富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらん
富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらん

長野県諏訪郡富士見町の富士見パノラマリゾートでは、ロープウェイで山を登り、抜群の自然環境で、入笠湿原入笠山の120万本のすずらんの絶景を愛でることができます。ここでは、富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらんの見頃や2021年開花状況、ドイツすずらんと日本すずらんの見どころ、シャトルバス含めたアクセスや駐車場について紹介します。

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のドイツすずらんと日本すずらんの絶景とは?

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらん

長野県諏訪郡富士見町に位置する富士見パノラマリゾートは、山麓からゴンドラリフトで、10〜15分で標高1780mの高山に行くことができます。

マウンティンバイクフィールドとして日本最大級の規模を誇り、ゴンドラリフト終点からのダウンヒルは林間をぬうコースが設定され、緊張感の中に、ダイナミックな爽快感が楽しめ、海外からもマウンテンバイカーが訪れます。

冬にはスノースポーツフィールドとしても人気があります。

また、花の高原として初夏から秋まで、すずらんを含めた山野草の散策ができ、多くの高山植物たちで華やかに彩られ、グリーンシーズンもスノーシーズンも一年を通じて数多くのお花が咲く山として有名です。

眺めの良いビュースポットに作られる展望台からは、南アルプスから中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳、蓼科山、車山、富士山と360°の大パノラマが眺望が楽しめます。

入笠湿原入笠山(にゅうかさやま)は、天空の花畑で、町の花“すずらん”の群生地をはじめ豊かな自然があふれる花の楽園です。

梅雨時には、毎年120万本のすずらんが咲くことで知られています。

正面入り口のチケット売り場で、ゴンドラチケットを購入します。

料金は往復で大人1700円、子ども800円です。

富士見パノラマリゾート

富士見パノラマリゾートのゴンドラ山頂駅から降りて、10分ほど歩くと到着する「入笠すずらん公園」は、春・夏・秋にかけて約150種類もの山野草が楽しめます。

「入笠すずらん山野草公園」では、初夏の見頃の時期になると、約4000平方メートルに約20万本のドイツスズランが咲き誇ります。

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらん

ドイツスズランは、長さ15〜20cmほどの幅広い葉をもち、花は葉と同じくらいの高さまで伸び、釣り鐘形の花を下向きに咲かせます。

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらん

芳香が強く、香水の原料にも利用されています。

八ヶ岳とすずらんのコラボが見事です。

清々しい風と爽快な景色の散策を楽しんだり、草花の写真を撮影したりすることができます。

富士見町の花にもなっている「すずらん」の花言葉は、「幸福が訪れる」で、ヨーロッパでは花嫁のベールを飾る花として使われています。

またゴンドラリフト終点から、約60分ほどで、標高1955mの入笠山(にゅうかさやま)の山頂に立てます。

代表的な登山コースは、ゴンドラ山頂駅からマナスル山荘を経て山頂へ至るルートです。

富士見パノラマリゾート・入笠湿原

入笠すずらん山野草公園近くの「入笠山ハイキングコース」入り口から、入笠湿原までは徒歩で約15分です。

花の宝庫、入笠湿原を象徴する約100万本の「日本すずらん」を見ることができ、斜面一面にすずらんが群生し、甘い香りが漂います。

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらん

日本すずらんは、一般的なドイツすずらんと違い、小さく可憐な花をつけるのが特徴です。

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらん

日本すずらんは、本州中部以北、北海道の山地や高原の草地に自生します。

葉が細く、花は葉よりも低い位置で葉の裏に隠れて咲き、夏に葉が焼けやすく、半日陰となるところで育ちます。

このほか、スズランの見頃と同じ時期に、赤色のクリンソウ、オレンジ色のレンゲツツジ、アヤメやウマノアシガタをはじめ様々な花々が色鮮やかに咲き誇ります。

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらんの見頃や2021年開花状況は?

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらん

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらんの例年の見頃や開花は、5月下旬~6月中旬です。

5月下旬から6月中旬まで入笠山では120万本のすずらんが、可憐に白い花を咲かせます。

ゴンドラを降りてすぐの入笠すずらん山野草公園の20万本のドイツすずらんは、入笠山湿原の100万本の日本すずらんより少し早く開花する傾向にあります。

スズランの見頃の時期には、幻の花釜無ホテイアツモリソウも開花します。

もちろん、富士見パノラマリゾート・入笠山湿原のすずらんの見頃や開花状況は、その年の気候状況により前後します。

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらんの2021年の開花や見頃は、例年より早くなる傾向にあります。

2021年5月26日現在、ドイツスズランの開花が始まり、2分咲きになっています。

2020年と比べて、1週間ほど早く2021年は開花が始まっています。

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらんの2021年の開花や見頃は、6月上旬~6月中旬になるでしょう。

入笠すずらん山野草公園・入笠湿原の2021年の120万本すずらん祭りの開催期間や内容は?

富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらん
富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらん

入笠すずらん山野草公園・入笠湿原では5月下旬から6月下旬にかけて120万本のすずらんが開花しますが、6月はすずらん祭りが開催されます。

2021年すずらん祭り 2021年5月22日(土)~ 2021年6月20日(日)

すすらん祭り中は往復券購入者に「山野草のポット苗」をプレゼントされます。

日替わりでプレゼントの山野草は変わります。

富士見パノラマリゾートのアクセスや駐車場は?

富士見パノラマリゾート・入笠湿原

所在地:  〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703

アクセス

電車・シャトルバスでのアクセス

JR富士見駅より無料送迎バス運行(富士見駅⇔富士見パノラマリゾート)

約10分で到着します。

車でのアクセス

中央自動車道諏訪南ICからたったの7分

駐車場

2,000台 無料

まとめ:富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらんの見頃や2021年開花状況は?アクセスや駐車場は?

ここでは、富士見パノラマリゾート・入笠湿原のすずらんの見頃や2021年開花状況、ドイツすずらんと日本すずらんの見どころ、シャトルバス含めたアクセスや駐車場について紹介しました。

ドイツすずらんや日本すずらんの群生を、大自然の中で眺める贅沢を、ぜひ体験してみてください!

おすすめの記事