逢妻女川・豊田市の彼岸花の2021年見頃は?駐車場やアクセスは?
逢妻女川の彼岸花(曼殊沙華)

豊田市南西部の逢妻女川 (あいづまめがわ) の天王橋から男橋間約450mの両岸の土手が、お彼岸の見頃時期になると、真っ赤な彼岸花に見事に染まります。ここでは、逢妻女川・豊田市の彼岸花の魅力や見どころ、例年の彼岸花の見頃時期や2021年の現在の状況、アクセスや駐車場について紹介します。

逢妻女川(豊田市)の彼岸花の魅力や見どころは?

逢妻女川の彼岸花(曼殊沙華)

東海地方には、岐阜県海津市の津屋川や愛知県半田市の矢勝川等、魅力的な彼岸花の名所があり、多くの人々を魅了します。

津屋川と矢勝川の彼岸花の名所についても、以下の通りまとめてありますので、宜しければご覧ください!

「津屋川の彼岸花の2021年開花状況や見頃は?アクセスや駐車場は?」

「矢勝川の彼岸花の2021年見頃や開花状況は?アクセスや駐車場は?」

愛知県豊田市にも、河川敷や堤防を真っ赤に染める彼岸花の光景を楽しめる彼岸花の名所、逢妻女川(あいづまめがわ)があります。

一見の価値がある彼岸花名所のひとつで、豊田市南西部を流れる逢妻女川の天王橋(丸根町)から男橋(宮上町)間、約450mの両岸の土手で彼岸花の群落が咲き誇ります。

秋の彼岸ごろに開花することから彼岸花と呼ばれ、リコリス、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の異名でも知られます。

自動車工業の街というイメージが非常に強い豊田市ですが、市街地にほど近い住宅街の川の両岸が真っ赤に染まり、毎年豊田市内外の多くの人々がこの場所を求めて訪れています。

逢妻女川に架かる宮上町の男橋から、上流の天王橋の両岸約500メートルが、彼岸花で一面赤く染まっていました。

真っ赤に染める色鮮やかな光景は見事で、まるで堤防に深紅な絨毯を敷いたような、幻想的な世界です。

1996年(平成8年)、 宮口上自治区の 地元有志が集う「逢妻女川彼岸花育成会」により、彼岸花の植え付けがスタートして、球根の植栽を始めました。

途中から豊田市の「わくわく事業」補助金も加わったことから活動が広がり、今日まで草刈りと球根の補植を続けて、現在では200万本以上の彼岸花が植えられています。

目指すは、300万本の彼岸花だそうです。

彼岸花の茎部分がは凛として美しい緑で、彼岸花の花の鮮やかな赤色とのコントラストが見事です。

真っ赤に埋め尽くされた彼岸花が、訪れる人々を圧倒します! 

真っ赤な彼岸花がメインですが、あちらこちらに白い彼岸花も咲いていて、きれいなアクセントになっています。

逢妻女川の彼岸花(曼殊沙華)

逢妻女川の彼岸花付近の工事の影響により、2021年は道案内の看板等は出さないそうです。

また、2021年は「茶席」などは、残念ながら中止になるとのことです。

マスクの着用・密を避けて、コロナ対策をしながら鑑賞を楽しみましょう!

逢妻女川(豊田市)の彼岸花の2021年見頃は?

逢妻女川の彼岸花(曼殊沙華)

逢妻女川(豊田市)の彼岸花の例年の見頃は、 9月中旬~10月上旬です。

もちろん、逢妻女川(豊田市)の彼岸花の例年の見頃時期は、その年の気候状況により前後します。

2020年は、猛暑の影響で、彼岸花の開花は遅くなり、見頃は10月上旬となりました。

2021年の彼岸花の現在の状況は、9月15日に彼岸花の芽が出始め、2021年9月24日現在見頃を迎えています。

まだ彼岸花の蕾もあり、2021年10月上旬ませ彼岸花の絶景を楽しむことができるでしょう。 

逢妻女川(豊田市)のアクセスや駐車場は?

逢妻女川の彼岸花(曼殊沙華)

所在地:  〒471-0038 豊田市宮上町6丁目

電話番号: 090-1749-7711(逢妻女川彼岸花育成会)

開催場所: 逢妻女川(天王橋~男橋)

アクセス

電車でのアクセス

名鉄三河線豊田市駅下車 名鉄バス 赤池駅行き「宮上町」下車後、徒歩5分です。

車でのアクセス

東名豊田ICから車で約15分です。

彼岸花の咲いている土手沿いの農道まで車を乗り入れると、道幅が狭い上に通り抜けも出来ないようになっていますので注意してください。

駐車場: 臨時駐車場あり

駐車場は、臨時に町内会の建物前と近所の公園停めることが出来ます。

2021年周辺道路の工事・通行止めがあるようですが、彼岸花「臨時駐車場」は、例年通り利用できるそうです。 

まとめ: 逢妻女川(豊田市)の彼岸花の2021年見頃は?駐車場やアクセスは?

ここでは、逢妻女川・豊田市の彼岸花の魅力や見どころ、例年の彼岸花の見頃時期や2021年の現在の状況、アクセスや駐車場について紹介しました。

逢妻女川の両岸に咲き誇る、彼岸花の赤いカーペットの絶景をぜひお楽しみください!

おすすめの記事