小石川後楽園の彼岸花の2022年見頃や開花状況は?アクセスや駐車場や予約は?
小石川後楽園の彼岸花(曼殊沙華)

東京都文京区の東京ドーム隣にある小石川後楽園では、秋の彼岸花(曼殊沙華)の見頃時期になると、稲田、藤棚、梅林周辺で真っ赤な彼岸花(曼殊沙華)が咲き誇ります。ここでは、小石川後楽園の彼岸花の魅力や見どころ、2022年の彼岸花の見頃時期や開花状況、事前予約、アクセスや駐車場について紹介します。

小石川後楽園の彼岸花の見頃や見どころは?

小石川後楽園の彼岸花(曼殊沙華)

秋のお彼岸の時期に咲く、秋の風物詩、彼岸花(ヒガンバナ)は、特徴ある、一度見たら忘れられない独特の真っ赤な花です。

別名「曼殊沙華(まんじゅしゃげ)」や「リコリス」とも呼ばれています。

小石川後楽園の彼岸花(曼殊沙華)

彼岸花、曼殊沙華という名前から、どこか憂いを帯びていて、悲しげなイメージが強い花ですが、花言葉は、「情熱」や「独立」といったアグレッシブな花言葉で、天に向かって真っ直ぐ伸びるその姿は力強く美しいですね。

上から見ると、まるで花火がぱーっと広がっているような華やかな形をしています。

実は、彼岸花の品種は30種類以上もあり、赤色だけでなく白や黄色の花を咲かせることもあります。

「小石川後楽園」は、水戸黄門の御屋敷として造られ、“特別名勝”と“特別史跡”の指定を合わせて受けている、全国的にとても珍しい庭園です。

庭園のとても立派な門構えが、御屋敷の雰囲気を高めます。

東京ドームのすぐそばにありながら、中に入ると、ここが都心であることを忘れさせてくれるような美しい自然とよく管理された庭園の景色が広がっています。

小石川後楽園の彼岸花(曼殊沙華)

小石川後楽園 では、文京区のシンボルともいえる東京ドームや文京シビックセンターをバックに、美しく咲いた彼岸花を鑑賞することができます。

また、園内には田んぼもあり、黄金色の稲穂が風に揺れ、いかにも秋を感じる景色が広がっています。

小石川後楽園の彼岸花は、愛宕坂を下った辺りの斜面、この水戸黄門の案山子に見守られて、文京区内の小学生が田植え・稲刈りする稲田、水戸偕楽園里帰りの梅のある梅林、園路からは少し遠い藤棚下など、いたるところに咲いています。

庭園の池の水面には、近くのビル群が映り、内庭にはサギが佇んいるのも見られます。

小石川庭園は、彼岸花以外の見どころもたくさんあり、遠くに見える借景と合わせて、思わずカメラを向けてしまう風景がそこここに広がります。

初秋の小石川後楽園のあちこちに咲く彼岸花を探しながら、ゆったりと散策するのがおススメです!

小石川後楽園の彼岸花(曼殊沙華)

小石川後楽園では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、令和3年6月4日(金)から当面の間、整理券予約システムを導入していましたが、現在は予約なしで入場できます。

引き続き、感染症対策を行いながらご利用ください。混雑時には入園制限を行うようです。

小石川後楽園

 開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

 休園日:年末年始(12月29日~翌年1月1日まで)

 入園料:一般300円 65歳以上150円  ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

 団体(20名以上):一般240円 65歳以上120円

 年間パスポート:一般1200円 65歳以上600円

小石川後楽園の彼岸花の2022年見頃や開花状況は?

小石川後楽園の彼岸花(曼殊沙華)

小石川後楽園の彼岸花の例年の見頃は、 9月中旬~9月下旬です。

彼岸花は、気温が下がると咲き始めるため、残暑が厳しい年は、彼岸花の開花や見頃は遅くなります。

生育する場所によって成長のスピードがまちまちですが、2022年9月7日現在、神田上水跡と梅林で、花芽が上がってきました。これからどんどん咲き始めると思われます。

見頃は9月中旬~9月下旬頃と予想されます。例年通り、10月上旬ごろまでは楽しめるのではないでしょうか。混みあいますので、平日がお勧めかもしれません。

小石川後楽園の事前予約やアクセスや駐車場は?

小石川後楽園の彼岸花(曼殊沙華)

小石川後楽園は、2021年は新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、入場整理券の予約をインターネットで行っていました。現在は整理券の予約は必要なく、スムーズに入場することが出来ます。

引き続き、感染症対策を行いながらのご利用に、ご協力ください。

小石川後楽園

住所:〒112-0004  東京都文京区後楽1-6-6

電話:03-3811-3015

開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

入園料:一般300円 65歳以上150円  ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

団体(20名以上)一般240円 65歳以上120円

アクセス

車でのアクセス

首都高速神田橋ランプから3.5km

公共交通機関でのアクセス

■東門

JR総武線「水道橋」(JB17)西口から徒歩5分

JR総武線「飯田橋」(JB16)東口から徒歩8分

東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」(M22 / N11)2番出口から徒歩6分

都営三田線「水道橋」(I11)A2出口から徒歩8分

■西門

都営大江戸線「飯田橋」(E06)C3出口から徒歩3分

JR総武線「飯田橋」(JB16)東口から徒歩8分

JR総武線「水道橋」(JB17)西口から徒歩8分

東京メトロ東西線・有楽町線・南北線「飯田橋」(T06 / Y13 / N10)A1・A3出口から徒歩8分

東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」(M22 / N11)1番出口・2番出口より徒歩8分

駐車場:なし ※周辺の有料駐車場を利用

まとめ:小石川後楽園の彼岸花の2022年見頃や開花状況は?アクセスや駐車場や予約は?

ここでは、小石川後楽園の彼岸花の魅力や見どころ、2022年の彼岸花の見頃時期や開花状況、事前予約、アクセスや駐車場について紹介します。

東京都内の彼岸花の穴場スポット、小石川後楽園を訪れて、秋の癒し散歩を楽しんでください!

おすすめの記事