真如堂の紅葉の見頃時期や2021年現在は?混雑やアクセスや駐車場は?
真如堂の紅葉

京都の真如堂は、紅葉の見頃時期、石畳の参道、三重塔、本堂裏等の見どころで、カエデやモミジが鮮やかな赤や黄色になり、常緑樹の緑とのグラデーションが無料で楽しめます。ここでは、真如堂の紅葉の魅力や見どころ、紅葉の見頃時期や2021年現在の状況、混雑状況、アクセスや駐車場、真如堂のおすすめ紅葉ツアーについて紹介します。

真如堂の紅葉の魅力や見どころは?

真如堂の紅葉

真如堂があるのは、京都の東にある吉田山の東麓で、反対側の西麓には京都大学が広がっています。

吉田山の南側の一帯を占めるのが、2019年の「そうだ、京都行こう」のテレビCMに使われた”黒谷さん”こと金戒光明寺で、北接するのが真如堂です。

真如堂の紅葉

真如堂(しんにょどう)の正式名称は、“鈴聲山 真正極楽寺(れいしょうざん しんしょうごくらくじ)”といいます。

真如堂は、阿弥陀如来がご本尊となっており、尼寺として女性にとっての駆け込み寺のような存在であったと言われています。

普段は、近所の方がのんびり散歩するような静かなお寺ですが、近年は春と秋には多くの観光客で賑わいを見せています。

真如堂の紅葉

春は桜、秋は紅葉が美しいスポットとして、真如堂は広く知られるようになりました。

真如堂は、JR東海さんが毎年行っている「そうだ京都、行こう。」キャンペーン の舞台として、2019年秋のポスターにも真如堂が選ばれました。

真如堂は絵になる場所が多く、秋の紅葉と青もみじの頃には、境内で様々な絶景シーンに出会うことができるでしょう。

真如堂は、三重塔を取り囲む様にカエデの林に包まれ、石畳の参道も両側にカエデが大きく枝をはり、紅葉のトンネルをつくります。

真如堂の紅葉

赤や黄色に彩られるサクラやカエデ、モミジの紅葉と常緑樹の緑と重なり、圧巻の色彩のグラデーションとなります。

真如堂の紅葉

散紅葉も美しく、長く紅葉を楽しめます。

真如堂の紅葉の見どころは、両側などにモミジ・イチョウなどが植えられた石畳の参道、三重塔や本堂裏の林でしょう。

ちなみに本堂前の井戸脇にある「花の木」は、先端から赤・黄・緑と見事に染め分けるそうです。

石畳の参道

真如堂の紅葉

真如堂でいち早く色づくのが参道周りです。

真如堂の総門(赤門)は、江戸時代初期に完成しましたが、赤門を通して眺める額縁紅葉が壮観です。

京都府指定文化財の朱塗りの総門をくぐると、本堂である真如堂へ続く広い石段があります。

石段の両側は、赤や黄色に彩られたモミジと植込みの緑が入りまじりグラデーションとなり、秋の風情を深めます。

真如堂の本堂は約300年前(江戸時代)に再建された重要文化財です。

真如堂の紅葉

本堂の真如堂前は、両脇にモミジの木々が植えられており、例年真っ赤に色づきます。

三重塔

真如堂の紅葉

石段から右上を見上げると、「そうだ京都、行こう」のポスターにも登場する、高さ30mの三重塔があります。

三重塔は、約200年前に再建された京都府の指定文化財です。

三重塔と紅葉のコラボレーションは、真如堂の境内の至るところから様々な角度で楽しめ、どの角度から見ても絵になります。

昼間に強い光に鮮やかに輝く紅葉と三重塔と青空、夕陽を浴びてその色を変える紅葉と三重塔等、時間帯によってもそのすばらしい光景は変化していきます。

本堂・真如堂前から振り返って見た三重塔は、真如堂の定番構図のひとつで、三重塔近くでいち早く紅葉しているのはハナノキ(花の木)です。

紅葉シーズンには、三重塔周りは多くの観光客で賑わいますが、早朝、もしくは夕暮れ時には、三重塔と紅葉のすばらしい写真を撮ることができるでしょう!

本堂裏のモミジの森

真如堂の紅葉

真如堂の本堂の右手(南側)には、真如堂の墓地が広がり、斎藤利三や、海北友松(かいほうゆうしょう)らの墓があります。

そして、真如堂の本堂横の紅葉のトンネルや本堂裏の美しいモミジの森が、見事な紅葉の撮影スポットです。

真如堂の紅葉

真如堂の本堂裏では、散り紅葉と苔のコントラストが美しいです。

真如堂は、境内の拝観料金が必要なく、無料で観賞する事ができます。

近くにある永観堂や南禅寺に比べて、紅葉シーズンでも、それほど激しい混雑も見られません。

真如堂は、京都の秋の風情をゆっくり堪能できる、注目の紅葉スポットでしょう!

一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!

真如堂の紅葉の見頃時期や2021年現在の状況は?

真如堂の紅葉

真如堂の紅葉の例年の見頃時期は、11月中旬~12月上旬です。

真如堂では、モミジだけでなく、ハナノキやイチョウも美しく色づき、ハナノキは一足早く11月上旬~中旬、イチョウはモミジと同じく11月中旬~下旬頃に見頃を迎えます。

真如度の境内では、11月上旬より樹々が色づきはじめ、11月中旬頃から見頃を迎え、境内が紅く染まり、本堂の裏では12月上旬まで見事な散もみじを含め楽しむことができるでしょう。

真如堂の紅葉は場所によって色づく時期が異なり、長い期間紅葉を楽しめるでしょう。

もちろん紅葉の見頃時期はその年の気候や気温により前後しますが、2021年の真如堂の紅葉の見頃時期は、ほぼ例年と同様11月中旬~12月上旬になるでしょう!

2021年11月25日現在、真如堂の紅葉は見頃のピークを迎えており、これから紅葉の絨毯も楽しむことができるでしょう! 

真如堂のアクセスや駐車場は?

真如堂の紅葉

住所: 京都市左京区浄土寺真如町82

電話: 075-771-0915

拝観時間: 9:00~16:00(受付終了15:45)

拝観料:【本堂・境内】無料・【宝物・庭園】500円 特別拝観時は大人1000円、高校生800円、中学生700円

アクセス:

【市バス】 JR京都駅、京阪電鉄三条駅・出町柳駅からバス 「真如堂前」バス亭下車徒歩約8分、「錦林車庫前」バス停徒歩10分です。(最寄りの「真如堂」バス停からは急な上り坂があります。)

真如堂の駐車場と駐輪場は総門をくぐってすぐのところです。

真如堂のおすすめ紅葉ツアーは?

真如堂の紅葉

「クラブツーリズム」は、豊富な海外旅行・国内旅行・バスツアー・テーマ旅行を用意している、とても人気の旅行申込プログラムです。

定番ツアー、おすすめツアー、人気の ツアーをわかりやすく紹介していて、ツアーの検索や予約も簡単にできます。

個人では行きづらい場所も効率よく回ってくれるツアー、しっかりサポートしてくれる添乗員付きツアー、そして自由気ままなフリープランなどプランが豊富に用意されています。

近距離からのバスツアーも、飛行機や新幹線を使っての国内ツアーもたくさんあります。

出発地もバリエーション様々なので、自分にぴったりのツアーがきっとみつかりますよ!

↓ぜひ「クラブツーリズム」のツアーをチェックして、ぴったりの真如堂の紅葉ツアーをみつけてくださいね↓

クラブツーリズム<先着10,000名!バス1,000円割引キャンペーン>

まとめ:真如堂の紅葉の見頃時期や2021年現在は?混雑やアクセスや駐車場は?

ここでは、真如堂の紅葉の魅力や見どころ、紅葉の見頃時期や2021年現在の状況、混雑状況、アクセスや駐車場、真如堂のおすすめ紅葉ツアーについて紹介しました。

永観堂や南禅寺ほどの混雑もなく、真如堂では無料で情緒ある光景を楽しむことができますので、ぜひ訪れてみてください!

おすすめの記事