小金井公園桜まつりの2022年開花状況や見頃やライトアップは?アクセスや駐車場は?
小金井公園の桜

東京都の小金井公園には、桜の見頃・開花時期には、約50種、約1700本もの桜が咲き誇り、例年小金井桜まつりや夜桜ライトアップが開催されます。ここでは、小金井公園の魅力や見どころ、2022年小金井桜まつりや夜桜ライトアップの開催有無、2022年見頃時期や開花状況、アクセスや駐車場について紹介します。

小金井公園の桜の魅力や見どころは?2022年小金井桜まつりの開催は?

小金井公園の桜

東京都小金井市、そして小平市・西東京市・武蔵野市またがる「小金井公園」は、都立公園として最大規模の広さを誇り、それぞれの市民から愛され、憩いの場として親しまれています。

新宿から中央線で西へ約20分というアクセスの良い立地ながら、敷地面積は約80haと広大で、巨大な国営昭和記念公園の半分ほどですが、都立公園では、日比谷公園の4.8倍、上野公園の1.4倍に相当する広さです。

小金井公園の桜
小金井公園の桜

公園内には、野球場やテニスコート、弓道場といったスポーツ施設から、愛犬家には嬉しいドッグラン、広々とした草地エリアのユーカリ広場でバーベキューを楽しめるバーベキュー広場などがあります。

また、サイクリング専用コースもあり、園内の広大な雑木林と合わせ、家族そろってサイクリングも楽しめます。

様々な楽しみ方ができる都立の総合公園である小金井公園が、一年で最も賑わうのが、桜の咲く春です。

園内には、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、サトザクラ、カスミザクラなど50種類、約1700本もの桜が植栽されています。

小金井公園の桜

特に園内西側にある「桜の園」は、「日本さくら名所100選」にも選定されている桜の名所で、ヤマザクラを中心に約430本のサクラがあり、圧巻の眺めが楽しめます。

同じく園内西部にある歴史的建造物を数多く保存・展示する野外博物館「江戸東京たてもの園」近くにある「たてもの園前広場」には多くのソメイヨシノがあり、毎年たくさんの花見客で賑わいます。

また、「SL展示場」は、国鉄C57形蒸気機関車186号機と国鉄スハフ32形客車2146が保存される、鉄道ファン垂涎の人気スポットです。

この蒸気機関車展示場の周辺には、濃紅色が美しい「寒緋桜(カンヒザクラ)」があり、SL車体の重厚感漂う艶のある黒と、鮮やかな濃いピンクとのコントラストが印象的な、小金井公園内でも穴場と言える桜スポットで、こちらの見逃せません。

園内東側、ユーカリ広場やドッグラン付近にある、可憐な花を咲かせる一重の「紅枝垂(ベニシダレ)」があり、足元の菜の花と共に、きらめくような美しさは見逃せないスポットです。

しだれ型の桜の中でも花色が濃い目ですが、特に色が濃いのはつぼみの色で、花自体は優雅で可憐な色合いです。

小金井公園の桜

一斉に咲き誇るメインのソメイヨシノとはまた違った、落ち着きある美しさで、心にしっかりと残る名木です。

小金井公園に隣接する五日市街道沿いの玉川上水には、名勝「小金井桜」として名高い、奈良県の吉野山と茨城県桜川から取り寄せたとされる由緒ある桜、見事なヤマザクラの並木があります。

様々な品種の桜が植えられている小金井公園の桜は、早咲きから遅咲きまで、長い期間桜を楽しむことができます。

例年小金井公園では、桜の見頃時期に「小金井桜まつり」が開催されます。

小金井公園の桜

郷土芸能、音楽演奏などのイベントも行われ、たくさんの飲食の屋台、露店も出店し、多くの花見客ピクニックスタイルや宴会スタイルで楽しみます。

日没後には、夜桜ライトアップが行われ、昼間とは異なる幻想的な夜桜が楽しめます。

残念ながら、2022年3月26日〜2022年3月27日に予定されていた2022年の小金井桜まつりは中止となりました。

また、今年も、レジャーシートを敷いてのピクニックスタイル、宴会スタイルでのお花見は禁止です。

夜桜ライトアップも実施されないようです。

ゆったり散策しながらのお花見が推奨されており、小金井公園だけでなく、近隣地域の桜スポットを周遊しながら、まちの美味しいスイーツやカフェ等を楽しめるよう、「桜めぐりマップ」が発行され、公園サービスセンター等で配布中です。

詳細は、小金井公園の公式サイトにてご確認くださいね!

小金井公園の桜の2022年見頃時期や開花状況は?

小金井公園の桜

小金井公園の桜の見頃は、例年3月下旬~4月下旬です。

多くの桜の品種があるため、開花~見頃時期まで少しずつずれて、長期間美しい桜を見ることができます。

メインのソメイヨシノの開花は、天気予報情報サイトで3月20日頃と予想されています。

2022年3月16日現在、小金井公園の桜はまだつぼみですが、3月中旬になって暖かい日が続いていますので、ほぼ予想通り開花するのでは?と言われています。

3月20日頃の開花、五分咲きが3月24日頃、そして3月27日頃に満開で、4月4日頃に桜吹雪との予測です。

2022年も大体例年通りの期間、小金井公園の桜は楽しめそうです!

小金井公園のアクセスや駐車場は?

小金井公園の桜

住所:〒184-0001 東京都小金井市関野町1-13-1

電話:042-385-5611(小金井公園サービスセンター)

入園時間:24時間自由

入園料:無料

アクセス:

公共交通機関でのアクセス

JR中央線 武蔵小金井駅から
北口バス乗場2・3番から西武バス=>「小金井公園西口」下車
北口バス乗場4番から関東バス三鷹駅行=>「江戸東京たてもの園前」
 「小金井公園前」「スポーツセンター入口」下車

JR中央線 東小金井駅下車
北口バス乗場からCoCoバス=>「小金井公園入口」「たてもの園入口」下車

西武新宿線 花小金井駅から
小金井街道に出て「南花小金井」バス停=>西武バス武蔵小金井駅行=>「小金井公園西口」下車

車でのアクセス

中央自動車道調布ICから都道12号(武蔵境通り)を経由し、都道7号(五日市街道)を小平方面へ車で10km

駐車場:あり(有料)

小金井公園第一駐車場 425台(うち身障者用10台) 普通車 1時間まで300円 

小金井公園第二駐車場 124台(うち身障者用6台)  普通車 1時間まで300円 

まとめ:小金井公園桜まつりの2022年開花状況や見頃やライトアップは?アクセスや駐車場は?

ここでは、小金井公園の魅力や見どころ、2022年小金井桜まつりやライトアップの開催有無、2022年見頃時期や開花状況、アクセスや駐車場について紹介しました。

都心からもアクセスもしやすいので、咲き誇る桜の花を見て、癒しのひと時をお過ごしください!

おすすめの記事