伏見稲荷大社の初詣の2022年参拝時間や混雑や屋台は?ご利益やアクセスや駐車場は?
伏見稲荷大社の初詣

京都府京都市伏見区にある「伏見稲荷大社」は全国に約3万社ある稲荷神社の総本宮で、商売繁昌、家内安全、芸能上達のご利益があり、初詣の時期は混雑します。ここでは、京都の伏見稲荷大社の初詣のご利益やコロナ禍の参拝方法、屋台・出店の有無、2022年の参拝時間や期間、混雑状況や混雑時間や回避法、アクセスや駐車場について紹介します。

伏見稲荷大社の初詣のご利益やコロナ禍の参拝方法は?屋台・出店の有無は?

伏見稲荷大社の初詣

京都の伏見区にある「伏見稲荷大社」は、1300年以上の歴史を持つ、全国に三万社を超える稲荷社の総本宮です。

「伏見稲荷大社」 のご祭神は命婦専女神(みょうぶとうめのかみ)で、近年SNS等で、日本だけでなく海外の人にも大人気のスポット、「千本鳥居」の少し前にご鎮座されています。

千本鳥居という名前ですが、実はその鳥居の数はおよそ1万基以上もあるのだとか。

古代から朱色は、魔力に対抗する生命力を象徴する力とされてきました。

稲成大神の神威を表す色として、伏見稲荷大社の本殿も、境内の多くの社殿や鳥居も、鮮やかな朱色が塗られています。

伏見稲荷大社の初詣

鮮やかな朱色に輝く千本鳥居は、祈願と感謝の証として、全国の崇敬者から奉納されたものです。

「願いが通る、通った」という意味が込められている朱色の鳥居は、その隙間から指す日の光がとても神秘的で美しく、色々な力を感じます。

伏見稲荷大社の初詣

千本鳥居をくぐりぬけるだけで大きなご利益があるとされていますので、是非通ってみてくださいね。

伏見稲荷大社は、商売繁昌・五穀豊穣の神様として知られていますが、他にも、開運招福、交通安全、学業成就、家内安全、芸能上達、厄除けなど多くのご利益があるとされています。

1年を通じて多くの参拝客が訪れる伏見稲荷大社は、全国でもトップクラスの初詣客数を誇ります。

2022年の初詣は、特に規制などなく、行われる予定です。

初詣の際には多くの露店が出店して賑わうのが例年の初詣の風景ですが、2021年は露店の出店がありませんでした。

2022年の初詣時には、大晦日から1月5日の間、例年より縮小はしますが、露店の出店があります。

屋台のおすすめは、うずら・すずめ焼き、いなりずし、ベビーカステラ、鯛焼きパフェ、ベーコンエッグ鯛焼きなどで、特にうずら焼き、すずめ焼きは伏見稲荷大社名物です。

初詣で冷えた体を温める甘酒などの屋台も出ていますので、散策してみてくださいね!

伏見稲荷大社の初詣の2022年の参拝時間や期間は?

伏見稲荷大社の初詣

伏見稲荷大社いつでも入場可能で、拝観料も無料なので、基本的に終日参拝可能です。

ただし、お守り授与やご祈祷の受付時間は、以下の通りです。

「お守り授与」

12月31日(金)08:00~1月1日(土祝)21:00

1月2日(日)~3日(月)06:30~21:00

1月4日(火)~5日(水)07:30~19:30

1月6日(木)~7日(金)07:30~18:30

「御朱印」

12月31日(金)08:00~16:30

12月31日(金)22:00~1月1日(土祝)18:00

1月2日(日)~3日(月)08:00~17:30

1月4日(火)~5日(水)08:30~17:00

1月6日(木)~7日(金)08:30~16:15

「ご祈祷」

12月31日(金)08:30~14:30

1月1日(土祝)00:00~17:30(※05:00~07:00は休止)

1月2日(日)~3日(月)07:30~17:30

1月4日(火)~1月7日(金)08:30~16:30(※5日の11:00~13:00は休止)

伏見稲荷大社の初詣の混雑状況や混雑時間は?回避法は?

伏見稲荷大社の初詣

伏見稲荷大社は、朱色の迫力ある本殿や、SNSで大人気となった千本鳥居など、見どころが多く、元々人気のスポットです。

全国初詣ランキングでは、常にトップクラスに入る参拝者の多い神社であり、正月三が日の人出は、約250万人と言われています。

そのため、混雑を回避するのはとても難しいのですが、例年の傾向から、混雑の時間帯は大体わかるので、その時間を避けるだけでも、待ち時間を短縮できると思います。

大晦日の午後10時頃から、新年を迎えた午前4時頃までが、混雑の最初のピークです。

ピーク時の待ち時間は、2,3時間にもなります。

元日は午前4時すぎくらいからいったん人出は少し減りますが、5時半くらいからまた人出が増え始め、元日は基本的に終日混雑します。

1月2日は、午前10時頃~午後3時頃までが大変混雑しています。

1月3日は、元日や2日ほどの混雑ではないですが、やはり午前11時頃~午後3時頃までは混雑します。

1月4日以降は、平日になるので、だんだん人出は減ってくるでしょう。

三が日に、出来るだけ混雑を避けたい場合には、午前5時半ころまでの早朝参拝か、午後9時以降の夜間参拝おススメです!

早朝参拝も夜間参拝も、京都では冷え込みが一段と厳しい時間帯です。

防寒対策をしっかりし、出来るだけ温かい服装で、清々しい空気のなか、新しい年の始まりをお祝いしましょう!

伏見稲荷大社の初詣のアクセスや駐車場は?

伏見稲荷大社の初詣
伏見稲荷大社の初詣

伏見稲荷大社

住所:〒612-0882 京都市伏見区深草薮之内町68番地

電話:(075)641-7331

アクセス:

公共交通機関でのアクセス

【電車】

・JR奈良線 稲荷駅下車 徒歩直ぐ (京都駅より5分)
・京阪本線 伏見稲荷駅下車 東へ徒歩5分

【バス】

・南5系統 稲荷大社前下車 東へ徒歩7分

車でのアクセス

・名神高速道路 京都南インターから 約20分
・阪神高速道路 上鳥羽出口から 約10分

駐車場:参拝者用駐車場(24時間営業、収容台数175台、無料)は、12月30日~1月5日は閉鎖となります。

伏見稲荷大社の周辺は、年末年始、道路の大規模な交通規制が行われます。

交通規制情報については、京都府警察ホームページで確認してください。

伏見稲荷大社の周辺は、大きな車道がなく、道路が狭いため、有料駐車場も少なく、料金もかなり高めになっています。

JRか京阪電車の沿道にある駅、もしくは京都駅付近の有料駐車場に停めて、そこから伏見稲荷大社まで電車を利用する、という方法のほうが現実的だと思います。

京都駅付近の駐車場としては、以下のようなところがあります。

  • メルパルク京都駐車場 ¥200/30分 (8:30~22:30)
  • 京都駅ビル駐車場【24時間】 ¥300/30分 または ¥200/60分(夜間)
  • 京都八条口駐車場【24時間】 ¥250/30分 または ¥100/60分(夜間)

まとめ:伏見稲荷大社の初詣の2022年参拝時間や混雑や屋台は?ご利益やアクセスや駐車場は?

ここでは、京都の伏見稲荷大社の初詣のご利益やコロナ禍の参拝方法、屋台・出店の有無、2022年の参拝時間や期間、混雑状況や混雑時間や回避法、アクセスや駐車場について紹介しました。

京都の伏見稲荷大社の初詣で、商売繁盛と五穀豊穣などを祈願し、2022年の幸せな時間を祈りましょう!

は、本殿で新年を寿ぎ国家の安泰と1年の無事平穏を祈る歳旦祭が行われる。

おすすめの記事