千歳のひまわり
千歳のひまわり

北海道千歳市の小川農場では、夏になると4万本ものひまわりが咲き誇り、巨大なひまわり迷路が大人気です。ここでは、千歳の小川農場のひまわりの2021年の見頃や開花状況、巨大なひまわりの迷路、小川農場のアクセスや駐車場について紹介します。

千歳の小川農場の巨大なひまわり迷路が大人気?

千歳のひまわり

北海道千歳市にある小川農場は、「孫に食べさせたい野菜」をモットーに、その日の朝採れたイチゴ、とうもろこし、ジャガイモ、アスパラなどを扱う、野菜と果物の直売所(5月~10月まで)を併設した農場です。

新千歳空港からも近く、5月初旬からは摘みたてのいちごを使ったスイーツ、6月には食べ放題のいちご狩り体験、そして7月中~下旬からは、広大な畑に約4万本のひまわりが植えられ、巨大なひまわり迷路がオープンします。

このひまわり迷路が、広大で複雑で、中には40分以上も出口に出られないお客さんがいるほどです!

小川農場のひまわり迷路は、背の高いひまわりで作られていますが、ひまわりたちのサイズ感も「ホッカイドー」

背が高く、大ぶりで、埋もれてしまいそうな大迫力です。

千歳のひまわり

とにかく広大で、なかなか攻略するのが大変という評判のひまわり迷路を攻略し、迷路の中に隠されている4カ所のスタンプ所をすべて通過して出てこられたた人は、ガラポンに挑戦することができます。

出た色に応じて、ズッキーニやプチトマトなどの新鮮採れたての野菜などが当たるという仕組みです。

北海道の野菜は本当に味が濃くて美味しいので、この、農場ならではのガラポンはとっても嬉しいプレゼントです!

北海道の夏は短いとよく言われますが、最近の北海道の夏は暑く、そして意外と長いです。

日照時間の長い北海道の夏の、強い、ギラギラした太陽と真っ青な大空のもと、元気いっぱいに咲き誇るひまわりに囲まれて、夏の思い出に、親子、友人同士、そしてカップルで、小川農場のひまわり迷路のクリアを目指してみましょう!

小川農場は、自社農場で採れたいちごを使った、いちごのソフトクリームやスムージーといったスイーツも評判です。

ひまわり迷路開催時期には、いちごがたっぷり入ったつみたていちごパフェや、人気のいちご品種「けんたろう」を1番美味しいときに凍結させた削りいちごのメニュー「ふわふわ雪いちご」も販売されます。

ひまわり迷路を攻略した後は、安心、安全、品質にこだわって栽培されたいちごのスイーツと、朝採りとうもろこし(ゴールドラッシュ)など新鮮野菜をゲットし、北海道千歳市にある小川農場の夏を満喫してくださいね!

千歳の小川農場のひまわりの2021年の見頃や開花状況は?

千歳のひまわり

小川農場のひまわり畑の見頃は、例年7月下旬~8月上旬です。

2021年は、連日の猛暑と雨不足が影響し、小川農場のひまわりの見頃のピークは、7月末頃と少し早まりそうです。

ピークを過ぎても、すぐに全部枯れてしまうわけではありませんが、満開のひまわりを見頃のピーク時期に楽しみたい方は、7月末頃がおススメです!

千歳の小川農場のアクセスや駐車場は?

千歳のひまわり

小川農場

住所:千歳市根志越296-1

電話:0123-26-4874

営業時間:5月 10:00~16:00、6・7・8月 9:00~17:00、9・10・11月 10:00~16:00

定休日:5~11月直売所営業 5月:火曜日 6・7・8月:無休 9・10月:火曜日 11月:火・水・木曜日

ひまわり迷路入園料:大人・子供共通で400円(3歳以上)

アクセス:千歳駅から車で7分

駐車場:50台 無料

まとめ:千歳のひまわり迷路の2021年見頃や開花状況は?小川農場のアクセスや駐車場は?

ここでは、千歳の小川農場のひまわりの2021年の見頃や開花状況、巨大なひまわりの迷路、小川農場のアクセスや駐車場について紹介しました。

千歳の小川農場では、春のいちご狩りも有名ですが、夏にはひまわり迷路を楽しみ、アイスやスムージーやパフェを食べて、目いっぱい夏を満喫しましょう!

おすすめの記事