千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイの紅葉
千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイの紅葉

宝剣岳の直下にある千畳敷カール・中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイは、秋の紅葉の見頃時期になると、雄大な山肌が赤や黄色に彩られる紅葉人気スポットです。ここでは、千畳敷カールの紅葉の見どころ、2021年の紅葉見頃やピーク時期がいつからいつまでか、駒ヶ岳ロープウェイ(料金等)、アクセスや駐車場、おすすめ紅葉ツアーの予約について紹介します。

千畳敷カールの紅葉の魅力や見どころは?東洋一の眺望とは?

千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイの紅葉

中央アルプス・木曽駒ヶ岳のすぐ南に位置する宝剣岳の直下には、紅葉の絶景を観望できる、日本屈指の紅葉の名所「千畳敷カール」があります。

中央アルプスの千畳敷(せんじょうじき)カールは、今から約2万年ほど前の氷河期に氷河の浸食によってできたもので、長野県駒ヶ根市と宮田村にまたがる場所にあります。

畳を1000畳分広げたくらい広い、という意味で 「千畳敷カール」と名付けられたそうです。

氷河が削りとった荒々しい岩肌と、ナナカマドやダケカンバの紅葉が、迫り来るような迫力の絶景を見ることができ、この絶景は、東洋一の眺望とも言われています。

千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイの紅葉

ロープウェイで一気に千畳敷カールまで行けて、下車後すぐ「千畳敷カール」紅葉の絶景を見られるという気軽さから人気がとても高く、ハイシーズン中は大変混雑します。

登山の経験がなくても、標高2,612mの高所に広がるアルプスらしいダイナミックで雄大な山の姿とともに紅葉の絶景を気軽に楽しむことができるので、注目を浴びています。

千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイの紅葉

また、山麓の菅の台バスセンターからはマイカー規制で、バスを使わないと、千畳敷カールの紅葉を見ることはできません。

「しらび平」から千畳敷までは、中央アルプス駒ケ岳ロープウェイで、山腹に広がる紅葉の海のなかを、約950m約7分30秒で駆け上がり、山肌一面が紅葉で赤やオレンジ、黄色に色付く絶景を見降ろしながら、空中散歩を楽しめます。

千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイ

この中央アルプス駒ケ岳ロープウェイから楽しめる、赤、黄、緑の織りなす美しいコントラストは「紅葉が楽しめるロープウェー」(日本経済新聞)の全国1位に選ばれたことがあるほどです。

ロープウェイの終着駅・千畳敷駅に到着すると、もう目の前に、一面の山肌が黄金色に輝く絶景の紅葉を見ることができます。

池に映る逆さ紅葉など、まるで絵葉書のような風景を見ることができます。

一定の気候条件が整えば、千畳敷カールから、雲海も見渡せ、ロープウェイが紅葉の海を駆け上がってくる姿と雲海のセットは絵になりますね!

ロープウェイ山頂駅に併設して、日本一標高が高い(2,612m)ホテルである「ホテル千畳敷」があり、そこを拠点に、1周40分~50分ほどのハイキングコースを散策できます。

このハイキングコース は、ほぼ平坦な道で、体力に自身のない人でも安心です。

千畳敷カールは高山植物の宝庫でもあり、秋を惜しむように咲いた高山植物も一見の価値があります。

遊歩道の途中にある剣ヶ池(けんがいけ)は、宝剣岳付近の山並の眺望を楽しめる絶好の写真スポットです。

秋の澄んだ空気の高い青空に良く映える燃えるように美しい紅葉と山並み、ダイナミックな景色をぜひカメラにおさめてくださいね!

千畳敷カールの紅葉の2021年見頃やピーク時期はいつからいつまで?

千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイの紅葉

千畳敷カールの紅葉の見頃の時期は、例年、9月下旬~11月中旬です。

標高が異なるので、場所によって、紅葉の見頃の時期は、少しずつ異なります。

過去の紅葉のピークを確認すると、大体以下のような時期と予想されます。

千畳敷カール内:9月下旬~10月上旬

ロープウェイ区間:10月上旬~10月下旬

路線バス区間:10月下旬~11月上旬頃

例年、9月上旬に雨が多く振ると、その年の紅葉は美しくなる、という傾向がみられるそうです。

2021年は、9月上旬に雨が多かったようなので、燃えるような美しい紅葉が期待できますね!

千畳敷カールの紅葉スポットには中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ経由で?料金は?

千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイ

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイは、しらび平駅から標高2612mの千畳敷駅まで、東洋一の眺望ともいわれています。

千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイの紅葉

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ

往復料金: 大人(12歳以上)2540円・小人(小学生)1260円

所要時間:7分30秒 ※30分間隔で運行し、利用状況により10分間隔になるなど、臨時便を運行

乗車人数:60名

住所:長野県駒ヶ根市赤穂759-489

電話:0265-83-3107

日によって運行状況が異なりますので、詳細の運行スケジュールは、「中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ」の公式サイトで事前にご確認ください。

千畳敷カールの紅葉時期の混雑状況(平日・休日)や回避法は?

千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイの紅葉

千畳敷カールは、超人気の紅葉観光スポットなので、シーズン中(9月~10月)は激コミです。

それに加えて千畳敷カールはマイカー規制があり、千畳敷カール駒ケ岳に行くためには全員路線バス(30分)を乗り継ぐ必要があるのでかなり混みます。

特に混んでいる時間帯は朝は10時~、午後は1時~です。

千畳敷カール自体は広いので、上ってしまえば、あまり混雑は気になりませんが、バス、ロープウェイという乗り物に乗るために1~2時間待ちということもあり、 ロープウェイ乗り場の「しらび平駅」では長蛇の列になります。

混んでない時期をねらうなら、できれば朝いちばんのバス「早朝」がおすすめです。

9月~10月は朝1便目のバスが7時なので、混むのが嫌だという人はこのバスを目指しましょう!

千畳敷カール(しらび平駅)のアクセスや駐車場(菅の台バスセンター )は?

千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイの紅葉

しらび平駅へはマイカーは進入不可のため、菅の台バスセンターで専用路線バスに乗り換えが必要となります。

路線バス菅の台バスセンター~しらび平の往復料金: 大人(12歳以上)1660円・小人(小学生)840円。

公共機関でのアクセス

JR飯田線駒ヶ根駅から路線バス駒ヶ岳ロープウェイ線しらび平行きで45分、終点下車すぐ(中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイしらび平駅)

車でのアクセス

中央自動車道駒ヶ根ICから車ですぐ(菅の台バスセンター)です。

駐車場

収容台数: 1000台

1日800円

千畳敷カール・中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイの紅葉のおすすめツアーの予約は?

千畳敷カール・駒ヶ岳ロープウェイの紅葉

千畳敷カールへのアクセス方法は複数ありますが、混雑している紅葉のトップシーズンには、効率よく見どころをまわってくれるツアーが便利ですね!

クラブツーリズムでは、添乗員やスタッフがしっかりサポートして、ツアーを紹介してくれます。

バスで行く、列車で行く、出発地もバラエティーに富んだ設定で、宿泊ホテルも様々なランクのホテルから、自分好みのツアーを選べますよ!

クラブツーリズムのツアーで、東洋一の眺望と名高い、千畳敷カールの絶景の紅葉を体験してみてくださいね!

まとめ:千畳敷カールの紅葉の2021年見頃時期は?混雑(平日・休日)回避法やアクセスや駐車場は?

ここでは、千畳敷カールの紅葉の魅力や見どころ、2021年の紅葉見頃やピーク時期がいつからいつまでか、中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ(料金等)、アクセスや駐車場について紹介しました。

東洋でも随一の眺望いわれる、駒ヶ岳ロープウェイから眺める千畳敷カールの紅葉の絶景は必見です 。

ぜひ秋の癒しの旅にお出かけください。

おすすめの記事