栂池自然園の紅葉の2021年見頃時期や混雑は?アクセス(ロープウェイ)や駐車場は?
栂池自然園の紅葉

長野県小谷村の栂池自然園(つがいけしぜんえん)は、日本有数の高層湿原で、紅葉の見頃時期になると、草紅葉やダケカンバの黄色、ナナカマドの赤色等鮮やかに染まります。ここでは、栂池自然園の紅葉の魅力や見どころ、 2021年の栂池自然園紅葉祭りの開催有無、紅葉の2021年見頃時期、混雑状況や回避法、アクセス(ロープウェイ)や駐車場を紹介します。

栂池自然園の紅葉の魅力や見どころは?2021年の紅葉祭りの開催は?

栂池自然園の紅葉

栂池自然園は、長野県北安曇郡の栂池高原、標高1,900メートルの場所にある自然公園です。

栂池自然園には、日本有数の高層湿原があり、約5.5キロの遊歩道からは、見事な黄金色に輝く草紅葉(クサモミジ)や、ダケカンバの黄色、ナナカマドの赤、常緑のオオシラビソが、色鮮やかな、メリハリのある紅葉風景が見られます。

栂池自然園の紅葉

山頂に初冠雪があると、 つがいけロープウェイからは、白馬三山の雪・紅葉・緑の三段紅葉の絶景が楽しめます。

栂池自然園の紅葉

栂池自然園は、夏を彩ったワタスゲやニッコウキスゲなどは黄色くなります。

また、チングルマや低木のツツジの仲間は赤く染まります。

黄色と赤に、笹の緑が入って、色鮮やかな絵画のような見事な庭園を作り出します。

足元が黄金色の絨毯のような色になった湿原、少し目線をあげれば、緑色の高い木々、そして、真っ青な空にそびえる北アルプスの組み合わせは、湿原の紅葉の始まりのすがすがしい光景です。

栂池自然園の紅葉が進むと、湿原と周りの木々は、赤色のナナカマド・黄色のダケカンバ・緑色のオオシラビソ、そしてツツジやカエデなど様々な木々の紅葉が混ざり合い、複雑でありながら目の覚めるような色鮮やかな色合い光景が見られます。

栂池自然園の紅葉

背景には、それだけでも絵になる白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳の「白馬三山」があります。

白馬三山をバックに、紅葉と秋の澄んだ高い青空のコラボレーション絶景は、まさに息をのむほどの美しいものです。

栂池自然園のこの絶景を見るためには、 栂池高原からつがいけロープウェイ(ゴンドラ+ロープウェイ)を乗り継いで行きます。

中部山岳国立公園の環境保護のため、一般乗り入れが禁止されているからです。

このつがいけロープウェイから見える紅葉も空中散歩で楽しめます。

栂池自然園に到着したら、自分の体力や目的に応じて、一周約5.5kmの遊歩道をコースを選んで歩いてみましょう!

栂池自然園の紅葉

みずばしょう湿原コース:行程距離:約1km 往復時間:約1時間
みずばしょう湿原をぐるりと回るバリアフリー木道と起伏のないコースで、小さなお子様やご年配の方でもOKなコース

わたすげ湿原コース:行程距離:約2km 往復時間:約1時間30分
みずばしょう湿原から少し足を延ばし開けた湿原が広がるわたすげ湿原へ行くのんびりとした牧歌的な雰囲気が楽しめるコース

浮島湿原コース:行程距離:約3km 往復時間:約2時間30分
木道以外の山道や登りもあるコースなので、トレッキングの準備が必要です。

展望湿原コース:行程距離:約5.5km 往復時間:約3時間30分
ゆっくり時間を取って園内を一周するコース。

栂池自然園では、毎年紅葉の見頃のシーズンに「栂池自然園紅葉祭り」が行われ、小谷村の特産品の販売や甘酒、きのこ汁のふるまいなどが行われていました。

残念ながら、2021年の栂池自然園紅葉祭りの開催はありません。

その代わり、以下の日程で、「栂池自然園 紅葉ウィーク」が開催されます。

「栂池自然園 紅葉ウィーク」

開催期間:2021年9月25日(土)~10月3日(日)

開催内容:

♦つがいけロープウェイ〜ゴンドラdeルーレット
オリジナルのカシオGショックや宿泊補助券が当たる!
♦各協力施設等でのおもてなし
秋の味覚などをご用意しています。
♦限定1組!栂池自然園プレミアムツアーの実施
栂池山荘に1泊。観光連盟職員が全行程同行し、星空観察やロープウェイ運行前の栂池自然園のハイキングを楽しみます。
♦9/25(土)先着200名に観光連盟のオリジナルウエットティッシュまたはアルプスミネラルウォーターをプレゼント!

栂池自然園の紅葉は、登山ではなく、遊歩道の散策で見られますが、たくさん歩くことにはなりますので、出来るだけ履きなれた、歩きやすい靴でお出かけくださいね。

また、標高が高いので、平地よりだいぶ気温は下がります。

防寒対策もしっかりして、体調をくずさないように、紅葉の絶景をたのしんでくださいね!

栂池自然園の紅葉の2021年見頃時期は?混雑状況や回避法は?

栂池自然園の紅葉

栂池自然園の紅葉の見頃は、例年9月下旬-10月上旬です。

その年の気候などにより多少の前後はしますが、ここ数年の紅葉の様子を調べてみても、大体このくらいの時期に見頃を迎えているようです。

2021年の栂池自然園の紅葉の見頃は、ピークが10月2日頃〜と予想されています。

落葉が10月12日頃~と予想されていますので、まだまだ栂池自然園の紅葉は楽しめそうです。

紅葉の見頃のシーズンは、大変多くの観光客で大変混みあいます。

特に週末ともなると、ゴンドラやロープウェイの待ち時間が1時間というような状況になり、栂池高原から栂池自然園まで2時間以上かかることもあります。

2021年は、ソーシャルディスタンス確保のため、ゴンドラやロープウェイでは人数制限も実施されているので、混雑を避けるためには、出来るだけ平日に訪れることをおススメします。

もし週末にお出かけの際には、出来るだけ早い時間、始発に乗るつもりで現地に到着するように行くことを推奨です!

栂池自然園の紅葉スポットのアクセス(つがいけロープウェイ等)や駐車場は?

栂池自然園の紅葉

栂池自然園

住所:〒399-9422長野県北安曇郡小谷村栂池高原

電話:0261-82-2233

栂池自然園入園料:大人320円 子供(小学生)260円

アクセス:

車でのアクセス

東京から
♦関越・上信越ルート 約3時間40分
関越自動車道藤岡JCT上信越自動車道長野IC国道18号線白馬長野オリンピック道路国道148号線
♦中央道ルート 約4時間
中央自動車道岡谷JCT長野自動車道安曇野IC国道147号線・国道148号線

大阪から
♦中央道ルート 約5時間30分
名神高速道路小牧JCT中央自動車道岡谷JCT長野自動車道安曇野IC国道147号線・国道148号線
♦北陸道ルート 約6時間30分
名神高速道路米原JCT北陸自動車道糸魚川IC国道148号線

名古屋から
♦約3時間30分
名古屋高速道路小牧JCT中央自動車道岡谷JCT長野自動車道安曇野IC国道147号線・国道148号線

北陸方面から
♦金沢から約2時間
北陸自動車道糸魚川IC国道148号線

駐車場:栂池高原内中央駐車場(400台) ※中央駐車場が満車の場合は、第一駐車場(150台・無料)・第二駐車場(300台・無料)も利用可能

駐車場料金: 栂池高原内中央駐車場 1日500円 

電車でのアクセス

東京から
♦長野新幹線利用 約3時間
東京駅ー長野新幹線ー長野駅ー特急バスー栂池高原
♦特急あずさ利用 約4時間30分
新宿駅ー特急あずさー南小谷駅ータクシー・バスー栂池高原

名古屋から
♦約4時間
名古屋駅ー特急しなのー松本駅ーJR大糸線ー白馬駅ータクシー・バスー栂池高原

大阪から
♦約5時間40分
大阪駅ー特急サンダーバードー金沢駅ー北陸新幹線ー糸魚川駅ーJR大糸線ー南小谷駅ー栂池高原

バスでのアクセス

東京から
♦新宿~白馬・栂池線(約5時間25分)
新宿BTー高速バスー白馬駅ーバス 他ー栂池高原

長野から
♦長野~白馬・栂池・白馬乗鞍線(約1時間35分)
長野駅ー特急バスー栂池高原

つがいけロープウェイ(ゴンドラ+ロープウェイ)

※中部山岳国立公園の環境保護のため、栂池自然園への一般乗り入れは禁止

パノラマウェイ利用料金

グリーンシーズン営業期間:2021年6月12日(土)~10月24日(日)

往 復(入園料込):大人3700円 子供(小学生)2100円

往 復(入園料なし):大人3380円 子供(小学生)1840円

片 道(入園料なし):大人2000円 子供(小学生)1100円

自然園入口までの所要時間:ゴンドラ約20分+乗り換え200m+ロープウェイ約7分+入口まで約500m

まとめ:栂池自然園の紅葉の2021年見頃時期や混雑は?アクセス(ロープウェイ)や駐車場は?

ここでは、栂池自然園の紅葉の魅力や見どころ、 2021年の栂池自然園紅葉祭りの開催有無、紅葉の2021年見頃時期、混雑状況や回避法、アクセス(ロープウェイ)や駐車場を紹介しました。

栂池自然園の常緑のオオシラビソの緑、ナナカマドやダケカンバの紅葉、雪が積もる山々のコラボレーションをぜひお楽しみください!

おすすめの記事