山中湖のひまわり畑の2021年見頃や開花状況は?花の都公園のアクセスや駐車場は?
山中湖花の都公園のひまわり

山中湖花の都公園は、四季を通じて様々花が咲き誇りますが、夏に一面に広がるひまわりと富士山の共演は絶景で、多くの人々を魅了します。ここでは、山中湖花の都公園のひまわり畑の2021年見頃や開花状況、料金やアクセスや駐車場について紹介します。

山中湖花の都公園のひまわりと富士山の圧巻のコラボレーションとは?

山中湖花の都公園のひまわり

山梨県南都留郡山中湖村にある、「山中湖花の都公園」は、首都圏からのアクセスのよい、富士山と花のコラボレーション写真が撮れる人気の撮影スポットです。

山中湖花の都公園は、忍野八海と山中湖の中間辺りにあります。

標高1000mの高原にあり、春はチューリップ、初夏からネモフィラ・キカラシ・ヤグルマギク・かすみ草・ポピー、夏はサンパチェンス・百日草・ひまわり、秋はコスモスなど、季節ごとに花畑と富士山の競演が楽しる30万㎡という広大な公園です。

園内には明神の滝が流れる「清流の里」、熱帯植物やランなどが楽しめる全天候型温室のフローラルドーム「ふらら」もあり、四季を通してイベントも行われています。

花の都公園では、四季折々、季節毎に美しく咲く花々を楽しむことができますが、夏休み時期に楽しめるのが、約16万本の満開のひまわり畑です。

山中湖花の都公園のひまわり

首都圏からの日帰り圏内には、広大な土地に一面のひまわりが見られるスポットはいくつかありますが、この山中湖花の都公園のひまわり畑は、富士山の麓の山中湖村の高原に咲いているため、真夏の太陽、真っ青な空、そして背景に富士山を抱いてひまわりの花が咲き誇る絶景を楽しむことができるのです。

山中湖花の都公園のひまわり

他では見ることのできない圧倒的なロケーションの公園です。

夏のうだるような暑さとギラギラした太陽のなか、満開に咲き誇るひまわりを見て、元気をもらいましょう!

山中湖花の都公園は、無料エリアと有料エリアに分かれており、ひまわり畑はエントランス近くの無料エリアで楽しむことができます。

明神の滝が流れる「清流の里」や全天候型温室などは、有料エリアです。

それ以外のエリアは無料で、無料エリアでも十分に花と富士山の写真撮影を楽しむことができます。

また、有料エリアでは、食事処やお土産物ショップなどもありますので、天気が悪く、富士山が見えない日でも色々楽しむことができますよ!

山中湖 花の都公園

営業時間:4月16日~10月15日(8:30~17:30) 10月16日~ 4月15日(9:00~16:30)

※最終受付は閉園時間の30分前

休園日:12月1日~3月15日の毎週火曜日(年末年始を除く)

有料エリアへの入園料金:

4月16日~10月15日 大人600円 小中学生240円

10月16日~11月30日 大人360円 小中学生150円

12月1日~3月15日 無料

3月16日~4月15日 大人360円 小中学生150円

山中湖花の都公園のひまわりの2021年見頃や開花状況は?

山中湖花の都公園のひまわり

山中湖花の都公園のひまわりの見頃時期は、例年、8月上旬~下旬頃です。

山中湖花の都公園のひまわり

その年々の気候によっても左右されますが、2021年の開花状況については、改めて更新します!

山中湖花の都公園のひまわりは、富士山とのコラボレーションを楽しむことができる絶景スポットですが、午後からは逆光となってしまいます。

ひまわりと富士山の絶景写真を撮るには、午前中に訪れることがおススメです。

山中湖花の都公園のアクセスや駐車場は?

山中湖 花の都公園

住所:〒401-0501  山梨県南都留郡山中湖村山中1650 

電話:0555-62-5587

アクセス

車でのアクセス

東富士五湖道路「山中湖IC」から車で5分

バスでのアクセス

富士急行線「富士山駅」からバスで30分(周遊バスふじっ湖号)

JR御殿場線「御殿場駅」からバスで50分

駐車場:普通 220台 バス 20台

駐車場料金:普通車 300円 バス 1000円

まとめ:山中湖のひまわり畑の2021年見頃や開花状況は?花の都公園のアクセスや駐車場は?

ここでは、山中湖花の都公園のひまわり畑の2021年見頃や開花状況、料金やアクセスや駐車場について紹介しました。

富士山をバックに一面に広がるひまわり畑の絶景を見に、ぜひ山中湖花の都公園に訪れてみてください!

おすすめの記事