えこりん村・銀河庭園のバラ
えこりん村・銀河庭園のバラ

北海道恵庭市の「えこりん村 銀河庭園」では、初夏には様々なバラが咲き誇り、「ロズビィのバラ畑」のたべられるバラの花が人気です。ここでは、えこりん村・銀河庭園のバラの2021年開花状況や見頃や見どころ、2021年のえこりん村のバラ祭り、アクセスや駐車場について紹介します。

「えこりん村 銀河庭園」のバラの見どころは?

えこりん村・銀河庭園のバラ

北海道恵庭市にある「えこりん村」は、1000種類の季節の植物が咲く「銀河庭園」や動物とふれ合える「みどりの牧場」等、北海道の食も楽しめ、自然ともふれあいるエコロジーテーマパークです。

えこりん村

「えこりん村 銀河庭園」のスタートは、2000年に「花の街・恵庭市に本格的なイングリッシュガーデンをつくろう」と、イギリス人ガーデンデザイナー、バニー・ギネスさんに依頼したところからです。

えこりん村・銀河庭園

敷地の選定から始まり、構想から6年かけてつくり上げられた、2006年に「えこりん村 銀河庭園」がオープンしました。

えこりん村・銀河庭園

えこりん村の銀河庭園は、10ヘクタールの広大な大地に、趣の異なる30種類のテーマガーデンが並んでおり、約1000種類もの植物が四季折々の風景を見せてくれます。

バニー・ギネスさんのデザインによる、敷地の高低差を利用したダイナミックなランドスケープは見事で、「ローズガーデン」「トレリスガーデン」「ボートレースガーデン」「サルベージガーデン」など、エリアごとにテーマが設けられています。

えこりん村・銀河庭園

2016年からは、ガーデンデザイナーの吉谷桂子さんが、「えこりん村 銀河庭園」のスーパーバイザーとなり、花数が増え、進化を続けています。

早春のクロッカスに始まり、秋のダリア・紅葉まで、いつ訪れても美しい花々に出会うことのできる庭園ですが、その中でも銀河庭園内に咲き誇るバラが主役となるでしょう。

銀河庭園内だけでも、イングリッシュローズやオールドローズを中心に、約700品種・5,000株のの色とりどりのバラが咲いています。

えこりん村・銀河庭園のバラ

コンスタンス・スプライ、ウィリアム・シェークスピア2000、テス・オブ・ザ・ダーヴァービル、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクズなど、様々なバラの花を眺めることができます。

バラの品種やエリアによって開花の時期は異なり、ガーデンの景色も変わります。

えこりん村 銀河庭園のテーマガーデンの1つが「小さなバラの村」です。

バラに囲まれたゲートを進むと、そこには癒しの空間が現れます。

えこりん村・銀河庭園のバラ

始まりはウェルカムガーデンや銀河フラワーボーダーなどで、華やかな花を中心として歓迎の心が表現されています。

アーチを抜けて庭園巡りをして行くと、雰囲気のいい四阿や、芝生の広場など随所に休憩スポットもあります。

奥に進んでいくとパルテールやブラック&ホワイトガーデンなどが登場し、入り口から離れていくにつれて、よりワイルドな自然美が広がる趣向です。

「ロズビイのバラ畑」にある“幸福の扉”や、「ローズガーデン」内のつるバラが咲くアーバーなど、絵になる風景があちこちにあります、

えこりん村・銀河庭園の注目の「ロズビィのバラ畑」とは?食べられるバラの花?

えこりん村・銀河庭園のバラ

銀河庭園のもう大きな魅力に一つが、食用のバラを育てている事です。

銀河庭園内には、約4,500株の食べるためのバラを育てる「ロズビィのバラ畑」があります。

銀河庭園のバラ5,000株のうち、約4,500株が食べるためのバラで、「ロズビィのバラ畑」は2008年に銀河庭園の中にオープンしました。

ロズビィのバラ畑では、冷涼な北海道で育つバラを、毎日スタッフが大切に手入れを行い、安心で、健康な食べるためのバラを育てています。

農薬不使用のこの畑では、毎日手間隙をかけて育てられた健康なバラを見ることができます。

えこりん村・銀河庭園のバラ

ロズビィのバラ畑は,、食べるための安全なバラを目指していて、コンフィチュールやシロップ、ローズティー等、ロズビィオリジナルの製品が作られています。

ロズビィのバラ畑では毎日9時~10時に、バラの花から花びらを取り出す作業、「バラほぐし」の作業が公開されています。

えこりん村 銀河庭園は、2021年は、4月24日オープンしました。

えこりん村・銀河庭園のバラの2021年の見頃や開花状況は?

えこりん村・銀河庭園のバラ

えこりん村 銀河庭園のバラの例年の見頃や開花は、以下の通りです。

春のバラの見頃 : 6月上旬~7月上旬

秋のバラの見頃 : 9月中旬~10月下旬

もちろん、えこりん村・銀河庭園のバラの見頃や開花は、その年の気候状況により前後します。

えこりん村・銀河庭園のバラの2021年の見頃や開花状況は、ほぼ例年通りになるでしょう。

えこりん村・銀河庭園の2021年のバラ祭りの開催は?

えこりん村・銀河庭園のバラ

えこりん村・銀河庭園では、バラの花が咲く6月下旬から7月中旬に、食用のバラ畑「ロズビィのバラ畑」で、バラを見て、触れて、食べられる「バラ祭り」が開催されます。

花摘み体験や講習会、フラワーシャワー撮影会、コンサートなやパレードなどバラにちなんだたくさんのイベントが行われます。

バラ祭り期間中は、毎日ガイドさんがバラ祭り会場を案内してくれる「ガーデンガイド&バラ相談会」も開催されます。

また、ローズソムリエによる「ローズレッスン」が開催され、バラの開花後のお手入れ方法や、秋バラを咲かせる為の管理、バラ栽培について丁寧に教えてくれます。

ロズビィのバラ畑の中では、「バラ姫」の衣装をまとい、バラの花と一緒に記念撮影をすることもできます!(
バラ姫の衣装は1着500円でレンタルできます。)

バラ祭りのイベントの一つには、「バラ香る 朝のロマンティックツアー」があり、朝8時から銀河庭園を散策して、バラ摘みとバラドレッシングづくりを体験します。

そして、森のレストラン「Ten-man」のモーニングビュッフェとセットになったバラづくしのスペシャル企画です。

バラ祭り開催中は、また「小さなバラの村」にて、スイーツを中心とした期間限定メニューを楽しむことができます。

おすすめは、さっぱりとしたお味を楽しめる「ローズソーダ」や「バラのソフトクリーム~ローズシロップがけ」です。

バラ色のソフトクリームに、ローズシロップとローズジャムがかかっていて、美しいバラの花びらが飾ってあります。

さらに「ローズウィーク バラ祭」の時期に、レストランの期間限定メニューとしてオリジナルのローズスイーツを楽しむこともできます。

銀河庭園のバラ祭り会場近くでは、森のレストラン「Ten-Man」があり、バラ祭りのイベントに合わせて、バラのメニューも楽しめますよ!

日本全国の路線を網羅!格安航空券なら【ソラハピ】

えこりん村・銀河庭園のアクセスや駐車場は?

えこりん村

えこりん村

住所: 北海道恵庭市牧場277-4

TEL:0123-34-7800(09:30〜17:00)

開園期間:4月下旬~10月31日

休園日:なし

営業時間:9:30~17:00(4〜9月)、9:30〜16:00(10月)

銀河庭園&みどりの牧場入園料

大人(高校生以上):1,200 円 65歳以上:1,000円 障がい者/介助者:600円

小人(中学生以下):   600 円

*保護者同伴での入園をお願いいたします。

*大人1名につき 中学生以下5名まで無料

年間パスポート: 2,400円

えこりん村への入場は無料で、『銀河庭園(ロズビィのバラ畑、ふゆみずたんぼ含む)&みどりの牧場』への入園は有料です。 

アクセス:

公共機関でアクセス

JR恵庭下車、無料送迎バス有。恵庭駅西口→えこりん村「ウェルカムセンター、花のまきば」→えこりん村「銀河庭園」の順で停車。所要時間は約15分。

車でのアクセス

道央自動車道恵庭ICを降り、一般道に出たら右折。道央自動車道の陸橋をこえると、右側に「えこりん村」のゲートが見えます。(恵庭ICから約600m)

一般道の場合は、国道36号線から恵庭市内(46号線)に入り、恵庭インターチェンジの表示に沿って進みます。

駐車場:300台(無料)

まとめ:えこりん村のバラ祭りの見頃や2021年開花状況は?アクセスや駐車場は?

ここでは、えこりん村・銀河庭園のバラの2021年開花状況や見頃や見どころ、2021年のえこりん村のバラ祭り、アクセスや駐車場について紹介しました。

えこりん村・銀河庭園のバラが咲き乱れる景観は見事ですが、特に「ロズビィのバラ畑」の食べられる花は最大の特講です。

えこりん村は、カフェやレシトランも充実していて、羊が牧場でのんぼりしているような、のどかな景色も見られる等癒しの光景満載なので、一日ゆっくり過ごしてみてください!

おすすめの記事