八重岳桜祭り・カンヒザクラの2022年開花状況や見頃やライトアップは?アクセスや駐車場は?
もとぶ八重岳桜まつり

日本一早咲きの桜の名所の沖縄県・八重岳(本部町)では、約7000本のカンヒザクラが亜熱帯の森を彩り、例年もとぶ八重岳桜祭りが開催され、ライトアップも行われます。ここでは、本部町の八重岳のカンヒザクラの魅力や見どころ、もとぶ八重岳桜まつりの場所や開催期間やライトアップ、2022年開花状況や見頃、アクセスや駐車場について紹介します。

本部町の八重岳のカンヒザクラの魅力や見どころは?2022年もとぶ八重岳桜まつりの開催期間やライトアップは?

もとぶ八重岳桜まつり

日本で一番早く桜が咲くと言われているのは、やはり一年中温かいイメージのある沖縄です。

沖縄の桜は、本州の主流の品種である、淡い白色の「ソメイヨシノ」とは異なり、濃いピンク色が特徴の「 琉球寒緋桜(リュウキュウカンヒザクラ)です。

沖縄のカンヒザクラ

通常、桜前線といえば、南から北上するものと思っていますが、沖縄の桜前線は、本州の桜前線とは逆に、北から南へ、そして山頂から山麓へと下ります。

沖縄のカンヒザクラ

その理由は諸説ありますが、夏に生まれた花の芽が休眠から覚めるのに必要な寒波が、沖縄本島北部(特に標高の高い山地)から南部へと降りていくためだと言われています。

その沖縄の桜が一番最初に開花するのが、沖縄本島で2番目に高い標高453.4メートルの八重岳の山頂です。

沖縄の主流の品種である寒緋桜の名所である八重岳では、頂上までの約4kmの上り道に約7,000本以上の寒緋桜の並木が続いています。

八重岳は、裾野から山頂近くまで車で行くことができるので、ドライブスポットとしても人気です。

沖縄のカンヒザクラ

道路脇からせり出した寒緋桜の枝がアーチ状にしなり、まるで桜のトンネルのようになります。

沖縄のカンヒザクラ

ドライブで車窓から美しい桜を眺めることもできますし、山道の途中にはところどころに駐車スペースがあり、車を停めてゆったりと桜が見られるので、車から降りて散歩も楽しめます。

八重岳では、例年、寒緋桜の見頃の1月に、日本一早い桜まつり「本部八重岳桜まつり」が開催されます。

山全体に桜が咲き乱れ、亜熱帯を思わせるヤシのような緑の木々と咲き誇る寒緋桜の濃いピンク色のコントラストがとても美しく、沖縄でしか見られない、沖縄だけの絶景です。

沖縄のカンヒザクラ
沖縄のカンヒザクラ

中腹の「八重岳桜の森公園」には、遊具や休憩施設、トイレ、多目的広場などが完備されているので、安心して桜見物ができますよ!

2022年も、八重岳では「ひとあしお咲きに」をキャッチフレーズ第44回もとぶ八重岳桜まつりが開催されます。

今回は、ステージイベントの縮小(イベントは、1月22日のオープニングセレモニーのみ)や、飲食を伴う出店等は中止されます。

イベントや出店はありませんが、例年通り、ライトアップは行われます。

本部町青年団協議会と本部町商工会青年部が協力し、八重岳桜の森公園の管理棟から野外ステージの間の歩道と斜面の土手に咲いている25本の桜に2台1組のライトを設置しました。

昼間の太陽のもとで見る桜とはまた違う、下側から綺麗にライトアップされた、あでやかで、幻想的な夜桜が楽しめますよ!

第44回 もとぶ八重岳桜まつり

開催期間:2022年1月22日(土)〜2022年2月6日(日)

ライトアップ時間:午後6時~午後10時 (まつり開催期間中毎日)

日本で一番最初に桜が見られる沖縄、八重岳の桜まつり。

2022年は、規模縮小の形での開催ですが、沖縄ならではの緋色の寒緋桜を車窓から眺めたり、車を停めて、散策しながら静かに眺めたりしながら、どこよりも早い桜を満喫してくださいね!

本部町の八重岳の桜(カンヒザクラ)の例年の見頃時期や2022年開花状況は?現在は何分咲き?

沖縄のカンヒザクラ

沖縄、本部町・八重岳の寒緋桜の見頃例年1月中旬から2月上旬頃です。

勿論その年ごとの気象状況により、見頃時期は一定ではありません。

2022年の八重岳の桜は、例年より開花が早く、山頂付近は、1月初旬時点で既に三~五分咲きの状態でした。

2022年1月31日時点で、八重岳の桜は全体的に見頃を迎えています。

満開は、2月5日頃までとの予測で、満開を過ぎても、2月一杯くらいまでは、桜を楽しめそうということです!

もとぶ八重岳桜まつりの場所やアクセスや駐車場は?

沖縄のカンヒザクラ

第44回 もとぶ八重岳桜まつり

会場:八重岳桜の森公園

住所:〒905-0222 沖縄県国頭郡本部町並里921番地

電話:0980-47-2700(本部町 商工観光課)

アクセス:

公共交通機関でのアクセス

車でのアクセス

那覇空港から一般道で約2時間30分

沖縄道許田ICから国道58・449号、県道84号経由40分

駐車場:無料駐車場完備 (約400台~)

まとめ:八重岳桜祭り・カンヒザクラの2022年開花状況や見頃やライトアップは?アクセスや駐車場は?

ここでは、本部町の八重岳のカンヒザクラの魅力や見どころ、もとぶ八重岳桜まつりの場所や開催期間やライトアップ、2022年開花状況や見頃、アクセスや駐車場について紹介しました。

ぜひ、釣り鐘形で鮮やかな濃いピンクの花・カンヒザクラが咲き誇る絶景を見に訪れてみてください!

おすすめの記事