相模原北公園のあじさいの見頃や2021年開花状況は?アクセスや駐車場は?
相模原北公園の紫陽花

神奈川県相模原市の相模原北公園は、鎌倉の紫陽花の名所にも負けない、圧倒的なスケールの紫陽花の穴場スポットです。ここでは、相模原北公園のあじさいの見頃や2021年開花状況、相模原北公園のあじさいの見どころ、アクセスや駐車場について紹介します。

神奈川のあじさいの穴場スポット「相模原北公園」のあじさいの見どころとは?

相模原北公園の紫陽花

神奈川県相模原市の相模原北公園は、敷地内の雑木林を利用しながら、公園全体に植物園のような雰囲気が感じられ、スポーツ・レクレーションの場として利用できる総合公園として開園しました。

相模原北公園は、一年を通して四季折々の表情を見せてくれる相模原市民の憩いの場で、梅・アジサイ・花菖蒲・薔薇などが広範囲に植栽され、ハーブ園、野草園、花木園、あじさい園や菖蒲園などの施設があり、四季を通じて草木や花々を楽しむことができます。

相模原市の「市の花」はあじさいで、相模原市の人口が60万人を超えたことを記念して、2000年にあじさい園が開園されました。

神奈川で「あじさいの名所」と言えば、鎌倉の明月院や長谷寺などが有名ですが、県内にはその他にも、魅力的なあじさいスポットがいくつもあり、中でも「相模原北公園」は、壮大なスケールであじさいが咲き誇ります。

相模原北公園の紫陽花

相模原市でも随一のあじさいの名所とされ、2006年には、相模原麻溝公園とともに、アジサイ名所ランキング(NIKKEIランキング)で東日本の第2位に選出されました。

紫陽花の開花の見ごろの時期には、相模原麻溝公園とともにアジサイフェアが開催され、多くの市民で賑わいます。

相模原北公園のあじさい園は、「和、洋アジサイの出会い」がテーマとなっており、県内でも屈指の和・洋の種類合わせて約200種類10000株というあじさいが植栽され、圧倒的な美しさで訪れる人々を魅了します。

相模原北公園の紫陽花

相模原北公園は、あじさいのスケールでは、鎌倉の紫陽花の名所を凌ぎながら、それほどの混雑がない、神奈川のあじさいの穴場スポットです。

相模原北公園のあじさい園は、、大きく分けて「アジサイの丘」「アジサイの谷」「アジサイの山」のエリアから構成され、品種に応じて外国種ゾーン、西洋種ゾーン、和品種ゾーンごとに楽しむことができます。

あじさいの丘では、主に西洋アジサイが植えられ、緩やかな斜面を鮮やかなあじさいの花が埋め尽くす絶景は、息を飲むほどです。

相模原北公園のあじさいは約10,000株という圧倒的なスケールだけではなく、約200種類という種類の多さも特筆すべきポイントでしょう。

相模原北公園のアジサイ園には散策路が張り巡らされており、あじさいの中を歩くことができます。

和品種のホンアジサイ、ヒメアジサイのほか、外国種や西洋アジサイ種を観賞できます。

相模原北公園の紫陽花

また、幻のアジサイといわれる七段花(シチダンカ)も栽培されています。

細長く垂れ下がる白い花の柏葉アジサイや青く葉が大きい浜アジサイ、紫色、ピンク色などの濃淡のアジサイの花など色とりどりです。

相模原北公園あじさい園のおすすめは、見頃の時期には白い絨毯一面になる「アナベル」でしょう。

北アメリカ原産で、白いあじさいの代名詞とも言える人気の品種で、直径30センチの白い大輪を咲かせ、圧巻の美しさです。

相模原北公園の紫陽花

あまりに真っ白で、雪が積もっているかのような風情ある景色が広がります。

相模原北公園では、あじさいの見頃の初期には、花菖蒲も観ることができますよ。

相模原北公園の花菖蒲

相模原北公園のあじさいの見頃や2021年開花状況は?

相模原北公園の紫陽花

相模原北公園のあじさいの例年の見頃や開花状況は、6月中旬~7月上旬です。

相模原北公園では、6月初旬にヤマアジサイが咲きはじめ、中旬頃にガクアジサイ・西洋あじさい、下旬にアナベルが見頃を迎えます。

もちろん相模原北公園のあじさいの見頃は、その年の気候状況により前後します。

相模原北公園のあじさいの2021年の開花や見頃は、温暖な気候の影響もあり、例年より早くなる可能性が高いです。

相模原北公園のあじさいの2021年の開花や見頃は、6月上旬~6月下旬になると予測します。

相模原北公園のアクセスや駐車場は?

相模原北公園の紫陽花

所在地: 〒252-0134  神奈川県相模原市緑区下九沢2368-1

電話: 042-779-5885

開園時間: 常時開放 ※駐車場は8:00~19:00(10月~4月は18:00)

アクセス

電車でのアクセス

JR横浜線橋本駅南口から「上大島行き」のバスに乗車し、「北公園口」で下車すると徒歩2分で相模原北公園の西フロント入口です。

西フロント入口から入ると約1分であじさい園です。

また、南口バス3番乗り場から相模川自然の村行きコミュニティバスに乗車して、公園内の北総合体育館で下車してする方法もありますが、本数が少ないです。

JR横浜線・相模線橋本駅、京王相模原線橋本駅の南口バス3番乗り場から、「34系統:上溝行き」「36系統:上大島行き」「57系統:キャンプ場入口行き」に乗車して、「上中の原団地」で下車して徒歩5分で東フロントです。

車でのアクセス

JR橋本駅から車で約10分です。

東京都内からは八王子ICから16号を横浜方面に向かい約30分です。

駐車場

地下駐車場74台(うち身障者用3台) 午前8時30分から午後10時まで

第1駐車場114台(うち身障者用2台) 午前8時30分から午後10時30分まで

第2駐車場79台(うち身障者用3台) 午前8時から午後7時まで(10月から4月までは午後6時まで)

あじさい園に近いのは2駐車場です。

まとめ:相模原北公園のあじさいの見頃や2021年開花状況は?アクセスや駐車場は?

ここでは、相模原北公園のあじさいの見頃や2021年開花状況、相模原北公園のあじさいの見どころ、アクセスや駐車場について紹介しました。

鎌倉の明月院や長谷寺にも負けない、圧巻のスケールと種類の紫陽花の穴場スポット「相模原北公園」をぜひ訪ねてみてください!

おすすめの記事