立山の紅葉
立山の紅葉

富山県の立山黒部アルペンルートは、標高500m〜2450mと標高差があり、紅葉の見頃時期が長く、 室堂平弥陀ヶ原黒部ダム等人気紅葉スポットが点在し見どころ満載です。ここでは、立山黒部の紅葉の見どころやおすすめスポット、2021年見頃時期はいつからいつまでか、混雑状況、アクセス(行き方など)について紹介します。

立山の紅葉の見どころやおすすめスポットは?室堂平弥陀ヶ原 ・美女平・黒部ダム等?

日本でも有数の紅葉の名所がいくつも点在する立山では、短い夏が終わると、標高2,500m地点から、様々な色で燃えるように美しい木々が山頂からふもとへと色づきはじめます。

中でも不動の人気を誇る観光の目玉が、富山県と長野県とを結ぶ世界有数の山岳観光ルート、「立山黒部アルペンルート」です。

立山黒部アルペンルートの紅葉は、北海道の大雪山と並んで日本で最も早く、例年9月中旬から、立山室堂平付近よりスタートします。

大雪山の紅葉については、以下をご参照ください。

「旭岳の紅葉の2021年見頃時期や現在は?ロープウェイの混雑や服装は?」

「黒岳の紅葉の2021年見頃時期や今は?ロープウェイやペアリフトで空中散歩?」

「層雲峡の紅葉の2021年見頃時期や現在は?紅葉谷のライトアップは?」

立山は、様々な種類の交通手段があり、高低差は1,975mもありながら、天空の山脈へ日帰り旅行ができるとあって、紅葉の時期には、多くの観光客が訪れる大人気の紅葉スポットです。

登山の服装や靴でなく、カジュアルな服装や靴でも気軽にアクセスできるところに紅葉スポットがあるのも、立山の紅葉狩りの特徴です。

立山の紅葉は、標高差があるために、様々な場所で時期をずらしながら9月中旬から11月上旬までと長い期間紅葉を楽しめます。

また、立山の紅葉は、ナナカマドやヤマウルシの紅、イワイチョウやミネカエデの黄、そしてハイマツやオオシラビソの緑があざやかなコントラストを描きます。

3000m級の立山連峰の雄大な姿を背景に一面に広がるドラマチックな紅葉の絶景は、一度見たら忘れられない光景です。

立山には、いくつものの紅葉スポットが点在しており、それぞれ見頃が異なるので、どこへ行けばいいの?と悩みますよね!

そこで、いくつかのおススメのスポットを特徴やアクセス、見頃の時期情報を入れて、ご紹介しますね!

立山の紅葉のおすすめスポット

室堂平(むろどうだいら)

立山黒部アルペンルートの中で最も高所、立山黒部アルペンルートの中間に位置する標高2,450mのターミナル、「室堂平(むろどうだいら)」は、立山の中で、一番先に紅葉が始まります。

室堂平では、チングルマ、ナナカマド、イワイチョウなどの鮮やかな赤や黄に、ハイマツの緑が調和する絶景、みくりが池やミドリガ池など美しく神秘的な池と紅葉とのグラデーションで圧巻の紅葉の風景が見られます。

室堂ターミナル直結のリゾートホテル・ホテル立山もあり、ランチや軽食を楽しめるレストラン、売店やお土産屋、アウトドアショップ等充実した設備があります。

室堂平の周辺は、ハイキングコースも整備され、気軽に紅葉狩りを楽しむことができます。

室堂からみくりが池までは、多少の階段はあるものの高低差も少なく、石畳の道で歩きやすい片道20分程の道のりで、みくりが池では立峰をバックに水面が映える美しい光景が見られます。

また、みくりが池から5分程雷鳥沢方面へ少し歩き、エンマ台(地獄谷展望台)まで行くと、迫力ある山々が目前に広がり、室堂ターミナル前やみくりが池から見る景観とは違った絶景が見られるので、少し時間があれば足を伸ばしてみるのがおススメです。

ルートによって、様々な交通手段が整備されていて、 立山室堂ターミナル駅からさほど歩かなくても紅葉が見られるので、気軽に紅葉が見たい観光客に大人気のスポットです。

住所:富山県中新川郡立山町室堂

アクセス:

富山県側からは、富山地方鉄道立山線「立山駅」~立山ケーブルカー、立山高原バス~立山室堂ターミナル駅より徒歩すぐです。

長野県側からは、「扇沢駅(おうぎざわえき)」~関電トンネル電気バス~黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルトロリーバス~立山室堂ターミナル駅より徒歩すぐです。

立山の紅葉のおすすめスポット

弥陀ヶ原(みだがはら)

弥陀ヶ原は、室堂の手前の標高1600m~2100mに位置し、南北2km・東西4kmに渡って広がっている高原地帯です。

弥陀ヶ原はラムサール条約に登録された、国際的にも貴重な湿原です。

珍しい高山植物が咲き乱れ、餓鬼の田園と呼ばれる約3,000湖の水たまりが点在する、たっぷりの水をたたえた池と緑の草原には、ナナカマドやミネカエデなど、赤や黄色、緑のカラフルな色彩に染まる秋の紅葉の景色も絶景です。

そして、条件が整うと、湿原の向こうに広がる幻想的な雲海の景色も見ることができます。

弥陀ヶ原は、湿原保護のため湿地帯には木道が整備されているので散策しやすいルートです。

トレッキングコースは周回コースで、 大回りすれば1時間半~2時間のルートですが、途中で分岐している道に入れば、ショートカットで、40分~1時間程度の小回りで散策することができます。

住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺(あしくらじ)

アクセス:

富山県側からは、富山地方鉄道立山線「立山駅」~立山ケーブルカー、立山高原バス~「弥陀ヶ原」下車後すぐです。

長野県側からは、「扇沢駅(おうぎざわえき)」~関電トンネル電気バス~黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルトロリーバス~立山高原バス~「弥陀ヶ原」下車後すぐです。

立山の紅葉のおすすめスポット

美女平(びじょだいら)

富山県側の立山黒部アルペンルートの玄関口となる美女平(びじょだいら)は、立山ケーブルカーで登った先にあります。

「美女平」は、樹齢数百年の杉の巨木とトリノキ・ミズナラ・ホオノキなどの針葉樹が織りなす原生林で、 紅葉シーズンには、森のなかに整備された遊歩道を紅葉のトンネルが囲みます。

美女平は、バードウォッチングの名所としても知られ、鳥のさえずりに耳を傾けながら、紅葉と森林浴を両方楽しみながら、紅葉のトンネルを歩くことができます。

美女平は女人禁制の霊山伝説が由来の地で、ケーブルカー駅付近の美女杉は、 3回願い事を唱えると恋愛が成就するという伝説がある、恋愛成就のパワースポットとしても知られています。

美女平の標高は1,000mほどで、室堂平や弥陀ヶ原より低い位置にあるので、紅葉シーズンも少し遅めです。

住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林内美女平

アクセス:

富山地方鉄道「立山駅」より立山ケーブルカーで「美女平駅」下車すぐ

<strong> </strong>立山の紅葉のおすすめスポット

黒部ダム

北アルプス・立山連峰を流れる黒部川に造成された黒部ダムは、日本最大級の水力発電用ダムです。

標高1,470mの黒部ダムは、高さ186m、堤長492mという世界でも屈指の規模を誇り、過去には何度も、ドラマや映画の舞台にもなった、日本でも一番有名なダムなのではないでしょうか。

この有名な黒部ダムでは、ダム駅の屋上にある展望台から、エメラルドグリーンの黒部湖面、豪快な放水、そして立山連峰の紅葉を一緒に眺めることができます。

また、黒部ダムでは、毎年6月26日から10月15日まで観光放水が行なわれるので、毎秒10t以上の水が霧状で放水される迫力満点のシーンと、運が良ければ、放水がつくる大きな虹も、紅葉とセットで見られます!

住所: 富山県立山町芦峅寺

アクセス:

富山県側からは、富山地方鉄道立山線「立山駅」~立山ケーブルカー、立山高原バス~立山トンネルトロリーバス~立山ロープウェイ~黒部ケーブルカー~黒部湖より徒歩となります。

長野県側からは、 JR大糸線「信濃大町駅」から 「扇沢駅(おうぎざわえき)」~関電トンネル電気バス~黒部ダムとなります。

立山の紅葉のおすすめスポット

称名滝 (しょうみょうだき)

「称名滝」は、立山山麓にある弥陀ヶ原高原から流れ落ちる日本百名瀑の滝で、70m・58m・96m・126mと上から4段に分かれ、トータルの落差が350mは日本一です。

称名滝は、周囲に群生するブナやナナカマド、ヤマブドウなどの木々が赤や橙色に染まり、4段に折れながら水が流れ落ちる、滝のダイナミックな姿と合わせ、まさに絵になる圧巻の絶景です。

称名滝の荘厳な滝と燃えるような紅葉を見るには、滝見台園地がおすすめです。

称名滝の周辺も紅葉で色付き美しい姿を見せるので、のんびり歩いて立山の息吹を感じてみて下さい!

住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺称名滝

アクセス:

JR「富山駅」から富山地方鉄道立山線「立山駅」~「称名滝行」のバス約20分「称名滝」(称名平駐車場)~徒歩30分(滝見台園地まで) 

※JR「富山駅」から富山地方鉄道「立山駅」まで約1時間5分

立山の紅葉の2021年見頃時期はいつからいつまで?

立山の紅葉の例年の見頃は、以下の通りです。

日本一標高の高い温泉「みくりが池温泉」のある室堂平:9月下旬~10月上旬

弥陀ヶ原:10月上旬~10月中旬

黒部ダム:9月下旬から10月下旬

美女平(びじょだいら) : 10月中旬から10月下旬

称名滝:10月中旬~10月下旬

2021年9月7日現在の立山の紅葉は、 「室堂平」が色づき半ば程度で、イワイチョウの黄色の色づきが始まり、チングルマやナナカマドなどによる赤や橙の色づきは、これからといった状態のようです。

日本で一番早く紅葉が始まる大雪と同様、立山の紅葉もそろそろ始まりです!

立山紅葉の混雑状況や回避法は?

室堂平や黒部ダムなどの立山の紅葉の名所は、紅葉の見頃の時期の週末や休日には確実に混雑します。

立山へは、様々な行きかた、交通手段がありますが、その混雑は、長野や富山の周辺道路、電車やバス、立山黒部アルペンルートのロープウェイ、ケーブルカー、そしてトロリーバスなど、いずれの移動手段でも同様です。

平日も含めて混雑しやすいのは、朝の9時から夕方までの時間帯です。

立山黒部アルペンルートの交通手段は、朝6時台から動いていますので、出来るだけ早朝、他の人が到着する前の朝いちばんに現地に到着するくらいの気持ちで行くと、混雑を回避することができるでしょう。

日本でも有数の紅葉の絶景スポットで、見頃の美しい紅葉を楽しむために、早起きしての現地入りをおススメします!

まとめ:立山の紅葉の2021年見頃時期はいつからいつまで?混雑状況やおすすめスポットは?

ここでは、立山黒部の紅葉の見どころやおすすめスポット、2021年見頃時期はいつからいつまでか、混雑状況、アクセス(行き方など)について紹介します。

「神々が宿る山」として崇められた立山が黄色や赤色に染まる絶景を見に、立山黒部アルペンルートをぜひ訪れてみてください!

おすすめの記事