽しめる「アロマローズエリア」、360度バラに囲まれる「ローズトンネル」などのエリアを展開します。

また、園内では「100の体感」と題して、 季節問わず一年中五感を使って園を楽しんでいただける様々なプログラムが用意されます。

特にバラは、その見た目の美しさだけではなく、バラの甘い香りに癒されますよね!

園内や近隣の旬の花や植物を使った季節の蒸留体験やボタニカルポストカードづくり、 ガーデナーによるローズガーデンツアーなども実施されるのです。

「ローズクリエイター木村さんとめぐるガーデンツアー」は既に大人気で、週末は満席になることも多いです。

満開のバラの中で、園の育成監修に携わるローズクリエイター木村卓功さんが、個性豊かなバラの楽しみ方をレクチャーする贅沢なツアーです。

以前から春と秋のバラの季節には「バラまつり」が開催され、バラ園は多くの人で賑わっておりましたが、さらに注目度が高まるでしょう。

もちろんバラの花だけではなく、さまざまな花や植物を鑑賞することができ、園内に入ると、バラ園、バラテラス、ダリア園がフラワードームへと続いていきます。

春のバラの時期には、ビオラ、パンジー、マリーゴールドシャクナゲ、ボタン、ツツジ、ザイフリボク、サツキ、ベコニア、ダリアなども楽しめます。

さらに、隣接する「石岡市ふれあいの森」も合わせて「花やさと山」の愛称で同時にリニューアルされ、森の頂上に展望デッキを備えたロッジとグランピングサイトを整備する予定です。

ゆっくり都会の喧騒を離れて、宿泊しながら、リラックした時間が過ごすことができそうですね。

なお、今回のリニューアルプロジェクトに伴い、園内には花と緑に囲まれて地元の有機野菜や特産品を味わえるレストランもオープンし、フラワーパークらしい食べられる花を使ったメニューも楽しめるそうです。

地元の有名なパン屋と作るメニューを楽しめるカフェも魅力です。

広い園内には周遊車に乗って花を見たり、アトラクションやすべり台などのアスレチックで遊ぶことができるので、家族でのんびりお出かけする場所にも最適です。

茨城県フラワーパーク(いばらきフラワーパーク)のバラの2021年の見頃や開花状況は?バラまつりは?

ローズガーデンのバラ

茨城フラワーパークのバラの例年の見頃や開花状況は、以下の通りです。

春のバラは5月中旬~6月中旬です。

秋のバラは9月下旬~11月上旬です。

もちろん、茨城県フラワーパークのバラの見頃は、その年の気候状況により前後します。

茨城フラワーパークのバラの2021年の見頃や開花状況は、温暖な気候の影響もあり、例年より早めです。

2021年5月15日現在、茨城県フラワーパークのバラは見頃です。

茨城県フラワーパークでは、例年春と夏のバラの見頃の時期には、「バラまつり」が開催されていました。

バラまつり期間中には、さまざまなイベントも開催され、園内売店では、バラの香りが鼻に抜けるバラのジェラートやソフトクリームをはじめ、 バラ石鹸にバラのジャム、バラ羊羹なども販売されていました。

2020年の春のバラまつりは新型コロナウイルスの影響により中止で、リニューアル工事により秋のバラまつりも開催されていませんでした。

2021年の春のバラ見頃の時期、特にバラまつりの発表はありませんが、リニューアルされた園内で様々なイベントも開催されています。

茨城県フラワーパーク(いばらきフラワーパーク)のアクセスや駐車場は?

ローズガーデンのバラ

いばらきフラワーパーク

所在地:  茨城県石岡市下青柳200番地

TEL: 0299-42-4111

テレフォンサービス: 0299-42-4187

営業時間 : 3月~11月/9:00~17:00 12月~2月/9:00~16:0

休園日: 火曜日 12月28日~1月2日

アクセス

電車・バスでのアクセス

JR石岡駅からバスで30分です。

車でのアクセス

東京方面から常磐道土浦北ICから車で15分です。

水戸方面から、常磐道石岡小美玉スマートICから車で20分です。

栃木方面から、北関東道笠間西ICから車で25分です。

駐車場

通常の駐車場は900台用意されています。

例年はバラまつり期間中の週末は、臨時駐車場が開設されていました。

まとめ:茨城県フラワーパークのバラの見頃や2021年開花状況?アクセスや駐車場は?

ここでは、バラに焦点をあてて、茨城県フラワーパーク(いばらきフラワーパーク)のバラの見頃や2021年開花状況やばらまつり、リニューアル後の内容、アクセスや駐車場について紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、リニューアルされて、より魅力満載のいばらきフラワーパークで、ゆっくり癒されてみてください!

おすすめの記事