益子ひまわり畑
益子ひまわり畑

栃木県芳賀郡益子町の益子ひまわり畑は、日本屈指の規模を誇り、広さ約11haの土地に、例年20種類200万本ものひまわりが咲き誇ります。ここでは、益子ひまわり畑の2021年開花状況や見頃、2021年の益子ひまわり祭りの開催可否、ひまわりの品種、アクセスや駐車場について紹介します。

益子ひまわり畑の200万本のひまわりの絶景とは?2021年益子ひまわり祭りの開催は?

益子ひまわり畑

栃木県最大規模のひまわり畑といえば、栃木県芳賀郡益子町のひまわり畑です。

益子町のまちづくり事業の一つとして、益子町上山地区では、休耕田を利用して、毎年多くのボランティアの手によってひまわり畑が整備されます。

町を一年中、花で包まれた美しい町にすることで、益子の住民が心豊かな生活を送り、益子を訪れる方を笑顔でおもてなししようということで始まったなんて、とっても素敵ですよね!

ひまわり畑の広さは、栃木県最大規模というだけあって、約10ヘクタール

広さを表すのによく使われる東京ドームとの比較でいえば、東京ドーム約2個分です。

わかったようなわからないよう、、、ではありますが、とにかく見渡す限りのひまわり畑!に、例年20種類200万本ものひまわりが栽培されています。

益子ひまわり畑

ひまわりの代表的な品種、ゴッホのひまわりやハイブリッドサンフラワーのほか、セーラームーン、バレンタイン、サンリッチオレンジ、ルビー、ビンセントポメロ等々、ビタミンカラーで人を元気にさせてくれるひまわりが元気に咲き誇ります。

毎年、8月中旬~下旬には、道の駅ましこのすぐそば、益子町の小高い山々に囲まれた、見渡す限りのひまわり畑が広がるとても景観の良い場所で、「ひまわり祭り」が開催されてきました。

この広大なひまわり畑を遠くまで見渡すことが出来る展望台も設けられ、また、ひまわり畑の中に小道も整備され、とても歩きやすく見やすいひまわり畑です。

その他、ひまわりの摘み取りができたり、地元産の野菜、飲み物や食べ物、暑い日に嬉しいかき氷なども販売されていました。

残念ながら、2021年のひまわり祭りは、2020年に続き、中止となりました。

ただし、イベントは中止され、例年規模の半分(約5ha)に縮小されましたが、大切に育てられたひまわり畑に入って、ひまわりを観覧することは可能です。

2021年もひまわりの摘み取りはできますが、畑全体の規模が縮小されているので、8月15日(日)以降からとなっています。

ハサミなどの貸出はないので、ひまわりの摘み取りをしたい方は、ハサミ等を持参しましょう。

益子町のひまわり畑は、日陰がなく、本当に暑いです!

帽子や日傘などを必ず持参し、水分補給を忘れずに、熱中症対策をしっかりして、益子町のひまわり畑を楽しんでくださいね!

益子ひまわり畑の2021年開花状況や見頃は?

益子ひまわり畑

益子のひまわり祭りは中止となりましたが、花を観覧することはできます。

2021年8月12日(木)~8月18日(水)午前9時~午後5時までは、会場内の駐車場が設置されます。

2021年8月10日現在、順調に開花しており、刈り取り予定日の8月23日まで、益子町のひまわり畑を楽しむことができるでしょう!

益子ひまわり畑のアクセスや駐車場は?

益子ひまわり畑

益子ひまわり畑

住所:栃木県益子町上山地区

電話:0285-72-3101 (ましこ花のまちづくり実行委員会(益子町中央公民館内))

アクセス

車でのアクセス

北関東自動車道桜川筑西インターチェンジから県道つくば益子線経由で約20分

北関東自動車道真岡インターチェンジから国道294号または121号経由で約20分

東北自動車道宇都宮インターチェンジから国道123号経由で約60分

常磐自動車道水戸インターチェンジから国道50号経由で約60分

公共交通機関でのアクセス

【電車】真岡鐵道益子駅からタクシーで約5分

【バス】JR宇都宮駅から関東バス益子行で約70分「益子駅前」下車タクシーで約5分

【高速バス】秋葉原駅から高速バス関東やきものライナーで約150分「益子駅」下車タクシーで約5分

駐車場:ましこ道の駅駐車場 

※2021年のひまわり祭りは中止ですが、会場内に駐車場が設置されます。

まとめ:益子ひまわり畑の2021年開花状況や見頃は?アクセスや駐車場は?

ここでは、益子ひまわり畑の2021年開花状況や見頃、2021年の益子ひまわり祭りの開催可否、ひまわりの品種、アクセスや駐車場について紹介しました。

2021年は、益子ひまわり祭りは開催されないようですが、ひまわりの圧巻の風景は観賞できるようですので、ぜひ絶景をお楽しみください!

おすすめの記事