箱根登山鉄道あじさい電車の2021年の見頃や ライトアップは?見どころは?

神奈川県の箱根登山鉄道あじさい電車は、カラフルなあじさいに包まれ、車窓に情緒ある紫陽花風景が展開され、夜にはライトアップされた幽玄のシーンを眺めることができます。ここでは、箱根登山鉄道あじさい電車の2021年の見頃や開花状況や見どころ、ライトアップや夜のあじさい電車の運行について紹介します。

箱根登山鉄道あじさい電車は箱根の初夏の風物詩?

箱根登山鉄道あじさい電車

神奈川県の箱根登山鉄道の沿線はあじさいが多く植えられていて、この時期に走る電車のことを「箱根あじさい電車」の愛称で呼ばれ、箱根湯本駅から強羅駅間を線路沿いに満開に咲き誇るあじさい群の中を往復します。

箱根登山鉄道とあじさい

今や箱根の初夏の風物詩となっています。

箱根登山鉄道は、箱根の山の急こう配を登っていく電車で、スイッチバックをしながら登る珍しい電車としても知られています。

箱根登山線は箱根湯本駅~強羅駅間の標高差が400メートル以上もあり、あじさいの見頃はこの標高差とともに移っていきます。

箱根登山鉄道あじさい電車

標高差があることから、低い標高からあじさいの開花が始まり、見頃の時期も標高により異なり、長い期間あじさいを観ることができるのも人気の秘訣です。

一般的にはあじさいの見頃は梅雨の6月ですが、標高の高い箱根では7月まであじさいを楽しむことができます。

箱根登山鉄道あじさい電車

窓のすぐそばに咲いているあじさいを、揺られながら車窓から鑑賞できるのは、箱根ならではの贅沢です。

太陽の光を受けて輝くカラフルなあじさいの花や雨に濡れた風情あるあじさいの姿と、様々な表情を見る事ができ、旅情があります。

箱根登山鉄道あじさい電車

通常ダイヤ(各駅停車)の電車は予約なしで乗車できる各駅停車で、座席は全席自由席です。

昼間の時間帯は1時間に4本程度18:30~のライトアップ時間帯には1時間に2~3本程度の運行があります。

箱根登山鉄道あじさい電車の見頃や見どころは?

箱根登山鉄道あじさい電車

箱根湯本駅付近

箱根湯本駅から塔ノ沢駅方面に進むと、向かって左手にあじさい群を確認できます。

比較的大ぶりのあじさいの花が楽しめるポイントで、標高が約96mと1番低い位置のため、一番早く見頃時期を迎えます。

ライトアップされると一際きれいです。

見頃時期: 6月中旬~下旬

.塔ノ沢駅付近

塔ノ沢駅のホームを彩るあじさいも、箱根登山電車に乗ったら見逃せない見どころポイントのひとつです。

見頃時期: 6月下旬~7月上旬

大平台駅付近

大平台駅の標高は約337mで、登山電車が2度めのスイッチバックをする場所です。

大平台駅の前後では、箱根登山鉄道沿線の中で、最もあじさいの群生が見られるスポットです。

左右の車窓を埋めつくすように、ライトアップされたあじさいが彩ります。

見頃時期: 6月下旬~7月上旬

宮ノ下駅付近

箱根登山鉄道の宮下駅

標高約436mの宮ノ下駅では、駅の構内でもあじさいを楽しむことができます。

箱根湯本発、強羅行きの「夜のあじさい号」では、この宮ノ下駅にて停車し、構内で記念撮影をする時間があります。

見頃時期: 6月下旬~7月上旬

彫刻の森駅付近

彫刻の森駅の標高は約539mで、線路の両側に色とりどりのあじさいの群生を見ることができるスポットです。

見頃時期: 6月下旬~7月中旬

強羅駅付近

強羅駅の標高は約541mです。

見頃時期: 6月下旬~7月中旬

ケーブルカー沿線

強羅駅より乗り換えて、箱根登山ケーブルカー沿線でもあじさいを楽しむことができます。

終点の早雲山駅の標高は約750mです。

見頃時期: 7月上旬~7月下旬

箱根登山鉄道あじさい電車のライトアップは?2021年の「夜のあじさい号」の運行は?

箱根登山鉄道あじさい電車のライドアップ

箱根あじさい電車では、夜間のライトアップも実施されます。

夜は、昼間太陽の光に輝いたり、梅雨の雨に濡れるあじさいとはまた趣の違う幻想的なあじさいの表情を楽しむことができます。

闇夜に浮かぶ紫陽花の妖しい美しさが、車窓に浮かび上がります。

18:30以降の夜間の通常ダイヤの各駅停車は、1時間に2~3本の運行があります。

全席自由席で予約の必要がありませんので、途中下車も可能です。

また、例年は、夜の特別便『夜のあじさい号』も期間限定で運行されます

あじさいの期間限定「夜のあじさい号」は、通常ダイヤの各駅停車のほかに、夜の特別便として、沿線6箇所のライトアップされた箇所で徐行・停車を繰り返しながらゆっくりと進みます。

宮ノ下駅(強羅行)もしくは、塔ノ沢駅(箱根湯本行)では、電車から降りて撮影をお楽しみいただける時間を設定する特別電車となります。

夜のあじさい号完全予約制で全席指定席で、別途料金がかかります。

座席料金(片道):大人310、小人160円

別途運賃(片道):大人400円、小人200円

運行区間は箱根湯元~強羅です。

2020年は台風19号により長期間運休を余儀なくされたため、夜間ライトアップおよび座席指定特別列車「夜のあじさい号」の運転を休止となりました。

2021年は、新型コロナウイルスの拡大防止のため、「夜のあじさい号」は中止となりました。

なお、箱根登山鉄道の夜間ライトアップは、2年ぶりに実施されます。

ライトアップ実施期間: 2021年6月19日~7月4日(16日間)

運行形態 夜間の時間帯の箱根登山電車は1時間に2~3本運行しています。

箱根湯本駅から強羅駅まで、約40分(宮ノ下駅までは約25分)で運行しています。

全席自由席です。

ネクストエナジー・アンド・リソースの「グリーン電力」を導入したことで、ライトアップ照明に使用する電力をグリーン電力で賄い、地域の環境保全対策にも役立っているそうです。

まとめ:箱根登山鉄道あじさい電車の2021年の見頃や ライトアップは?見どころは?

ここでは、箱根登山鉄道あじさい電車の2021年の見頃や開花状況や見どころ、ライトアップや夜のあじさい電車の運行について紹介しました。

旅情あふれる、箱根あじさい電車をぜひ体感いただき、心癒されるひとときを過ごしてください!

おすすめの記事