曼殊院の紅葉の2021年見頃時期やライトアップは?混雑やアクセスや駐車場は?
曼殊院の紅葉

京都市左京区の京都曼殊院門跡は、紅葉の見頃時期、 白壁と石垣の間に連なる紅葉やライトアップされた枯山水庭園の紅葉等、魅力的あ見どころがあります。ここでは、曼殊院の紅葉の見どころ、2021年のライトアップ予定、紅葉の見頃時期や2021年現在の状況、混雑状況や回避法、拝観料や拝観時間やアクセス、おすすめの曼殊院の紅葉ツアーについて紹介します。

京都の小さな桂離宮の曼殊院の魅力とは?

曼殊院の庭園の紅葉
曼殊院の大書院前の庭園

京都市左京区にある曼殊院は、延暦年間に始まりました。

鎮護国家の道場として、比叡山の地に建てられ、現在の地へ移ったのは、明暦2年(1656)の事です。

曼殊院は、最澄が開いた古刹で、紅葉の美しさも有名な天台宗の門跡寺院です。

京都の曼殊院門跡は、皇族が歴代住職を務めた格式高い洛北にある門跡寺院です。

曼殊院の由来は、殊の字がちょっと違うのですが、彼岸花であり、「天上の花」とも言われる「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」に由来していると言われています。

曼殊院の大書院前にある枯山水の庭園は、国の名勝にも指定されています。

曼殊院は、京都の小さな桂離宮ともいわれており、美しい庭園紅葉の名勝としても有名ですが、それほどの混雑もなく静寂を楽しむこともできます。

京都の曼殊院門跡は「古今和歌伝授」という口伝の古今和歌集の精神が庭園の中に取り入れて造営されたといい、今も平安の世の人々の心が息づいています。

紅葉の見頃の時期には、曼殊院の大書院前の枯山水庭園では鮮やかな紅葉が広がり、洛北の紅葉名所として知られています。

曼殊院 の門前に広がる真っ赤な紅葉も、紅葉の見頃時期の京都の風物詩です。

曼殊院の紅葉の見頃時期の2021年現在の状況は?

曼殊院の勅使門の石垣と紅葉
曼殊院の勅使門の石垣と紅葉

曼殊院の紅葉の例年の色づき始めは11月上旬~中旬で、例年の紅葉の見頃の時期は11月中旬~11月下旬です。

京都の曼殊院内の古山水の庭園の紅葉の見頃は11月下旬ですが、勅使門に続く白壁と石垣に間の紅葉は11月中旬頃から見頃をむかえます。

ライトアップされた曼殊院の庭園の紅葉もきれいです。

また2021年の曼殊院の紅葉の見頃は、天気情報サイトの予測によると、ほぼ例年通りなるでしょう。

2021年11月11日現在、曼殊院の紅葉は、色づき始めです

曼殊院の紅葉の見頃時期の混雑状況は?

曼殊院の内庭
曼殊院の内庭

京都の数なる紅葉の名所と比べると、曼殊院の紅葉は派手さがなく、駅から遠いこともあるのか、紅葉の見頃時期でもそれほどの混雑はないでしょう。

紅葉の見頃の時期のライトアップも、混雑なく落ち着いて曼殊院の庭園を眺めることができます。

11月20日頃、紅葉のほぼ見頃時期の夕方に訪れましたが、混雑はほぼなく、ゆっくり庭園を眺めることができました。

ただし、 曼殊院 の紅葉の見頃の時期の休日は、他の季節よりも混雑するでしょう。

紅葉見頃時期に曼殊院を拝観する場合、平日の午前中夕方の方が、午後より混雑はないでしょう。

曼殊院の紅葉の2021年のライトアップは?

曼殊院の大書院前の庭園
曼殊院の大書院前の庭園

京都の曼殊院門跡の庭園は、真っ赤に染まったカエデと、樹齢400年の松の緑とが織り成す景色が、紅葉の見頃の時期にライトアップされます。

曼殊院『秋の夜間特別拝観』(紅葉のライトアップ)

開催日時:  2021年11月1日(月)~11月20日(土)

開催時間: 夕暮れ~20:00(19:30受付終了)

なお、 曼殊院の紅葉のライトアップによる特別料金もなく、昼夜の入れ替えはありません。

曼殊院の紅葉の見どころ!枯山水庭園の紅葉とライトアップの絶景とは?

曼殊院の大書院前の庭園の紅葉
曼殊院の大書院前の庭園 の紅葉

京都の曼殊院の大書院前には、白い砂、緑の常緑樹赤い紅葉のコントラストが美しい枯山水庭園があります。

霧島つつじも咲き誇り、優雅で真っ赤な霧島つつじは人気です。

曼殊院の庭園の鶴島に植えられている、樹齢400年の五葉松は、鶴を表現しているそうです。

京都の小さな桂離宮ともいわれる曼殊院境内の枯山水庭園では、紅葉の見頃の時期には、白砂と杉苔と紅葉が見事なバランスが訪れる人を魅了します。

曼殊院の紅葉

日が傾き、世界の色合いがオレンジ色に変わるとき、幻想的に浮かび上がる紅葉は美しく、夕刻は混雑なく見ることができます。

曼殊院の枯山水庭園の紅葉に派手さはありませんが、趣を感じる事ができます。

京都曼殊院門跡の見頃の紅葉は、毎年秋恒例の夜間拝観あり、美しくライトアップされます。

曼殊院門跡の2021年秋のライトアップは、前述したとおり、11月1日から11月20日まで行われます。

紅葉の見頃時期には、曼殊院の白砂・緑苔と紅葉の三色が見事にライトアップされ、夜の闇に幻想的な姿が浮かび上がります。

曼殊院では、昼夜入替はありませんので、早めに受付を済まし、昼間の表情とライトアップされた表情の両方を楽しむのもいいでしょう。

曼殊院は、紅葉の見頃の時期でも、混雑が少なく、ライトアップされた庭園を眺めることができる穴場スポットの一つです。

曼殊院の紅葉の見どころ! 白壁を赤く染める紅葉通りの景観とは?

夕陽を浴びる曼殊院の勅使門の紅葉と石貝
曼殊院の勅使門の石垣と紅葉

庭園の他にも、京都の曼殊院門跡の勅使門(ちょくしもん)に続く白壁と石垣の間の紅葉は、紅葉の見頃時期、白い壁に赤い色が映えて、とても美しいと定評があります。

白壁と石垣の紅葉は、曼殊院の境内外なので、無料で見る事が出来ますよ。

紅葉だけ比べると、曼殊院の庭園よりも勅使門の紅葉が好きという方も多いです。

以前11月20日頃訪れた時には、紅葉が見頃で、曼殊院の勅使門へ続く楓並木では、白壁塀に紅葉が映え、夕陽にあたり輝いていました。

ゆっくり散策しながら、ぜひ京都の曼殊院門跡の紅葉を観賞して下さい。

曼殊院のアクセスや駐車場は?

曼殊院の勅使門の紅葉
曼殊院の勅使門の石垣と紅葉

叡山電鉄: 修学院駅下車徒歩約20分で曼殊院に到着します。

市営バス: JR京都駅より5番、地下鉄北大路駅より北8番その他31番系統で地下鉄国際会館駅より5・31番系統で一乗寺清水町下車、東へ徒歩20分で曼殊院に着きます。

タクシー:JR京都駅より約35分、京阪三条駅より曼殊院まで約25分です。

駐車場: 駐車場 50台無料(普通車のみ)。駐車場は限られています。紅葉の見頃の時期の休日は、曼殊院の駐車場は、満車の可能性もありますので、ご注意ください。

一休限定プラン『タイムセール』随時実施中!

曼殊院の住所拝や観時間や拝観料は?

曼樹陰の内庭
曼殊院の内庭

住所: 京都市左京区一乗寺竹ノ内町42

電話: 075-781-5010

拝観時間: 9:00~17:00(受付は16:30まで)

拝観料 一般600円 高校生500円 小中学生400円

曼殊院の近くのおすすめの紅葉スポットは?

詩仙堂のススキと紅葉
詩仙堂の秋の庭園

圓光寺

圓光寺の十牛の庭の紅葉
圓光寺の 十牛之庭 の紅葉

曼殊院から圓光寺は、徒歩で約15分。

京都の「圓光寺」は、足利学校の庠主(校長)三要元桔(さんようげんきつ)禅師を招いて、伏見に学問所を開いたことが始まりです。

圓光寺の庭園は、十牛之庭と奔龍庭の2つがあります。

十牛之庭は、本堂から眺めることができ、額縁庭園の紅葉が見られ、紅葉の見頃の時期には、苔の上に落ちる紅葉とのコントラストも見事です。

紅葉の見頃時期の休日は混雑しますので、ご注意ください。

なお、圓光寺のライトアップはありません。

渦を巻きながら様々な流れのある白砂を雲海に見立ててある枯山水を見る奔龍庭も一見の価値がありますので、ぜひ訪れください。

「圓光寺の紅葉の2021年見頃や予約は?混雑状況や早朝拝観やライトアップは?」

詩仙堂

詩仙堂の額縁庭園の紅葉
詩仙堂の詩仙の間から眺める紅葉

曼殊院から、徒歩で約20分。

京都の詩仙堂は、徳川家の家臣、石川丈山(いしかわじょうざん)が、59歳から90歳で没するまで詩や書を愛する文人として過ごした山荘す。

庭園造りの名手でもあった丈山自身の手により、手塩にかけて設計された庭は、季節の移り変わる秋に美しい姿を見せ、多くの観光客の足を向かわせます。

詩仙堂は、特に秋の紅葉の見頃時期には訪れたいところです。

京都の紅葉の見頃時期の休日は混雑しますので、ご注意ください。

なお、詩仙堂のライトアップはありません。

詩仙の間から眺める、紅葉と白砂にサツキの刈り込みがある庭園の光景が素晴らしく、境内のススキ柿の木紅葉のコラボレーションがすばらしいです。

「詩仙堂の紅葉の混雑や2021年見頃や予約は?見どころやアクセスや駐車場は?」

おすすめの曼殊院の紅葉ツアーは?

曼殊院の紅葉

「クラブツーリズム」は、豊富な海外旅行・国内旅行・バスツアー・テーマ旅行を用意している、とても人気の旅行申込プログラムです。

定番ツアー、おすすめツアー、人気の ツアーをわかりやすく紹介していて、ツアーの検索や予約も簡単にできます。

個人では行きづらい場所も効率よく回ってくれるツアー、しっかりサポートしてくれる添乗員付きツアー、そして自由気ままなフリープランなどプランが豊富に用意されています。

近距離からのバスツアーも、飛行機や新幹線を使っての国内ツアーもたくさんあります。

出発地もバリエーション様々なので、自分にぴったりのツアーがきっとみつかりますよ!

↓ぜひ「クラブツーリズム」のツアーをチェックして、ぴったりの曼殊院の紅葉ツアーをみつけてくださいね↓

クラブツーリズム<先着10,000名!バス1,000円割引キャンペーン>

まとめ:曼殊院の紅葉の2021年見頃時期やライトアップは?混雑やアクセスや駐車場は?

曼殊院の石垣と紅葉
曼殊院の勅使門の石垣と紅葉

ここでは、曼殊院の紅葉の見どころ、2021年のライトアップ予定、紅葉の見頃時期や2021年現在の状況、混雑状況や回避法、拝観料や拝観時間やアクセス、おすすめの曼殊院の紅葉ツアーについて紹介しました。

京都の曼殊院の紅葉の見どころは、古山水の庭園と曼殊院門跡の勅使門(ちょくしもん)に続く白壁と石垣に間の紅葉です。

曼殊院の紅葉の見頃は、例年古山水の庭園は11月下旬白壁の紅葉は11月中旬~下旬です。

他の紅葉スポットと比べると、混雑は少ないですが、紅葉の見頃時期の休日は混雑しますので、午前中から夕刻の拝観をおすすめします。

また、夕陽を浴びる景色が、古山水の庭園も勅使門も絶景ですので、可能であれば夕方に訪れ、そのままライトアップの景観を楽しむのがベストでしょう、

京都の曼殊院門跡の2021年秋のライトアップは、 11月1日(月)~11月20日(土) まで行われます。

小さな桂離宮と呼ばれる曼殊院の秋の風景をぜひ堪能ください!

おすすめの記事