開成町のあじさい
開成町のあじさい

神奈川県足柄上郡「開成町」では、梅雨時期になると、多彩なあじさいが咲き誇り、のどかな田園風景と見事なコラボレーションが見られます。ここでは、開成町のあじさいの2021年開花状況や見頃、2021年の開成町あじさいまつりの開催可否、アクセスや駐車場について紹介します。

日本一のどかなあじさいの名所?あじさいと水田のコラボレーション?

水田とあじさい

神奈川県で一番面積が小さい町、神奈川県足柄上郡「開成町」では、多くのボランティアやあじさいの里親たちが愛情いっぱいに育てた約5,000株のあじさいが、広大な水田地帯に満開に咲き誇ります。

1983年(昭和58年)に、他の地域にはない「田園」と「あじさい」という希少な風景を作るために、農道や水路沿いに紫陽花が植樹されました。

東京ドーム約3.6個分の約17ヘクタールほどのスケールで、水田や農道・水路などに咲き、鮮やかなあじさいと田園風景とのコラボレーションが、とても情緒ある光景をうみだします。

開成町のあじさい

開成町の人たちは紫陽花を心から愛していて、地元オリジナルのあじさい「開成ブルー」も誕生しました。

6月に入ると、じめじめとした梅雨の時期に入りますが、開成町では、そんな時期だからこそ楽しむことができる、日本らしい風情が味わうことができます。

開成町のあじさい

開成町は、日本で一番のどかな、あじさいの名所と言われます。

田んぼのあぜ道に沿って、ピンク、赤紫、紫、青や白など、様々な色のあじさいが咲き誇り、眺めていると心が落ち着きます。

水田とあじさい

開成町では、澄みわたる青空と流れる雲、見渡す限りの田園風景に、遠方の山々や新緑など、雄大な足柄の自然が一体となっています。

色彩豊かなあじさいと、日本街並みを代表するような、懐かしい開成町の景観が、多くの訪れる人々を癒します。

散策する道は比較的整備されていますが、やはり田んぼ沿いのあぜ道を歩くので、汚れても良く、歩きやすい靴や通気性のある服で散策してください。

田植えをしたばかりの緑に染まった田園風景に、虹色に咲き誇るあじさいが溶け込みます。

広い範囲にあじさいが咲いているので、色々な場所にあじさいの里イラストマップも立てられていて、開成町の方々の親切な配慮に感動します。

上島農村公園周辺には、紫陽花だけではなく花菖蒲も咲いていました。

7月には紫陽花の剪定も行われて、来年への準備が始まります。

水神の塔は、酒匂川と足柄の地域を守った先人たちに感謝をこめて行われた「酒匂川水神まつり」のモニュメントです。

宝永四年(1706)に富士宝永山が爆発し、その降灰の影響で酒匂川が氾濫を繰り返し、足柄地域の人々は数十年に渡り飢餓に苦しめられたそうです。

また開成町では、あじさい以外にも、「あしがり郷瀬戸屋敷」という江戸時代からの日本家屋が見学できます。

「あしがり郷瀬戸屋敷」は約300年前に建築され、開成町指定重要文化財にも指定されている名主瀬戸家のお屋敷で、茅葺屋根が歴史を感じさせる情緒ある古民家です。

開成町瀬戸屋敷では、あじさいまつりのアフターイベントとして、例年「瀬戸屋敷風鈴まつり」が開催されます。

瀬戸屋敷の敷地は約1,800坪と広く、築約300年の茅葺きの古民家に約800個の風鈴が飾られ、「しのぶ風鈴」が飾られた縁側は江戸の風情たっぷりです。

聞こえる音色がなんとも心地よく、凛とした空気感を醸し出します。

あじさい祭り期間は、生花展示や和傘の展示、水墨画や書道、俳句や短歌などさまざまな展示が行われます。

また風鈴や名産品販売のほか、風鈴づくりや生花、飴細工や藍染体験などの体験コーナーも実施しています。

あじさい祭りメイン会場のあじさい公園からも徒歩約10分程度と近いです。

瀬戸屋敷の入園料は、200円(中学生以下は無料)です。

開成町のあじさいの2021年の開花状況や見頃は?

水田とあじさい

開成町のあじさいの例年の開花状況や見頃は、5月末から徐々に開花が始まり、見頃は6月初旬~中旬です。

もちろん、開成町のあじさいの開花や見頃は、その年の気候状況により前後します。

開成町のあじさいの2021年の開花や見頃は、温暖な気候の影響もあり、早まる可能性が高いです。

2021年5月中旬には、早くも紫陽花の開花がところどころで始まりました。

開成町とあじさい

開成町のあじさいの2021年の見頃は、6月上旬になるでしょう!

開成町あじさいまつりの2021年の開催は?

水田とあじさい

開成町では、紫陽花の見頃になる6月上旬から中旬には、『開成町あじさいまつり』が開催され、音楽や踊り、大道芸など、さまざまなイベント行われ、小さな町が活気づきます。

開成町あじさい祭りは、オープニングからフィナーレまでイベントが多彩です。

期間中は、神奈川県警音楽隊コンサートや阿波おどりパフォーマンスや高校生などによる本格的な吹奏楽など、地元の人々を中心とした演奏、オーケストラ、ダンス、和太鼓、大道芸、歌謡ショーなど盛りだくさんです。

猿まわしで盛り上がったり、開成町のマスコットキャラクター「あじさいちゃん」も子供たちに大人気です。

美味しそうなご当地グルメもたくさん出店していて、地元の味も堪能できますよ!

開成町あじさいまつりは、2021年で34回目と歴史のある催事です。

しかし、残念ながら、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2021年6月5日(土)~ 2021年6月13日(日)までの9日間で開催予定の「第34回 2021開成町あじさいまつり」は、中止となりました。

紫陽花の鑑賞は可能です。

開成町のアクセスや駐車場は?

住所: 〒258-0028  神奈川県足柄上郡開成町金井島吉田島地区

アクセス

電車でのアクセス

小田急線の「開成駅」から、徒歩で約40~50分です。

小田急線の「新松田駅」・JR「松田駅」から、徒歩で約25分です。

電車とバスでのアクセス

小田急線の「開成駅」からシャトルバスが運行されます。

小田急線の「新松田駅」・JR「松田駅」から箱根登山バスの関本行きに乗車し、「吉田神社入口」で下車します。

駐車場:

「開成町あじさいまつり」の期間中には、有料の臨時駐車場が用意されています。(2021年は、開成町あじさいまつりは中止となりました。)

約300台停めるスペースがあり、料金は1回、普通車が500円、大型車が2,000円です。

まとめ:開成町のあじさいの2021年開花状況や見頃やまつりは?アクセスや駐車場は?

ここでは、開成町のあじさいの2021年開花状況や見頃、2021年の開成町あじさいまつりの開催可否、アクセスや駐車場について紹介しました。

懐かしい日本の原風景と紫陽花のコラボレーションの景観は、少し心が沈みがちな梅雨時でも癒されますよ!

おすすめの記事