観光農園花ひろばのひまわりの2021年見頃や開花状況は?アクセスや駐車場は?
観光農園花ひろばのひまわり

愛知県の知多半島南端にある観光農園では、真夏になると、松葉牡丹が見ごろを迎え、メロン狩りも行われますが、やはり日本最大級のひまわり畑が圧巻です。ここでは、観光農園花ひろばのひまわりの2021年見頃や開花状況、見どころ、アクセスや駐車場について紹介します。

観光農園花ひろばの日本最大級のひまわり畑の絶景とは?

観光農園花ひろばのひまわり

愛知県の知多半島南端にある「観光農園 花ひろば」は、アミューズメント施設が充実しているわけではないですが、広大な農地の中に、様々な色彩の花が敷き詰められています。

春の菜の花やネモフィラ、アジサイ、夏のひまわり、ポピーやコスモスなどさまざまな花の栽培が行われています。

その中でも、観光農園 花ひろばのひまわり畑は日本最大級の規模を誇り、11月末まで常時14万本のひまわりが咲きそろい、長い期間黄色の絨毯を楽しむことができます。

観光農園花ひろばのひまわり

観光農園花ひろばの丘の斜面にひまわりが咲き誇り、映画やテレビの撮影でも、よく使われる、人気の撮影スポットでもあります。

ひまわり畑をより楽しむには、高い位置から眺められる見晴らし台がおすすめです。

一面に広がるひまわり畑は、圧巻の美しさです。

観光農園花ひろばのひまわり

観光農園花ひろばでは、園内はペットの入場も可能です。

子供やペット、ポートレートを撮影をされる方も多く、黄色のひまわりを背景として、きれいな記念写真を撮ることができます。

また三脚、反射板など撮影機材の持ち込みもOKで、毎年コスプレ撮影も盛り上がるスポットでもあります。

観光農園花ひろばのおすすめは花摘み体験です。

入場料を払うだけで、受付ではさみを受け取ったら、自分の好きな花を探して摘むことができます。

持ち帰りできる本数は花や季節で違いますが、基本的には、花ひろば内に咲いている花をどれでも1人10本まで摘んで持ち帰ることができます。

ひまわりは、ひとり5本まで摘んで持ち帰る事ができます。

入場料を支払い、お気に入りのひまわりを5本選んでカットしましょう。

若いひまわりの見分け方は真ん中の緑が大きいものを選ぶ事、葉っぱは残しておくようにすることがポイントです。

摘んだ花は帰りにスタッフに渡すと、水を含ませて、持ち帰り用に新聞紙で包んでもらえます。

観光農園花ひろばでは、ひまわりの季節である夏を過ぎた秋にも、園内にはたくさんのひまわりが咲いています。

観光農園花ひろばのひまわり

その長期間咲き誇るひまわり畑は、多くの訪れる人々を魅了します。

また、観光農園花ひろばは、秦基博さんの映画ドラえもんの主題歌として話題になった、「ひまわりの約束」のミュージックビデオのロケ地としても有名です。

観光農園花ひろばでは、夏の時期になると、松葉牡丹(マツバボタン)が見ごろを迎えます。

濃いピンクの可憐な花は、ひまわりとは異なる美しさです。

松葉牡丹は午後になると花を閉じますので、ぜひ午前中までに観光農園花ひろばを訪れてください。

また、7月下旬~8月下旬まで、観光農園花ひろばではメロン狩りも楽しむことができます。

食べ放題ではありませんが、価格は1玉1,000円です。

採れたての新鮮なメロンは絶品ですよ!

観光農園花ひろばでは、広大なひまわり花畑で、プロポーズやブライダルフォトの撮影も行われることがあります。

カップルにおすすめスポットで、2021年には「ひまわり畑の結婚式」が行われます。

「ひまわり畑の結婚式」とは、ひまわり畑の中で人前結婚式を行います。

式を行う場所はひまわり畑の真ん中で、ウェディングプランナー達が挙式スペースを設営し、一般の来訪者も自由に結婚式を見ることができるそうです。

新郎新婦の家族や友人だけではなく、多くの人々が二人の幸せな姿を見て一緒にお祝いするのです。

観光農園花ひろ周辺には、絆を深める南京錠で有名な「野間灯台」や、縁結びの神として人気の「恋の水神社」などもありますので、カップルにはおすすめのスポットです!

観光農園花ひろばのひまわりの2021年見頃や開花状況は?

観光農園花ひろばのひまわり

観光農園花ひろばのひまわりの例年の見頃は、6月中旬頃~11月下旬頃です。

観光農園花ひろばで長期間ひまわりが咲く理由は、時期をずらして12回の種まきが行われ、長い期間にわたってひまわりが花をつけるように工夫されていいます。

場所をずらして、12回種まきを行うことで、11月まで、累計280万本ものひまわりが花をつけ、常時14万本のひまわりを楽しむ事ができます。

観光農園花ひろばのひまわり

南知多町の温暖な気候を生かして咲くひまわりの光景は圧巻です。

観光農園花ひろばのひまわりは、2021年7月10日現在ひまわりが咲いています。

観光農園花ひろばのひまわりの2021年見頃や開花は、例年と同様6月中旬頃~11月下旬頃になるでしょう。

冬の前まで、ひまわりが楽しめるとは、贅沢ですよね!

夏には、7月頃から見頃になる「ケイトウ」「百日草」「コキア」などの花も楽しめます。

観光農園花ひろばのアクセスや駐車場は?

観光農園花ひろばのひまわり

観光農園 花ひろば

所在地: 愛知県知多郡南知多町豊丘高見台48

電話番号: 0569-65-2432

営業時間: 8:00~17:00

料金: 大人650円、小学生300円、未就学児無料

アクセス

車でのアクセス

南知多道路最終料金所から南下、分岐を右・師崎方面へ、信号「馬道」を右折、案内看板があります。 

豊丘ICで降りて約5分ほどで観光農園 花ひろばへ到着可能です。

バスでのアクセス

公共の交通機関で行かれる場合は、河和駅で降りて南知多町が運営している「海っ子バス」に乗り換える必要があります。

河和駅から海っ子バス「師崎港行」で「鯛祭り広場・花ひろば前」下車・徒歩20分です。

海っ子バスの料金: 南知多町内:160円 南知多町外:300円 

駐車場:  無料駐車場(100台)

まとめ:観光農園花ひろばのひまわりの2021年見頃や開花状況は?アクセスや駐車場は?

ここでは、観光農園花ひろばのひまわりの2021年見頃や開花状況、見どころ、アクセスや駐車場について紹介しました。

観光農園花ひろばの周辺には、南京錠で有名な「野間灯台」や縁結びの神として人気の「恋の水神社」などのデートスポットも点在しているので、絶景のひまわり畑とともに夏の思い出をつくってください!

おすすめの記事