ラベンダーパーク多可のラベンダー
ラベンダーパーク多可のラベンダー

兵庫県のラベンダーパーク多可では、西三種類のラベンダーが時期をずらして咲き誇り、見事なラベンダー色で初夏を彩られます。ここでは、ラベンダーパーク多可の2021年見頃や開花状況、2021年のラベンダーフェスタの開催可否、ラベンダーの摘み取り、卵かけごはんで有名な「ごはん屋」やラベンダークリームソーダの喫茶ラベンダー、アクセスや駐車場について紹介します。

ラベンダーパーク多可の3種類のラベンダーがうみだす絶景とは?

ラベンダーパーク多可のラベンダー
ラベンダーパーク多可のラベンダー

兵庫県多可郡多可町加のラベンダーパーク多可は、西日本最大級のラベンダー園で、敷地面積5.0haの園内に、3.5haのラベンダー畑があります。

地元の方々がひとつひとつ大切に育てたラベンダーが 3品種約20,000株植栽されています。

ラベンダーパーク多可のラベンダー

また、ラベンダーパーク多可は、なだらかな丘陵地にあり、眼下には棚田の原風景見上げれば東播磨の最高峰千ヶ峰(1005m)が望め、 振り返れば丹波霧が見渡せる大井戸山(794m)が雄壮な姿を見せ、 絶好のロケーションです。

ラベンダーパーク多可では主に3種類のラベンダー、ストエカスラベンダーイングリッシュラベンダーラバンディンラベンダーを鑑賞することができます。

ストエカスラベンダー は、ラベンダー畑の約20%の敷地に咲いています。

ストエカスラベンダー

ウサギの耳のような花穂を付けるのが特徴です。

イングリッシュラベンダーは、ラベンダー畑の約10%の敷地に咲いていて、小さな粒が重なったような花が特徴で、香りも強いです。

ラベンダーパーク多可ンラベンダー
ラベンダーパーク多可のラベンダー

香料の原料としてもよく使用され、北海道の富良野でもよく見られるラベンダーです。

寒さに強く、夏の暑さには弱いので、西日本では希少とされるラベンダーが見られます。

ラバンディンラベンダーは、ラベンダーパーク多可のラベンダー畑の70%を占めます。

ラベンダーパーク多可のラベンダー

大きな花穂と太めの茎が特徴で。成長すると約1mにもなる大型品種です

ラバンディンラベンダーは、、暑さにも比較的強い品種です。

ラベンダーパーク多可で卵かけごはんやラベンダークリームソーダ?

ラベンダーパーク多可のラベンダー

ラベンダーパーク多可には、「ごはん亭」でランチをすることもできます。

一番人気が、多可町特産の播州地卵とコシヒカリの食べ放題「たまごかけごはん」や「百日鶏の親子丼」です。

濃厚な播州地卵は風味豊かでコクがあり、もちもちの地元のお米と相性抜群です。

卵かけご飯専用のしょう油が、全国から20種類以上取り寄せられ、好きなしょう油を選ぶことができますよ!

また、一息つきたいときには、喫茶ラベンダーで、SNS映えするラベンダークリームソーダを注文し、疲れを癒してください。

園内のショップでは、ボタニカルコスメやラベンダーのグッズが販売されています。

園内の工房で、無農薬で育てたラベンダーの精油(アロマオイル)を抽出することができて、お土産用は最適です!

石鹸や化粧水、ジェル、ハンドクリームなどのボタニカルコスメが揃っています。

また、ハーバリウム体験や、精油を使った芳香剤作り、ルームスプレー作りなどのワークショップもあります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、ラベンダーパーク多可は休業していましたが、2021年5月22日(土)より営業再開されました。

ラベンダーパーク多可の2021年の見頃や開花状況は?

ラベンダーパーク多可のラベンダー
ラベンダーパーク多可のラベンダー

ラベンダーパーク多可では、ストエカスラベンダーイングリッシュラベンダーラバンディンラベンダーが少く際されているので、それぞれの種類により見頃や開花がことなります。

ラベンダーパーク多可の2021年の見頃や開花時期は、以下の通りです。

ストエカスラベンダー の例年の見頃: 5月中旬〜6月初旬

イングリッシュラベンダーの例年の見頃:6月初旬〜6月中旬

ラバンディンラベンダーの例年の見頃: 6月下旬〜7月中旬

ラベンダーの種類が多いので、長くラベンダー観賞を楽しむことができます。

もちろんラベンダーパーク多可のラベンダーの開花や見頃は、その年の気候状況により前後しますが、2021年は気温が高めだったこともあり、早めの傾向にあります。

2021年6月5日現在、イングリッシュラベンダーがぷっくりと、つぼみを付け始め咲き始めました!

訪れる際は、見たいラベンダーの種類に合わせてお出かけください!

≪国内旅行≫登山・温泉・おひとり参加限定など、テーマ別ツアーが満載!

ラベンダーパーク多可の2021年のラベンダーフェスタの開催は?ラベンダー摘み取り体験?

ラベンダーパーク多可のラベンダー

6月末には、毎年「ラベンダーフェスタ」が開催されています。

ラベンダー畑の摘みとり体験、花の苗の販売、冬のホタル行灯作り、ハーバリウムづくりのワークショップやアロマケアコーナーなど大人から子どもまで楽しめるイベントです。

また、野外広場ではアマゴや炭火焼き鳥やフランクフルトなどのグルメも登場し、野外ステージではピアノの弾き語り、地元の中学生の吹奏楽演奏やハワイアンフラダンスなども披露されました。

6月下旬〜7月中旬までの期間に、ラベンダーの摘み取り体験(50本300円)ができます!

ハサミのレンタルがあるので気軽に参加できます。(※受付10:00~15:00 7月中頃まで)

2021年の「ラベンダーフェスタ」開催は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

ラベンダーの鑑賞は可能ですよ!

国内格安航空券の予約・比較なら【ソラハピ】

ラベンダーパーク多可のアクセスや駐車場は?

ラベンダーパーク多可

所在地: 〒679-1324  兵庫県多可郡多可町加美区轟799-127

電話: 0795-36-1616

入場料金: 

入園料はラベンダーシーズン(5中旬~7月中旬)のみ有料です。

5月下旬〜7月中旬:大人 500円、小人(小・中学生)200円

オフシーズンは無料

定休日: 無休 オフシーズンは水曜日

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR加古川線「西脇市駅」~神姫バス山寄上行き、轟バス停下車徒歩15分です。

車でのアクセス

中国自動車道「滝野社IC」から40分です。

駐車場: あり 90台 大型5台

まとめ:ラベンダーパーク多可の2021年見頃や摘み取りは?入場料やアクセスや駐車場は?

ここでは、ラベンダーパーク多可の2021年見頃や開花状況、2021年のラベンダーフェスタの開催可否、ラベンダーの摘み取り、卵かけごはんで有名な「ごはん屋」やラベンダークリームソーダの喫茶ラベンダー、アクセスや駐車場について紹介しました。

ぜひ西日本有数のラベンダーの名所「ラベンダーパーク多可」で初夏の絶景を満喫し、「ごはん屋」で絶品の卵かけご飯をランチで楽しみ、喫茶ラベンダー一休みしながら、一日ゆっくりお過ごしください!

おすすめの記事