竜頭の滝のトウゴクミツバツツジ
竜頭の滝のトウゴクミツバツツジ

栃木県日光市の奥日光にある「竜頭の滝(りゅうずのたき)」は見事なロケーションで、紅葉だけではなく、初夏のトウゴクミツバツツジが鮮やかに赤紫色の花を咲かす光景も圧巻です。ここでは、竜頭の滝のツツジ(トウゴクミツバツツジ)絶景や見頃や2021年開花状況、駐車場やアクセスについて紹介します。

竜頭の滝とトウゴクミツバツツジの究極のコラボレーションとは?

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジ

竜頭ノ滝(りゅうずのたき)は、栃木県日光市にある滝で、いろは坂を上った先にある奥日光と呼ばれる地域の滝です。

奥日光にはいくつかの滝があり、「華厳の滝」「湯滝」「竜頭ノ滝」をあわせて奥日光三名瀑と呼ばれています。

初夏になると、中禅寺湖畔の二荒山神社中宮祠ではヤマツツジ、同じ中禅寺湖畔のボートハウス前ではミツバツツジやシロヤシオが花を咲かせ、奥日光湯本温泉前の「湯の湖畔」でもミツバツツジが花を咲かせます。

奥日光 湯ノ湖とトウゴクミツバツツジ

この時期トウゴクミツバツツジの名所でもある「竜頭の滝」でも花を咲かせ始めます。

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジ

紅葉の名所として知られる竜頭ノ滝ですが、 トウゴクミツバツツジが咲きそろう春もおすすめです。

竜頭の滝の両側に、トウゴクミツバツツジが群生しており、見頃の時期には、間近で花を見ることができます。

茶屋の前の滝壺からの光景は特に美しく、左右2つに分かれた滝の流れの白ふぶきと、新緑の緑、赤紫色のつつじのコントラストが見事です。

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジ

白い滝に沿って紅紫色の花が咲き誇り、この時季ならではの美しい風景です。

新緑に、トウゴクミツバツツジの鮮やかな赤紫色が映えます。

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジ

白いゴヨウツツジやオレンジ色のヤマツツジなども咲き、色とりどりの花が周囲を彩ります。

竜頭の滝で、滝の音を聞き、ヤマツツジとトウゴクミツバツツジの競演を見ていると心から癒されますよ!

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジとヤマツツジ

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジの2021年の見頃や開花状況は?

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジ

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジの見頃や開花状況は、例年5月下旬~6月上旬です。

もちろん竜頭の滝のトウゴクミツバツツジの開花や見頃は、その年の気候状況により前後します。

2021年の竜頭の滝のトウゴクミツバツツジの開花は例年通りで、5月下旬に咲き始め、2021年5月30日現在、奥日光では新緑が始まり、シロヤシオやトウゴクミツバツツジの花が見頃を迎えました。

2021年の竜頭の滝のトウゴクミツバツツジの見頃は、6月10日頃まででしょう!

竜頭の滝のアクセスや駐車場は?

竜頭の滝のトウゴクミツバツツジ

住所: 栃木県日光市中宮祠

電話番号:  0288-53-3795 (日光市役所日光総合支所 観光商工課)

アクセス

電車とバスでのアクセス

JR日光駅もしくは東武日光駅から東武バス「湯元温泉」行きに乗車し、約60分で「竜頭ノ滝」に到着し、下車後徒歩2分です。

車でのアクセス

日光宇都宮道路清滝ICから国道120号方面に約20分(約16km)です。

駐車場:

茶屋専用駐車場の他、県英無料駐車場(竜頭の滝・菖蒲ヶ浜)が近くにあり、観光シーズンには臨時駐車場もあります。

竜頭ノ滝駐車場

竜頭ノ滝に一番近い駐車場です。

料金:無料

営業時間:

4月~11月:8:00~17:00

12月~3月:9:00~16:00

収容台数:30台

竜頭ノ滝上駐車場

竜頭ノ滝の上流側の駐車場です。

竜頭ノ滝の滝壺まで250mほど竜頭ノ滝に沿って下っていくと遊歩道があります。

料金:無料

営業時間:24時間

収容台数:20台

竜頭ノ滝臨時駐車場

観光シーズンにオープンします。

竜頭ノ滝から300mほど離れているので、5分ほど歩くことになります。

料金:普通車310円 / バイク100円

営業時間

4月~11月:7:00~22:00

12月~3月:8:00~21:00

収容台数:約100台

まとめ:竜頭の滝のツツジの見頃や2021年開花状況は?駐車場やアクセスは?

ここでは、竜頭の滝のツツジ(トウゴクミツバツツジ)絶景や見頃や2021年開花状況、駐車場やアクセスについて紹介しました。

竜頭の滝のマイナスイオンを浴びて、滝の音に耳を傾け、トウゴクミツバツツジの鮮やかな色に癒されてください!

おすすめの記事