曽爾高原のススキの見頃や2021年現在やライトアップは?駐車場やアクセスは?
曽爾高原のススキ

奈良県の 倶留尊山(くろそやま)のふもとに広がる曽爾高原(そにこうげん)は、ススキが見られるハイキングの名所(無料)で、見頃時期には、夕陽を浴びて黄金色に輝きます。ここでは、曽爾高原のススキの魅力や見どころ、2021年のライトアップ、ススキの見頃や2021年現在の状況、アクセスや駐車場について紹介します。

曽爾高原のススキの魅力や見どころは?ライトアップは?

曽爾高原のススキ

奈良県と三重県との県境に位置する曽爾高原(そにこうげん)は、関西のススキの名所として知られる絶景スポットです。

曽爾高原のススキ

大阪から車で約1時間50分、名古屋から車で約2時間40分、日本百名山のひとつである俱留尊山(くろそやま)から、亀の背に似た亀山を結ぶ西麓に広がる高原で、約40ヘクタールという広大な山の斜面が、一面ススキに覆われています。

曽爾高原のススキ

曽爾高原のススキは、見頃が長く薄紫色のススキが、ふわふわと白い穂に姿を変え、美しい黄金色に染まっていくまで、2か月ほども楽しめます。

曽爾高原のススキ

ススキの見頃のシーズンになると、昼間は、太陽の光を浴びて、銀色に輝くススキのじゅうたんとなり、日暮れ前には夕陽を浴びて黄金色に染まる一面のススキ野原が見られるようになるので、昼間と夕暮れで異なるススキの風景を楽しめるのです。

曽爾高原のススキ

高低差のある草原一面に広がるススキのじゅうたんは想像以上の絶景で、大人の身長ほどもあるススキ野原の中の小道は、まるでススキの迷路です。

おとぎ話の世界に迷い込んだような、不思議な感覚を味わえます。

秋風にしなやかに揺れるススキが、銀色や黄金色に輝く様子は、いつまで眺めていても飽きない美しい風景で、心癒されます。

曽爾高原では、ハイキングを楽しみましょう!

曽爾高原から、亀山峠(かめやまとうげ)までの道は、木道が整備され、約20分のルートなので、子供連れのご家族や初心者にもおすすめです。

曽爾高原のススキ

歩きながら、振り返れば、すり鉢のような高原の谷間に、「お亀伝説」が残るお亀池が見え、曽爾高原をぐるりと見渡すことができますよ!

曽爾高原では、毎年ススキの見頃の時期に、曽爾高原近くにある池、「お亀池」の周囲900mを囲むように200本の灯篭が立ち、幻想的な風景が楽しめる「曽爾高原山灯り」が行われます。

「曽爾高原山灯り」

開催日時:2021年9月11日(土)~11月23日(火・祝) 夕暮れ~21時

日の光ではなく、灯篭の灯りに映し出されるすすきもまた、とてもムードがあって昼間とは違う魅力です。

曽爾高原のススキのライトアップ

駐車場から灯篭で照らされたススキのポイントまでは、日が暮れると真っ暗になります。

また日没後には、気温も下がって一気に寒くなるので、懐中電灯と防寒対策の上着は必須アイテムです!

ススキの見頃の時期、特に天気の良い週末には、曽爾高原は大変混みあいますが、暗くなる前に帰宅する人は多いので、ライトアップ目的ならば、思い切って19時くらいに到着すれば、夜のすすきをゆっくり人混みを避けて楽しめるかもしれません。

曽爾高原のススキのライトアップ

ただ、バスの最終便は、15時半くらいなので、公共交通機関では山灯りを見ることはできませんので、ご注意くださいね!

逆に、公共交通機関で行こうと計画されている方にお得な情報があります!

毎年すすきのシーズンになると近鉄で発売される「曽根高原すすき散策きっぷ」です。

これは、近鉄電車やバスの乗車券などがセットになったパックで、電車の乗車券で30%、バスで20%程度お得になるので、絶対に要チェックです!

乗車駅から名張駅までの往復割引乗車券(特急券は別途必要)、名張駅前から曽爾高原までの三重交通直通バス往復割引乗車券、曽爾高原温泉・お亀の湯の入浴割引券、ファームガーデンでビールやドリンクと交換できる引換券がセットになった、とってもお得なチケットです。

「曽爾高原散策きっぷ」は、近鉄電車の主要駅の窓口で購入できます。

※2021年は、9月1日(水)から11月30日(火)まで販売

詳細は、近鉄の公式サイトでご確認くださいね!

曽爾高原のススキは、散策用の特別きっぷが販売されるほどの場所なので、ピーク時の混雑は避けられません。

特に天気の良い週末には、混みあいますので、朝9時までには現地に到着するように出発することをおススメします。

曽爾高原のススキ

また、夕暮れの黄金色に染まるススキの絶景を目的に訪れる人も多いので、約150台ほど停められる曽爾高原の駐車場も、車を停めるだけで1~2時間待ちになることもあります。

渋滞があまりにひどい場合は、ゆっくり歩けば30分ほどかかりますが、曽爾高原ファームガーデンの駐車場に車を停めて歩いて向かう方が早いかもしれません。

曽爾高原でハイキングをしながら、ススキの絶景を楽しんだら、「曽爾高原ファームガーデン」の敷地内にある日帰り温泉施設の「お亀の湯(おかめのゆ)」で、旅の疲れと冷えた体を温め、いやすことができます。

お亀の湯は、泉質がナトリウムー炭酸水素塩温泉なので、お肌が「しっとりする」と評判の美人の湯です。

ススキの絶景の後には、「鎧岳」「兜岳」が眺められる絶景の露天風呂は、絶対おすすめの穴場の温泉スポットなので、是非立ち寄ってみてくださいね!

曽爾高原のススキの見頃や2021年現在は?

曽爾高原のススキ

曽爾高原のススキ例年の見ごろは、9月下旬~11月下旬です。

曽爾高原のススキ

曽爾高原のススキは、例年、以下のように変化していきます。

9月中旬~10月初旬=>穂の色【薄紫色】

10月初旬~11月初旬=>穂の色【銀色の穂】

11月10日~11月末=>穂の色【葉がすべて枯れ、黄金色の穂】

2021年10月10日現在、曽爾高原のススキは、ちょうど銀色になってきています。

例年通り、2021年も11月末頃までは、銀色や黄金色に輝くすすきを楽しめそうです!

曽爾高原のススキのアクセスや駐車場は?

曽爾高原のススキ

曽爾高原

住所:奈良県宇陀郡曽爾村太良路

電話:0745-94-2106(曽爾村観光協会)

アクセス

車でのアクセス

西名阪自動車道針ICから約50分

名阪国道針I.Cから車で50分(宇陀市榛原区経由)

名阪国道上野I.Cから車で60分(県道名張曽爾81号線経由)

駐車場:約150(有料:800円/1日)

公共交通機関でのアクセス

近鉄 名張駅前[山粕西行き]⇒太良路下車 徒歩約50分

近鉄 名張駅前[曽爾高原行き]⇒曽爾高原下車 徒歩約20分

まとめ:曽爾高原のススキの見頃や2021年現在やライトアップは?駐車場やアクセスは?のススキの見頃や2021年現在は?アクセスや駐車場は?

ここでは、曽爾高原のススキの魅力や見どころ、2021年のライトアップ、ススキの見頃や2021年現在の状況、アクセスや駐車場について紹介しました。

約40ヘクタールある曽爾高原がススキで覆われ、昼間の光に照らされ銀色の波となり、夕陽を浴びて黄金色に輝く絶景をぜひお楽しみください!

おすすめの記事