山形蔵王の紅葉の2021年見頃時期や現在は?アクセス(ロープウェイ)や駐車場は?
山形蔵王の紅葉

山形県の蔵王では、紅葉の見頃時期になると、地蔵山山頂から蔵王温泉街付近に次第に色づき、蔵王ロープウェイから眼下に紅葉の大パノラマを楽しむことができます。ここでは、山形蔵王(山頂から蔵王温泉街付近)の紅葉の見どころやおすすめスポット、2021年の見頃時期や現在、蔵王ロープウェイの運行、蔵王温泉のアクセスや駐車場について紹介します。

山形蔵王(山頂から蔵王温泉街付近)の紅葉の見どころや魅力は?

山形蔵王の紅葉

「蔵王」は、蔵王連峰という山々の集まりの総称を指し、 東北の中央を南北に走る奥羽山脈に属している、日本百名山の一座に数えられている名峰です。

宮城県と山形県の県境に位置していて、宮城県側の部分は「宮城蔵王」、山形県側の部分は「山形蔵王」と呼ばれます。

それぞれ、秋には紅葉の名所としても人気があり、標高によって色づく時期が異なることから、頂上付近から麓にかけて山の彩りが変化する様を約1ヶ月に渡る長期間楽しめるのが魅力です。

山形蔵王の紅葉

山形蔵王の蔵王温泉には2つのロープウェイがありますが、それぞれ時期によって、景色の表情が違う素晴らしい紅葉を楽しめるスポットがあるので、ご紹介しますね!

1つめは、「蔵王中央ロープウェイ」です。

蔵王温泉バスターミナルの中にある観光案内所から、蔵王中央ロープウェイまでは徒歩5分です。

「蔵王中央ロープウェイ」は、総延長1,787m、蔵王温泉にある温泉駅と鳥兜駅を所要時間7分30秒で結んでいる101人乗りの大型ゴンドラです。

真下に蔵王温泉街、遠くに山形盆地などを眺めながら、524mの高低差を登り、標高1387mの鳥兜山頂まで行くことが出来ます。

標高差があるので、上に登るにつれ、少しずつ紅葉が色づいている様を眺めながらのロープウェイの旅です。

天気が良ければ遠方には、月山や朝日、飯豊、吾妻連峰と山形を代表する山々を一望でき、360度の大パノラマを楽しめます。

鳥兜駅に着いたら、今度は、中央第1リフトに乗り継ぎ、風を感じながら、目の前に広がる、爽快な紅葉風景と蔵王の山々を楽しみましょう。

赤や黄色、緑の色鮮やかな紅葉の上を、リフトで空中散歩しながら進みます。

リフトを降りて、標識に従って50mほど下ると、紅葉スポットである「ドッコ沼」につきます。

山形蔵王のドッコ沼の紅葉

ドッコ沼は、周囲約350m、水深2m、沼底から湧き出る水は枯れることがないと言われている沼で、水の色は、透き通ったエメラルドグリーンです。

風がなければ、ドッコ沼の綺麗な水にうつる紅葉も楽しむことができます!

山形蔵王のドッコ沼の紅葉

また、ドッコ沼の周辺には、木製のベンチやテーブルが設置されており、紅葉で色付くブナ林の中で、木漏れ日を浴びながらのんびり紅葉狩りが楽しめます。

山形蔵王の紅葉

ドッコ沼周辺は、蔵王中央高原といい、約2時間ほどかけて散策路をまわってハイキングすることもできます。

蔵王中央ロープウェイ」は、じゃらん体験ネットで、事前予約が可能です!

「【展望台から蔵王を一望】 7分30秒の空中散歩*四季折々の大自然を鳥兜山頂から眺めよう*夏は蔵王トレッキングがおすすめ♪ \\女性同士・ファミリー・カップルに人気//のプラン」

予約可能日:2021年06月12日~2021年11月07日

料金:大人(中学生以上)往復:1500円 小学生 往復:750円 未就学児無料

蔵王中央ロープウェイ 事前予約

2つめは、「蔵王ロープウェイ」です。

山形蔵王のロープウェイ

蔵王温泉バスターミナルの中にある観光案内所から、 、蔵王ロープウェイまでは徒歩10分です。

蔵王ロープウェイは、蔵王山麓駅~樹氷高原駅間は「山麓線」樹氷高原駅~蔵王地蔵山頂駅間は「山頂線」という2つのロープウェイを乗り継ぎ、「蔵王中央ロープウェイ」より高い地点まで登れます。

まずは、53人乗りの山麓線で、標高300mほどのところにある樹氷高原駅まで、更に18人乗りの山頂線で、標高1,661mの地蔵山頂駅まで上れます。

ロープウェイからは、冬になるとスノーモンスター、樹氷となる木々や、色とりどりに染められた紅葉の海のような光景が見られ、その上を駆け上がっていくようです。

樹氷高原駅で降りて南東方向へ2、30分歩くと、紅葉スポットである「いろは沼」へと辿り着きます。

山形蔵王のいろは沼の紅葉

木道が整備され、秋らしく色付いた湿地帯をのんびりと散策することができますよ!

地蔵山頂駅まで行けば、建物の屋上が、展望台になっていて、とても見晴らしよく周囲の風景を眺めることができます。

標高の違いによって、紅葉の色の違いを体験できます。

蔵王の紅葉のシーズンには、上に登ると想像よりずっと寒いので、天気が良い日でも、麓の気温が温かくても、必ず防寒対策をしっかりしてからロープウェイに乗りましょう!

秋の高い、澄んだ青空と、広々した空間に広がる、赤、黄色、緑のカラフルな紅葉のコラボレーションを、ふたつのロープウェイ両方に乗って、ぜひ体験してみてくださいね!

山形蔵王の紅葉

山形蔵王(山頂から蔵王温泉街付近)の紅葉の例年の見頃時期や2021年現在の状況は?

山形蔵王の紅葉

山形蔵王の紅葉は、標高の違いによって、見頃が大きく変わります。

山頂付近が色づき始めてから、蔵王中高高原、ドッコ沼付近の見頃までに1か月くらい時期がずれます。

例年の見頃は、9月下旬~11月上旬くらいですが、その年の気候によっても多少のずれがあります。

山形蔵王の紅葉

2021年9月24日現在、山形蔵王の紅葉は、地蔵山付近でミネザクラやオオカメノキが見頃をむかえていますが、多くの木々は色づき始めです。

1400m付近のいろは沼周辺も、少しずつ色づき始めています。

2021年の山形蔵王の紅葉は、例年通り、10月中旬~下旬くらいが見頃で、11月上旬くらいまで楽しめそうと予想されます!

全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約【skyticketレンタカー】

蔵王温泉のアクセスや駐車場は?蔵王ロープウェイの運行は?

山形蔵王の紅葉

蔵王中央ロープウェイ

住所:〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉940-1

電話:023-694-9168

料金:

蔵王中央ロープウェイ「温泉駅~鳥兜駅」 

大人(中学生以上)往復1500円 片道800円 小学生 往復750円 片道400円 ペット 往復500円 片道300円

中央第1リフト

大人(中学生以上)往復500円 片道300円 小学生 往復250円 片道150円 

※リフト乗車の際、小学3年生以下は、高校生以上の付添人が必要

ロープウェイ営業時間:

4月1日~10月31日 8:30~17:00 

11月1日~12月20日 8:30~16:00 

12月21日~3月31日 8:15~17:00

土・日・祝、年末年始は、 8:00~17:00 営業。

アクセス:

車でのアクセス

山形「蔵王」IC−国道286号−県道167号−県道53号−県道21号−県道53号−蔵王中央ロープウェイ「温泉駅」

公共交通機関でのアクセス

山形駅からバスで40分(蔵王温泉バスターミナル下車、徒歩)

山形空港からバスで約1時間20分

駐車場:約100~150台 平日無料

駐車場料金:1,000円/1日(普通車)、3,000円/1日(マイクロバス)、4,500円/1日(大型バス) ※土日祝のみ有料

蔵王ロープウェイ

住所:〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉229-3

電話:023-694-9518

料金:

蔵王ロープウェイ「 山麓線 :樹氷高原駅まで」 

大人(中学生以上)往復1500円 片道800円 小学生 往復800円 片道400円 

蔵王ロープウェイ「 山頂線 :地蔵山頂駅まで」

大人(中学生以上)往復3000円 片道1500円 小学生 往復1500円 片道800円 

ロープウェイ営業時間:8:30~17:00(変更の場合あり)

アクセス:

車でのアクセス

山形自動車道「山形蔵王IC」から車で約30分

東北自動道「山形上山IC」を降りて約20分

公共交通機関でのアクセス

山形駅からバスで40分(蔵王温泉バスターミナル下車、徒歩)

山形空港からバスで約1時間20分

駐車場:約200台 平日無料

駐車場料金:1,000円/1日(普通車) ※土日祝のみ有料

まとめ:山形蔵王の紅葉の2021年見頃時期や現在は?アクセス(ロープウェイ)や駐車場は?

ここでは、山形蔵王(山頂から蔵王温泉街付近)の紅葉の見どころやおすすめスポット、2021年の見頃時期や現在、蔵王ロープウェイの運行、蔵王温泉のアクセスや駐車場について紹介しました。

蔵王の山頂から次第に色づき始めるの美しい紅葉グラデーションは圧巻ですので、蔵王ロープウェイからの壮大な空中散歩による大パノラマをぜひお楽しみください!

おすすめの記事