河津桜まつりの2022年見頃や開花状況やライトアップは?アクセスや駐車場は?
伊豆河津桜

静岡県河津町で、河津桜の見頃時期になると、 河津川沿い約4kmの両岸に並ぶ約850本の河津桜や菜の花が咲き誇り、伊豆の河津桜まつりが開催されます。ここでは、伊豆の河津桜まつり2022の魅力や見どころ(菜の花とのコラボ等)、伊豆の河津桜まつり2022の開催期間やライトアップ情報、2022年の見頃や開花状況、アクセスや駐車場について紹介します。

伊豆・河津桜まつり2022の開催期間や見どころやライトアップは?河津桜と菜の花のコラボレーションとは?

伊豆河津桜

「河津桜(かわづざくら)」は、本州の一般的なサクラの品種「ソメイヨシノ」に比べて、早い時期に開花する早咲き桜のひとつです。

河津桜は、沖縄などを中心に咲くカンヒザクラ系と早咲きオオシマザクラ系の自然交配種と推定されていて、静岡県の河津町で発見されました。

例年1月下旬になると花が咲き始め、一般的な桜の品種であるソメイヨシノに比べ、河津桜は花が大きめで、色もソメイヨシノより濃いピンク色です。

伊豆河津桜

全国でも屈指の名所が、河津桜が発見された場所でもあり、名前の由来にもなった静岡県河津町で、河津桜の原木や、河津川沿いに咲く河津桜並木など、街の様々な場所で河津桜を楽しむことができます。

開花時期は毎年まちまちになるという、開花予想が難しい花とされていますが、開花してから約1か月かかって満開になるため、開花している期間が1カ月と、他の桜に比べて長いことも特徴です。

河津町では、河津桜の見頃時期に合わせ、例年「河津桜まつり」を開催します。

伊豆河津桜

河津桜の見頃時期には、河津川にかかる来宮橋と荒倉橋間の川の東側にある「菜の花ロード」では、菜の花も満開を迎え、濃いピンクと鮮やかな黄色のコントラストがとても美しいコラボレーションの絶景を楽しむことができますよ!

伊豆河津桜

一面の黄色いじゅうたんと、その背後に咲き誇る河津桜という春を満喫するような光景が見られる、とても贅沢がスポットです。

2021年にはコロナ禍の影響で開催中止となってしまった河津桜まつりですが、2022年は、例年より少し開催期間を早め、2月1日(火)から28日(月)の期間で開催予定となっています。

「第32回 河津桜まつり(2022)」

開催期間:2022年2月1日(火)~2月28日(月)

主なイベント

「オープニングセレモニー」

開催日時:2022年2月1日(火)10:00

開催場所:河津観光交流館駐車場

「夜桜ライトアップ」

開催期間:2022年2月1日~2月28日毎日

ライトアップ時間:18時~21時

ライトアップ場所:河津川沿いの桜並木の上流(峰温泉桜トンネル)と下流(館橋付近)、町内6カ所の名木(今井浜、豊泉、役場、音蔵、大宮瀬、涅槃)

伊豆河津桜

また、河津桜まつり期間中は、伊豆急行河津駅付近に木製灯篭が設置されるほか、河津川沿いでの地場産品の販売出店や、ふるさと案内人の桜コースガイド(10時・13時出発。料金1人500円。2人以上が対象)など、さまざまな催しが行われる予定です。

マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守など新型コロナウイルス感染予防を心がけつつ、真っ先に春の訪れを実感できる美しい河津桜と菜の花の心わきたつ光景を見に、是非、河津桜まつりへお出かけくださいね!

伊豆河津桜

伊豆の河津桜の2022年見頃時期や開花状況は?

伊豆河津桜

河津桜は、開花の予想が非常に難しい花とされており、開花が始まる時期は毎年まちまちです。

なんと早い年にはお正月から開花する場合もあったり、遅い年は2月中旬に開花が始まったりと、遠くからの観光客泣かせの桜でもあります。

河津町での開花は、おおむね1月下旬から2月上旬の時期ですが、ここ数年は特に開花予想が立てづらい状況が続いているとのことです。

「河津桜まつり」の公式サイトにて、2月1日より開花情報が公開されますので、お出かけ前にチェックしてみてくださいね!

2022年1月23日現在、河津桜並木の桜は、まだつぼみのようですが、少しだけ開き始めた花もあるようです!

2022年2月4日現在、河津桜の原木は1分咲きで、メイン会場となる河津川河口付近~笹原公園辺はまだつぼみです。

河口付近では期間中毎日午後6時から9時まで、ライトアップされています

2022年の伊豆河津桜の見頃のピークは、2022年2月下旬頃になるでしょう!

これから長く続く河津桜と菜の花のコラボレーションが楽しみですね!

伊豆河津桜

伊豆・河津桜まつり2022のアクセスや駐車場は?

伊豆河津桜

河津桜並木道

アクセス:

公共交通機関でのアクセス

最寄り駅:伊豆急河津駅 伊豆急河津駅から河津桜並木道へは徒歩約3分。

車でのアクセス

東名沼津ICまたは新東名高速道路長泉沼津IC-国道136号-伊豆中央道(有料)-修善寺道路(有料)-国道414号線経由で約80km(約1時間20分)

東名厚木IC-真鶴道路(有料)-熱海ビーチライン(有料)-国道135号線経由で約113km(約2時間30分)

駐車場:収容台数1500台(普通車は第4~第13駐車場まであり)

駐車場営業時間:8:30~21:00

駐車料金:8:30~17:00 1台/700円 18:00~21:00 1台/200円

※夜間( 18:00~21:00 )は、町内宿泊者は無料(宿で券をもらうこと)

河津桜まつり期間中は、周辺道路含め混雑が予想されるため、河津バガテル公園の駐車場(250台)もご利用ください。

河津バガテル公園から会場周辺まで、期間中花の見ごろに合わせて5日間程度シャトルバス運行予定

また、河津町内の駐車場や道路が大変混雑する週末などは特に、伊豆高原駅の大型駐車場に駐車して、パーク&トレイン(伊豆高原駅からの割引往復切符を販売)の利用が推奨されています!

まとめ:河津桜まつりの2022年見頃や開花状況やライトアップは?アクセスや駐車場は?

ここでは、伊豆の河津桜まつり2022の魅力や見どころ(菜の花とのコラボ等)、伊豆の河津桜まつり2022の開催期間やライトアップ情報、2022年の見頃や開花状況、アクセスや駐車所について紹介しました。

一足早い春を告げる、見事な河津さくらと菜の花のピンクと黄色の絶景、幻想的なライトアップの風景をぜひお楽しみください!

おすすめの記事