小湊鉄道の菜の花や桜の2022年見頃や開花状況は?撮影スポットやアクセスや駐車場は? 
小湊鉄道の菜の花

千葉県市原市の五井駅~大多喜町上総中野駅間を走る小湊鉄道では、菜の花や桜の見頃時期、 石神の菜の花畑 等列車と菜の花や桜が楽しめる撮影スポットが多くあります。ここでは、小湊鐡道の菜の花や桜の魅力や見どころ、列車とのコラボレーションの撮影スポット、菜の花や桜の2022年見頃時期や開花状況、アクセスや駐車場について紹介します。

小湊鉄道の菜の花や桜の魅力や見どころは?列車とのコラボなど撮影スポットは?

小湊鉄道の菜の花

千葉県のJR五井駅から出ているローカル線「小湊鉄道」は、レトロな電車にのんびり揺られて、 「養老渓谷駅」「飯給 (いたぶ) 駅」をはじめ、桜と菜の花と列車を楽しめるスポットが多く、春ならではの絶景が見られるスポットが点在しています。

窓ガラスのない、開放感抜群の里山トロッコ列車も人気があります。

小湊鉄道の菜の花
小湊鉄道の菜の花

小湊鉄道は、五井駅~上総中野駅の全18駅、約40㎞を走る路線で、上下線とも1時間に各1~2本運行し、五井駅でJR内房線、上総中野駅でいすみ鉄道に乗り換え可能です。

「いすみ鉄道の菜の花や桜の2022年見頃や開花状況は?撮影スポットのアクセスや駐車場は?」

JR「五井駅」まではICカードが使えますが、小湊鉄道は現金のみなので注意してください!

全駅乗り降り自由で、途中下車におすすめなのが、1日フリー乗車券は1840円です。

五井駅から、上総中野駅の区間なら途中下車自由です。

また、通常月2回指定日に運行され、里山風景とともに本格的な懐石膳を楽しめるグルメ列車「懐石料理列車」も人気です。

小湊鐡道は、10年以上前から、沿線10か所以上で地域住民、小中学生、福祉団体、環境保全団体、文化団体などの方々が、9月から10月にかけて菜の花の種まきがされ、見事な春の黄色い景観をつくります。

小湊鉄道の菜の花

例年3月中旬~4月中旬に、菜の花は見頃を迎え、全国から鉄道ファンや写真愛好家が、菜の花の黄色い絨毯を目指して、多くの人々で賑わいます。

小湊鐡道の菜の花の見所は、上総川間駅、上総鶴舞駅、里見駅、飯給駅、月崎駅、上総大久保駅、養老渓谷駅、石神地区などでしょう!

その中でも、小湊鐡道の一番の見どころは、「養老渓谷駅」近くにある「石神の菜の花畑」でしょう!

小湊鉄道の菜の花

「養老渓谷駅」までは約1時間ほどで、のんびり揺られながら到着地に近づくと、「窓の外に菜の花畑がお楽しみ頂けます」のアナウンスとともに、左右に一面の菜の花畑が広がり歓声があがります。

「石神の菜の花畑」は、以前は地域の高齢化のため休耕田となり、荒れはじめていましたが、それを見かねた地元の方とボランティアで菜の花を植えたのが始まりでした。

現在では、里山保全活動をするボランティア団体の方々が日々景観維持に尽力されています。

「石神の菜の花畑」までは、「養老渓谷駅」から徒歩15分ほどです。

駅の改札付近に、菜の花畑行きの地図があります。

菜の花畑と青空のコントラストがすばらしいですが、なんといっても、多くの人々を魅了しているのが、菜の花畑と小湊鉄道&トロッコ電車のコラボレーションでしょう!

小湊鉄道の菜の花
小湊鉄道の菜の花

汽笛が鳴り響き電車が近づくと、鉄道ファンやカメラマンが、菜の花と列車のベストショットを狙い、タイミングを必至で探します。

一面に広がる菜の花畑の中を、トロッコ列車やレトロなディーゼルカーが通過し、牧歌的な景観を楽しむことができます。

菜の花の中を疾走するように列車の迫力あるシーン、里山ののどかな風景を背景にした菜の花畑と列車の癒しの風景等、様々な絶景を楽しむことができます。

また、「養老渓谷駅」には、有料の足湯コーナーがあり、菜の花畑散策した後、電車の待ち時間に疲れをとることができますよ!

「養老渓谷」から3駅先の「飯給(いたぶ)駅」では、菜の花の周辺にシートを広げるスペースもあり、のんびりすることができます。

駅には桜の木もあるので、桜と菜の花と列車の競演も楽しめます。

小湊鉄道の菜の花と桜

飯給駅には、駅前に「世界一大きなトイレ」と称するトイレ”Toilet in Nature”があります。

女性用ですが、周囲を塀で囲まれているとはいえ、ガラス張りの個室は開放感があり、隠れたスポットになっています。

「上総鶴舞駅」は、関東の駅百選に選ばれた駅で、現在は無人駅ですが、レトロな駅務室が残っていて、ノスタルジックな雰囲気になります。

上総鶴舞駅

上総鶴舞駅は、数々のCMや映画、ドラマ、ミュージックビデオ等にも使用されていて、嵐の「青空の下、キミのとなり」 にも使われたそうです。

小湊鉄道の菜の花や桜の2022年見頃や開花状況は?

小湊鉄道の菜の花と桜

小湊鐡道の菜の花の見頃は、例年3月中旬~4月上旬で、桜の花の見頃は例年3月下旬~4月上旬になります。

小湊鉄道の菜の花と桜のコラボレーションは、例年3月中旬~4月上旬に楽しむことができます。

もちろん、小湊鉄道の菜の花や桜のの見頃時期は、その年の気候状況や天候により前後します。

2022年3月4日現在、小湊鉄道沿いの菜の花は、まだそれほど咲いていません。

2022年の小湊鉄道の菜の花の見頃は、寒い期間が続いたこともあり遅れ気味で、3月下旬~4月中旬になるでしょう!

小湊鉄道のアクセスや駐車場は?

小湊鉄道の菜の花

小湊鉄道

住所:千葉県市原市~大多喜町

TEL: 0436-21-6771

料金: 初乗り140円、里山トロッコ列車は普通運賃+500円、懐石料理列車は五井駅~養老渓谷駅で所要1時間6分、4000円~(要予約)

アクセス

鉄道でのアクセス

鉄道で東京からJR総武線快速で五井駅まで約60分です。

バスでのアクセス

バスでバスタ新宿(4階3番)から直通バスで五井駅まで約85分です。

横浜駅東口から直通バスで五井駅まで約65分です。

車でのアクセス

車で川崎浮島JCTから東京湾アクアラインを利用して、圏央道市原鶴舞ICまで約35分です。

空港からのアクセス

飛行機で羽田空港から、五井駅までリムジンバスで約60分です。

成田空港から、JR成田線〜(約40分)〜千葉駅乗換〜JR内房線(約18分)〜五井駅となります。

駐車場

上総牛久、里見、養老渓谷の各駅には駐車場があります。

まとめ:小湊鉄道の菜の花や桜の2022年見頃や開花状況は?撮影スポットやアクセスや駐車場は? 

ここでは、小湊鐡道の菜の花や桜の魅力や見どころ、列車とのコラボレーションの撮影スポット、菜の花や桜の2022年見頃時期や開花状況、アクセスや駐車場にいて紹介しました。

小湊鐡道の菜の花や桜と列車とのコラボレーションの絶景をぜひお楽しみください!

おすすめの記事