生田神社の初詣の2022年参拝時間や屋台や混雑は?アクセスや駐車場は?
生田神社の初詣

兵庫県神戸市の生田神社縁結びの御利益があり、例年約150万人以上が初詣の参拝に訪れ、限定御朱印やおみくじやお守りの授与、授与や屋台・出店で混雑します。ここでは、生田神社のご利益やコロナ禍の参拝方法、2022年の屋台や出店、2022年の参拝時間やお守り授与時間、混雑状況や混雑時間や回避法、アクセスや駐車場について紹介します。 

生田神社の初詣のご利益やコロナ禍の参拝方法は?2022年の屋台・出店は?

生田神社の初詣

兵庫県神戸市の生田神社は、日本書紀にでてくるほど長い歴史、起源は1800年以上の由緒のある神社で、「三宮」駅から徒歩数分なこともあり、三が日は参拝客で混雑します。

当時の神功皇后が三韓外征から帰還途中に、現在の神戸港で船が停まってしまいます。

神戸港で船が進まなくなったため、神意を占ったところ稚日女尊(わかひるめのみこと)が現れ「我は活田長狭国 (いくたながおのくに) に居りたい」と申された、と記されています。

そこで海上五十狭茅(うなかみのいそさち)を神主に据えて、この地に稚日女尊を祀りました。

当初は布引山に祀られていましたが799年の大洪水が原因で、現在の地に移転されました。

また大同元(806)年、朝廷より当社のためにお供えする家、世話をする家、守る家である神戸(かんべ)44戸を頂いたとあり、この「かんべ」が「こんべ」となり現在の「こうべ」となったと言われています。

以来、生田神社は、神戸のルーツ「生田さん」として親しまれています。

生田神社へは、正月三が日に例年約150万人もの参拝客が訪れます。

生田神社では新年を迎えるにあたり、1月1日(土・祝)午前0時前に開門、宮司が打つ初太鼓と共に新年を告げ、これに呼応して楼門上では神戸太鼓が打ち鳴らされます。

除夜の鐘が一般的ですが、生田神社では太鼓の音で新しい年が始まるのです。

その後、三が日の間は、新春を祝う行事が行われます。

2日の10時から10時30分頃には「翁面掛神事」が行われます。

初詣期間、例年1月3日までは周辺に交通規制が敷かれ歩行者天国となります。

初詣の時期、通常のお礼・お守りを始め、守護矢や干支の置物等、神縁品が授与されています。

生田神社では、コロナ感染対策のため、2022年は正月三が日を避けた分散参拝を呼びかけています。

生田神社といえば、 縁結びの御利益がある神社として有名です。

機織りの神様 といわれる 稚日女尊(わかひるめのみこと)を祀っている神社で、 糸と糸をより合わせて布を織るように、人の縁と縁を結び合わせてくれると言われています。

稚日女尊は幸せを与える神様として知られ、そこから生田神社は縁結びや縁切り、復縁などのご利益があるとされています。

その他、安産、健康長寿、家内安全、商売繁盛などのご利益があります。

生田神社では、新型コロナウウイルス感染症対策として、おみくじを筒からスマホへとなり、QRコードへスマホをかざし、出てきた番号とおみくじを引き替えるシステムにしています。

生田神社では、ご祈祷、御札・お守りを郵送で申し込むこともできます。

生田神社で、紅白のお守りがペアになってい“えんむすび守り”や恋愛成就をお願いできる“桜恋守”というお守りもあります。

いずれも初穂料は1,000円です。

初詣デートにはぴったりですよね!

生田神社の第二鳥居を過ぎ、右手の松尾神社に鳥居をくぐった右側一番手前のは、恋愛成就のパワースポットで知られています。

また、生田神社といえば縁結びの「水みくじとお守り」が有名です。

水みくじはすぐに結果が出て来ないので、文字が浮かび上がるのをワクワクしながら待つのも楽しいです!

2022年は、ベビー子供関連ブランド「ファミリア」とコラボした「育守(はぐくまもり)」が登場し人気です。

親のクマが子どものクマを優しく抱きしめ(ハグ)(育む)、成長を大切に見守るという想いを込めた「はぐくまもり」で、初穂料は1000円です。

2022年は境内での露店の出店は中止となっていて、境内には「露店」はなく、「生田新道」(生田ロード西側から神戸サウナ&スパの間)に出店されます。

屋台では、広島焼き、焼き鳥、たこ焼き、イカ焼き、焼きトウモロコシ、から揚げ、サザエのつぼ焼き、鶏皮餃子、ベビーカステラ、クロワッサンたい焼き、りんご飴、いちご大福などがありますよ!

出店時間は、生田神社の開門時間に合わせて、7:00頃から21:00頃まで開いている屋台が多いようです。

歩行者天国が3日で終了するので、屋台も3日までの出店となります。

ただし状況により延長する場合もあり、人手を見越して4日以降も営業する可能性もあるでしょう。

生田神社の初詣の2022年参拝時間や期間は?お守り・御朱印授与時間やご祈祷受付時間は?

生田神社の公式サイトより引用

2022年1月1日 ~ 2022年1月3日

2022年1月1日(土・祝)開門0:00~完全閉門22:00

2022年 1月2日(日)開門7:00~完全閉門21:00

2022年 1月3日(月)開門7:00~完全閉門20:00

※最終参入は完全閉門の40分前

1月4日(火)以降  7:00~17:00

※手水舎は1月中使用中止となっています。

お守り授与

2022年1月1日(土祝)0:00~21:40

2022年1月2日(日)08:00~20:40

2022年 1月3日(月)08:00~19:40

2022年 1月4日(火)以降 09:00~17:00

ご祈祷受付

2022年12月31日(金)17:00まで

2022年1月1日(土祝)0:00~19:00

2022年1月2日(日)8:00~18:00

2022年1月3日(月)9:00~17:00

2022年1月4日(火)~7日(金)8:00~18:30

2022年1月8日(土)~10日(月祝)9:00~17:00

2022年1月11日(火)~31日(月)09:30~16:30

2022年2月1日(火)以降 09:30~16:00

生田神社の初詣の混雑状況や混雑時間は?回避法は?

生田神社の公式サイトより引用

生田神社には、例年1正月3が日だけで150万人の人が参拝に訪れ、初詣の一番の混雑は、大晦日から元旦にかけてです。

大晦日は18:00に一度閉門して、元旦0:00に太鼓を鳴らしながら開門されますが、22:00を過ぎたあたりから人が集まり始めます。

生田神社の周りは、正月3が日は歩行者天国になっているので、開門の0:00前には長蛇の列になります。

生田神社の元旦の混雑のピークは、0:00の開門から3:00頃までです。

その後一度混雑は緩和されますが、再び9:00頃から混雑し始め、18:00頃まで混雑は続きます。

生田神社の元旦の初詣は混雑が激しいですが、その中でも比較的混雑が落ち着くのは、4:00~7:00頃の早朝か、夕方18:00以降になるでしょう。

1月2日~1月3日は、10:00~17:00頃まで混雑が続きます。

1月4日以降は、三が日のような混雑は収まりますが、2022年は分散参拝が推奨されていますので、例年より混雑が見込まれます。

特に10日の成人の日までは平常時よりも人が多く訪れるでしょう。

また生田神社は繁華街にあるので、17:00を過ぎても混んでいる年もあります。

お参りをしたあとで、買い物をされる方も多いため、生田神社の混雑の時間が年によって変わりやすいです。

生田神社は、神戸一の繁華街でもある三宮にあるので、初詣期間の周辺地域は、どこの道も混んでおり、大渋滞が発生します。

また、交通規制もしかれるので、車でのアクセスは避けた方がよいでしょう。

生田神社のアクセスや駐車場は?

生田神社の初詣

生田神社

住所: 兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1

電話: 078-321-3851

アクセス

電車でのアクセス

三宮駅(JR東海道本線・神戸市営地下鉄・阪急神戸本線・阪神本線など)より徒歩約10分です。

JR「新神戸駅」より徒歩約20分です。

車でのアクセス

阪神高速道路3号神戸線生田川ICまたは京橋ICを降りて約5分です。 

駐車場

生田神社駐車場

台数:約70台

時間:07:00~25:00(最終入庫22:00)

料金:100円/10分(最初の1時間500円)

生田神社には駐車場がありますが、約70台とそんなに大きくはなく、12/30~1/4は利用禁止となっています。

初詣期間中は交通規制などもありますので、公共機関でのアクセス、もしくは離れた駅に停めてからのパークアンドライドをおすすめします。

その際には、駐車場の事前予約ができる「akippa」がおススメ

あきっぱは、全国にある約38000箇所の駐車場から目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能ですよ!

まとめ:生田神社の初詣の2022年参拝時間や屋台や混雑は?アクセスや駐車場は?

ここでは、生田神社のご利益やコロナ禍の参拝方法、2022年の屋台や出店、2022年の参拝時間やお守り授与時間、混雑状況や混雑時間や回避法、アクセスや駐車場について紹介しました。

縁結びにご利益があることで有名な生田神社で、2022年がすばらしい年になることを祈願しましょう!

おすすめの記事