横浜開港祭の2022年花火時間やクルーズやおすすめ見どころは?駐車場やアクセスは?
横浜開港祭の花火

横浜開港祭が、2022年に3年ぶりにフル開催されますが、ステージや花火やドローン等様々なおすすめイベントや見どころが目白押しです。ここでは、横浜開港祭の魅力や見どころ、2022年のおすすめイベントやスケジュール、2022年花火時間や場所、おすすめの花火クルーズ、アクセスや駐車場について紹介します。

横浜開港祭の魅力や見どころは?

横浜開港祭の花火

横浜港は、1859(安政6)年6月2日(新暦7月1日)に、アメリカ、オランダ、ロシア、イギリス、フランスの各国と締結した安政五カ国条約に基づき開港されました。

1年後の1860年6月2日に開港1周年を祝ったのが、開港記念日の始まりと言われています。

横浜開港祭は、港に感謝し、市民と共に横浜の開港記念日である6月2日を祝い、まちづくりと観光の活性化を図るために開催される「市民祭」です。

横浜市の臨港パークで行われ、1981年に「国際デープレ横浜どんたく」として初開催し、翌年の1982年からは、名称が「’82国際デー第1回横浜どんたく」となり、その後1984年の第3回目に「横浜どんたく」1995年から現在の横浜開港祭として開催されているそうです。

横浜開港祭は、陸上および海上で行われるイベントに分かれます。

横浜開港祭では、子供たちも楽しめるイベントとして、エコについて楽しく学べる「エコキッズパーク」、トランポリンで遊べる「キッズプレイランド」、みなとみらいの海を体験操縦できる「スーパーキッズ」、親子で楽しめる「横浜開港祭検定スタンプラリー」など様々なイベントが行われます。

また、みなとみらい地区の陸上と海上を遊覧できる「水陸両用バス乗車会」や臨港パーク前海上では、日頃横浜港で活動する官公庁艇船舶による壮観な「官公庁艇パレード」も見逃せません!

その中でも、臨港パーク内のメインステージで、ゲストミュージシャンのライブや市民による大合唱、光と音を融合した花火大会の「ビームスペクタクル in ハーバー」は見ごたえ充分です!

横浜開港祭のフィナーレを飾るにふさわしい花火大会である、横浜開港祭花火大会ビームスペクタクルinハーバー

大都会横浜港の夜空を焦がすかのような鮮やかな花火、音楽に合わせて打ち上げられるミュージック花火に加え、華々しいライトとレーザー光線による光のショーが楽しめる、光と音の大スペクタクル!

横浜のすばらしい夜景が、花火に華を添えます。

横浜開港祭のフィナーレを飾る大イベントです。

高島中央公園では、隣接するヘリポートから500機のドローンを飛ばす「ドローンショー」や、神奈川県産の材料を使ったフードから投票で選ぶ「グルメ王グランプリ」が行われます。

会場には、昔ながらの屋台が出店し、料理教室など子どもたちが楽しめるプログラム等も展開されますよ!

横浜開港祭の2022年のおすすめイベントやスケジュールは?花火時間は?

横浜開港祭の花火

横浜開港祭は、2020年は新型コロナウイルスの影響で開催中止になり、2021年は実地とオンライン配信のハイブリッドで開催され、臨港パークは人数を3000人と限定して実施されました。

2022年は臨港パークをメイン会場に、みなとみらい21地区や新港地区、その他周辺でイベントを実施予定です!

2022年の横浜開港祭のコンセプトは、「"Thanks to the Port"『開港を祝い、港に感謝しよう』~優しさつくる 新たな挑戦~」

2022年の臨港パークの特設ステージでは、T.C.R.横浜銀蝿R.S.と明和電機による「未来へのきずなライブ」や、市民約310人による合唱「ドリーム・オブ・ハーモニー」が行われます。

また、光りと音のショー「ビームスペクタクル inハーバー」、2021年話題となった横浜市内18区で行われた「シークレット花火」も行われる予定です。(場所について非公開)

横浜開港祭のメインイベントの花火は、真上に上がる大迫力のスペクタクルを楽しみたい方には、やはり有料観覧席がおすすめです。

会場芝生席(2人席) 7,000円 ※1名分/2枚単位で販売

横浜開港祭花火大会の有料観覧席チケットは例年4月頃に発売開始されますが、2022年は5月2(月)10:00~31(火)23:59までの発売です。

横浜開港祭花火大会のチケットは、こちらから購入可能ですよ!

その他、ドローンショーのほか、港にちなんだ船の展示や横浜湾港内のクルーズなども行われますよ。

2022年の横浜開港祭の主なおすすめイベントは、以下の通りです!

グルメ王グランプリ

高島中央公園では、神奈川県内で生産された野菜、畜産物、魚介類、調味料を使った1品料理を提供する「グルメ王グランプリ」の開催!

様々なグルメが堪能できますよ!

開催場所:高島中央公園

住所:横浜市西区みなとみらい5-2-2

時間:10時〜20時

要申込スーパーキッズ体験操船会

小学生を対象とした普段体験ができない船外機(エンジン付き)ゴムボートを操縦できるチャンス!

海の楽しさを満喫しましょう。

開催場所:臨港パーク前海上

住所:横浜市西区みなとみらい1-1

時間:7時30分〜13時〜15時

料金:1人500円

わくわく!海で働く特殊車両展示

海で働く特殊車両を展示や海の仕事を紹介!

VRで操作体験も?

開催場所:臨港パーク 特殊車両エリア

住所:横浜市西区みなとみらい1-1

時間:10時〜15時

移動タッチプールアクアマリンふくしま

公益財団法人ふくしま海洋科学館のトラック式移動水族館が登場!

タッチプールでは福嶋沿岸に生息するウニやヒトデなどを手に取って観察?

開催場所:臨港パーク 南口広場

住所:横浜市西区みなとみらい1-1
時間:10時〜15時

ステージイベント

メイン会場のステージでは、ダンスパフォーマンスやよさこい、ライブなど多彩な催しがいっぱいです

開催場所:臨港パーク ステージ

住所:横浜市西区みなとみらい1-1

【要申込】ロサ・アルバ横浜湾港内クルーズ

観光船ロサ・アルバに乗って、横浜港を遊覧!

開催場所:臨港パーク ぷかり桟橋

住所:横浜市西区みなとみらい1-1

時間:9時〜14時

料金:1人500円

横浜港に500機のナイトドローンショー

ドローンを使った圧巻の光輝くショーを楽しめます

開催場所:臨港パーク(耐震バースヘリポート上空)

住所:横浜市西区みなとみらい1-1

時間:19時25分〜35分

スカイエリア18区花火

市内18区の各地で、医療従事者への感謝の思いと新型コロナウイルスの収束を願って75発の花火をの打ち上げ!

開催場所:市内18区(打ち上げ場所はシークレット)

時間:19時53分〜55分

日程: 2022年6月2日(木)

ビームスペクタクルinハーバー

会場:臨港パーク全面洋上

時間: 19:45~19:55

※荒天の度合いにもより中止の可能性あり

TEL:045-212-5511(横浜開港祭実行委員会事務局

その他、おすすめイベント目白押しです!

チビッ子ミニ駅伝: 7:30~12:00、臨港パーク内 特設コース

スーパーキッズ体験操船会: 7:30~10:00、10:00~13:00、臨港パーク前海上

世界初実用型ホバーバイク XTURISMO(エックストゥーリスモ)VR体験: 

10:00~12:00、13:00~16:00、みなとみらいリサーチセンター1F

水陸両用バス「スカイダック横浜」乗車会: 10:00~17:30、日本丸メモリアルパーク

ROAD to 横浜開港祭 YOKOHAMAダンスSTARS: 予選:10:00~12:00、決勝:15:20~16:30

ROAD to 横浜開港祭 Battle HERO: 14:45~15:45、臨港パーク内メインステージ

未来へのきずなライブ: 

16:20~18:20、臨港パーク内メインステージ ゲスト:T.C.R.横浜銀蝿R.S. 、明和電機

横浜開港祭の2022年おすすめ花火クルーズは?

横浜開港祭の花火

音楽とレーザー光線による光と花火のコラボレーションによるビームスペクタルinハーバー

2022年は、花火に先駆けて、500機のドローンによるドローンショーも!

やかり、特等席から存分に花火を堪能したいですよね!

混雑知らずの横浜開港祭の特別花火クルーズがおすすめです!

横浜開港祭 ナイトイベント: 2022年6月2日(木)19:00~20:00

19:25~19:35 ドローンショー

19:45~19:55 ビームスペクタクルinハーバー(花火イベント)

食事付きの贅沢プランから、お手軽な乗り合いクルーズまで色々ありますよ!

リザーブドクルーズ

1階席は窓が大きく、2階はオープンエアで花火等を見るには最適なクルーザー「オーシャンクラフト」に乗船できます。

海上の特等席でゆったりと開港祭のイベントを見ることができるスペシャルな体験をぜひ!

出航場所: みなとみらいぷかりさん橋

住所 :横浜市西区みなとみらい1-3先 

アクセス

首都高速横羽線 みなとみらいランプより約2分
JR・市営地下鉄 「桜木町駅」より徒歩約10分
みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩約3分

使用艇: オーシャンクラフト(予告なく変更になることがございます)

料金: 大人5,500円、小人(3歳以上12歳未満)3,300円
(幼児は大人1名につき1人まで無料、2人目からは小人料金)

リザーブドクルーズの予約は、こちらからお願いします!

お問い合わせは、Tel : 045-290-8377です。

ロイヤルウイング

横浜港大さん橋より出航しているレストラン船「ロイヤルウイング」では、第41回横浜開港祭を記念し、開港記念日当日の2022年6月2日(木)限定で特別クルーズを運航!

食事は自慢の中国料理のバイキングを、フリードリンク付きでゆったりと席にて楽しめます。

横浜港大さん橋国際客船ターミナルを午後6時半に出港する「横浜開港祭特別クルーズ」を3年ぶりの実施です!

開催日: 2022年6月2日(木)

特別便18:30発〜20:20着

大人 : 11,000円

小学生 7,000円

幼児 3,500円
※乗船料・中国料理バイキング・フリードリンク・消費税込み

ロイヤルウイングの予約は、こちらからできます。

ロイヤルウイングのお問合せ電話: 045-662-6125(受付時間 10:00~19:00)

ポートサービス

ポートサービスは、水上バス「シーバスで特別クルーズを企画しました。

横浜駅東口、ハンマーヘッド、ピア赤レンガの各乗り場から計3隻が出航するのは今年からの取り組みで、開港祭の光によるショーや打ち上げ花火も船上で楽しむ予定です。

運航日  :2022年6月2日(木)

出航場所 :シーバス 横浜駅東口のりば(神奈川県横浜市神奈川区金港町 横浜ベイクォータ 2階)

集合時間 :18:30~

出航時刻 :19:00

料金: 大人(中学生以上)5,000円 小人: 3,000円

集合場所: シーバス 横浜駅東口のりば

住所: 〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町 横浜ベイクォータ 2階)

集合時間: 18:30横浜市中区新港2-14-1

横浜ハンマーヘッド1F(受付カウンター) みなとみらい線「馬車道駅」から徒歩10分

ポートサービスでは、同社観光船「マリーンルージュ」でも、食事付きプラン(大人12000円もありますよ!

ポートサービスの予約は、こちらからできます。

予約・問い合わせ: ポートサービス電話045-671-7719

横浜開港祭の会場やアクセスや駐車場は?

横浜開港祭

会場:横浜みなとみらい21地区の臨港パークとその周辺

アクセス

電車でのアクセス

地下鉄みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩7分

JR京浜東北線・地下鉄「桜木町駅」から動く歩道約12分

車でのアクセス

神奈川1号横羽線みなとみらい出口、約2分

駐車場

みなとみらい公共駐車場

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

収容台数:1,154台

営業時間:07:00~24:00 

料金:60分540円、最大は平日1,400円、土日祝1,900円

横浜アイマークプレイス

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5

収容台数:約256台

営業時間:平日07:00~22:00、土日祝09:00~21:00

料金:30分270円 最大は平日1,000円、土日祝1,500円

横浜野村ビル

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-1

収容台数:約172台 

営業時間:平日07:00~22:00、土日祝09:00~22:00

料金:30分300円、最大は平日1,200円、土日祝1,500円 ※店舗利用で割引あり。

横浜三井ビルディング

住所:神奈川県横浜市西区高島1-1-2

収容台数:151台

営業時間:07:00~23:00

料金:【07:00~23:00】30分300円、最大は全日2,000円

   【23:00~07:00】60分100円、最大は全日500円

三菱重工横浜ビル

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1 

収容台数:463台

営業時間:07:00~23:00

料金:30分250円、最大は平日1,100円、土日祝2,000円 ※事前予約が可能。

臨港パーク臨時駐車場

台数:100台

料金 : 最大1,100円・ 30分250円

タイムズプライムコーストみなとみらい

台数:49台

料金:最大1,800円・30分330円

マークイズみなとみらい 駐車場入口タイムズタイムズOCEAN GATE MINATOMIRAI

台数:900台

料金:30分280円

タイムズHULICみなとみらい

台数:483台

料金:最大1,870円・30分330円

やっぱり、できるだけ車で行きたい!という方にとっては、出来るだけ便利な場所で、安く停められる駐車場を探したいですよね!

そんな方に、「相場の半額以下の駐車場」がい〜っぱい見つけられて、「スマホからカンタンに駐車場の予約」ができる「毎月100万人以上が使う駐車場予約サービス「特P」」がおススメです♪

もう満車、満車で、うろうろ駐車場を探さなくても良いように、予約で確実に駐車しちゃいましょう。

毎月100万人以上が使う駐車場予約サービス「特P」は、こちらからチェック!

まとめ:横浜開港祭の2022年花火時間やクルーズやおすすめ見どころは?駐車場やアクセスは?

おすすめの記事