博多祇園山笠の2022年日程やスケジュールは?追い山や飾り山は?
博多祇園山笠

櫛田神社祇園例大祭の博多祇園山笠が、2022年開催予定ですが日程・スケジュールや追い山・飾り山や桟敷席等気になりますよね!ここでは、博多祇園山笠の歴史や追い山・飾り山等の見どころや観賞スポット、2022年日程・スケジュール、桟敷席のチケット購入法、アクセスや駐車場や交通規制について紹介します。

目次

博多祇園山笠の歴史や魅力は?独特の風習は?

博多祇園山笠

博多祇園山笠の歴史や魅力

博多祇園山笠は、正式には櫛田神社(くしだじんじゃ)祇園例大祭といい、博多どんたくとともに博多を代表する祭りで、例年7月に行われます。

櫛田神社は博多の総鎮守として市民に親しまれている神社です。

2016年の11月30日には、この博多祇園山笠を含め、全国の33の祭りの「山・鉾・屋台行事」が、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。

福岡県福岡市博多区にある櫛田神社の神事の一つである博多祇園山笠ですが、その起源は諸説あるそうです。

鎌倉時代の1241年、博多で疫病が流行したときに、博多・承天寺の開祖・聖一国師というお坊さんが、山笠の原型になる施餓鬼棚(せがきだな)に乗って祈祷水をまいて、疫病退散に尽力したいう説が有力です。

その後、神仏混交の時代となり、疫病・災害の除去を願う祇園信仰と結びついて、やがて「山笠」の祭として発展し、櫛田神社の奉納神事となり現在にいたるそうです。

770年以上もの歴史のあるお祭りなんですね。

博多祇園山笠は、“静”と“動”の祭りと言われ、装飾に贅を凝らした「飾り山笠」と、町中を走る「舁(か)き山笠」

「舁き山笠」は7つの流ごとに1基作られ、「飾り山笠」は商店街などに13基設置され、豪華絢爛な姿を見せてくれます。

博多祇園山笠は、「舁き山笠」は七つの流の男たちが法被に締め込み姿で、博多人形を飾り付けた山笠(重さ約1トン)を、次々と舁き手が交代しながら街を疾走する、勇壮で熱気に包まれる行事です。

博多祇園山笠は博多に本格的な夏を告げ、15日間街全体熱気に包まれます。

7月15日の追い山笠には、例年7千~1万人が参加し、櫛田神社の清道を回る「櫛田入り」を披露した後、博多の町を山笠(やま)を担いで回ります。

山笠は、博多人形師が丹精込めて作り、豪華で美しいです!

博多祇園山笠の見どころが、この 山笠舁(か)きです。

舁(か)く とは、 肩に山笠の棒をのせて走ることです。

山笠の舵取りをする “ 網とり ” を先頭に、舁き手が “ 勢い水 ” を浴びながら勢い良く博多の街を疾走するのです。

法被に締め込みと呼ばれる褌(ふんどし)姿の男衆が、“山のぼせ”の男気を全身から迸(ほとばし)らせ、数トンにもなる山笠を担いで大通りを疾駆する景観は大迫力です。

「オッショイ!」「オイサ!」という、力強い掛け声が聴衆の興奮をさらに高めて、勇ましく山笠を担いで舁き回す男達の雄姿に、博多の街の熱気は最高潮に達します。

山笠の台に座り、舁き手の指揮を執る祭りの華である「台上がり」は、博多男児の最高の栄誉ともいわれています。

最終日には、大勢の観客が見守られて、決められたコースをいかに早く舁き回すか、タイムトライアルの追い山が行われるのです。

博多祇園山笠の独特の風習

博多祇園山笠には、いつくかの独特の風習があり、縁起を担ぎます。

その一つが「きゅうり断ち」で、山笠開催期間の時期はきゅうりを食べてはいけない、というものです。

何故きゅうなのかと言うと、櫛田神社の神紋が、きゅうりの断面に似ているからという説が有力だとされています。

また、女人断ちといって、博多山笠は「女人禁制」の祭で、女性が祭りを見物するのは大丈夫ですが、山笠に触れることや、担ぎ手の詰所に立ち入ることは禁止されています。

よって、担いでいる人は男性だけですが、一部の山笠では、小学生の女児(4年生以下)も担ぐことが許されているそうです。

博多祇園山笠の2022年見どころや観賞スポットは?屋台は?

博多祇園山笠

博多祇園山笠の見どころ

博多祇園山笠の見どころを、以下に紹介します。

博多祇園山笠 見どころ1.流舁き(ながれがき)

流舁きは、それぞれの町内で山笠を舁き回しますが、タイムトライアルはありませんが、町内の狭い道を舁き回し、圧巻の迫力です。

3男たちが代わる代わる舁き続けて疾走する山笠は見ごたえがあります。

博多祇園山笠 見どころ2.追い山笠ならし(追い山ならし)

追い山笠ならしは、流舁きで肩ならしした山笠が、追い山笠の予行練習です。

コースは奈良屋町角の廻り止めまでの約4kmで、本番の追い山笠よりコース距離が若干短いです。

タイムトライアルも行われているので、全力疾走する姿に感動します。

また、櫛田入りする舁き手を選抜する棒競り(ぼうぜり)も一見の価値があります。

博多祇園山笠 見どころ3.追い山笠(追い山)

博多山笠のクライマックスは、やはり7月15日に行われる追い山笠(追い山)でしょうか。

最終日未明、続々と7つの山笠が櫛田神社前に集合し、1番山笠が大太鼓の合図とともに“ 櫛田入り ”をします。

清道(旗)を廻ったところで7つの山笠を代表して「博多祝い唄」を唱和し、夜明けの博多市街へ勢い良く駆け出し、以降5分間隔で残りの6つの山笠が次々とスタートするのです。

東長寺・承天寺付近の細い路地を駆け抜けて、須崎町の「廻り止め」まで目指します。

追い山笠は山のぼせの男気真骨頂で、必死の形相で弾けるように駆け出し、気合の疾走に全てのエネルギーを注ぎ込むのです。

山笠を担いでいかに速く舁き廻すか、約5キロの道を駆け抜けるタイムトライアル(平均30分前後)です!

博多祇園山笠 見どころ4.集団「飾り山」見せ

福岡市市役所で7つの山笠が一同に会し、お披露目するのが集団山見せです。

全ての明治通りの呉服町交差点に集結し、天神を経由して福岡市役所を目指し行進します。

その距離は約1.3kmで、福岡市役所で市長に挨拶後解散となりますが、帰りも同じルートを通るので、往復で楽しめます。

豪華絢爛な山笠や担ぎ手の服装の違いを、ゆっくり見る事ができますよ!

撮影ポイントも多く、おすすめです!

いい位置で撮影するには混雑するので、早めに場所を確保する必要がるでしょう。

博多山笠のメインは追い山や集団山見せなど後半のスケジュールになりますが、前半、博多各所に公開されている「飾り山」も楽しみましょう。

2022年は、現在放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の人気を受けてか、劇中でも人気だった源九郎義経に関する標題が多数登場します。

勇壮な姿で駆け抜ける舁き手が櫛田入りとなるスタート地点では、舁き手たちのピリピリとした空気や緊張感が見どころとなります。

博多祇園山笠 見どころ5.子供山笠

博多祇園山笠では、子供山笠があり、走らせているのは博多小学校、千代小学校、天神の商店街「新天町」、そしてRKB毎日放送主催「博多子供山笠教室」です。

山笠人口の減少を危惧して、地元放送局ともタイアップしながら積極的に地域外の子供達も子供山笠に参加させる動きが出ているようです。

博多祇園山笠の鑑賞スポット

東長寺や承天寺の門前も人気があり、多くの人が観覧するポイントです。

落ち着いて広い場所で見たい場合は、博多のメインストリート・大博通り呉服町の交差点がおすすめです。

ゴール地点は、舁き手が最後の力を振り絞り、唸るような掛け声とともに駆けていく姿が大迫力です。

追い山笠及び追い山ならしのコースのおすすめ観賞スポットは、以下の通りです。

博多祇園山笠の鑑賞スポット1.山留め

櫛田入りのスタート地点「山留め」は、櫛田入り前の舁き手の緊張感が伝わり、静から動に切り替わる瞬間を見ることができます。

5秒前のアナウンスから棒鼻を叩き鬨の声を上げて舁き山が走り出す瞬間は身震いしますよ!

博多祇園山笠の鑑賞スポット2.櫛田神社清道

約1トン以上もある舁き山が、「オイサ!オイサッ!」の掛け声と太鼓の音で、清道になだれ込む様は圧倒的な景観です。

また、一番山笠にのみ許されている祝い歌「祝いめでた」の奉納は、感動です!

桟敷席の見物客のみが立ち会える瞬間です。

山留めをスタートし、櫛田神社境内に入っていき、そして櫛田神社から博多の町に出て行くシーンを観賞できるのが、櫛田神社清道正面です。

櫛田神社清道正面は、大人気の鑑賞スポットで、競争率も高いです。

博多祇園山笠の鑑賞スポット3.東長寺前清道

櫛田入りを済ませ、決博多の町へ駆けだした舁き山は、大博通りに出た山笠が大きく弧を描き、日本最古の真言宗寺である東長寺の正面に特設された清道旗(せいどうばた)を廻ります。

清道旗を山笠が回る際、アスファルトと山笠台の足が時折接触し、大迫力の音となります。

豪快な景観を、広い道でゆっくり山笠を見ることができます。

博多祇園山笠の鑑賞スポット4.承天寺前清道

承天禅寺は博多山笠発祥の地といわれていて、敬意を表して3つめの清道旗が立てられています。

承天寺前には、承天寺の住職は施餓鬼棚に乗って、通過する舁き山の表敬を受けます。

幅員5メートル程度の狭い路地を山笠が全力で駆け抜け、180度ターンする清道廻りは最大の難所で、まさに舁き手の腕の見せ所です。

博多祇園山笠の鑑賞スポット5.下呉服町の四つ角

承天寺から山はここで直角に曲がりますが、まっすぐに走るためスピードが出ていることに加え、狭い道を90度曲がることから、舁き手はカーブで膨らむ舁き山を押さえなければいけません。

パワーとテクニックの見せ場であり、ここを曲がり、舁き山は博多のメインストリート、大博通りに飛び出す瞬間は感動間違いなしです。

博多祇園山笠の鑑賞スポット6.大博通り

博多を真っ直ぐ貫くメインストリートです。

大博通りはゆっくり進むので、追い山笠の全景を見ることができ、歩道が広く比較的安全なので、子供連れの方やグループでの観賞にもおすすめのポイントです。

博多祇園山笠の鑑賞スポット7.旧西町筋の狭い四つ角

山笠のコースで最も狭い道を直角に曲がりますが、狭い道なので迫力抜群です!

この角を曲がり狭い道を再び駆け抜け、廻り止めのある奈良屋町、須崎町方面へ向かうのです。

多祇園山笠の鑑賞スポット8.追い山ならし廻り止め・追い山廻り止め

追い山ならしは「追い山」よりも距離が短く(約4Km:追い山は約5km)、ゴール地点である「廻り止め」も追い山よりも手前に設定されています。

タイム計測は本番同様に行われており、早くゴールしようと最後の直線を必死に加速する舁き山は本番と同様です。

博多祇園山笠のクライマックス「追い山」のゴール地点では、最後の力を振り絞る舁き手の迫力、ゴール後の安堵感と計測タイムを待つ緊張感と、最高の瞬間を目の当たりにします。

博多祇園山笠の屋台(露店)

博多祇園山笠では、博多名物の屋台も一緒に楽しみましょう!

屋台(露店)の出店について

出店場所: 櫛田神社、福岡市内商店街など各所

営業時間: 午前中~22:00。店舗によって異なります。

例年、博多祇園山笠の屋台や露店では、焼きそば、たこ焼き、お好み焼き、チョコバナナやかき氷等定番の屋台グルメだけではなく、明太子や豚骨ラーメン等地元グルメも楽しめますよ!

また、追い山の廻り止(決勝点)となっている石村萬盛堂さんは、銘菓『鶴乃子』でおなじみですが、祇園饅頭博多祇園山笠のお祭り期間中だけに販売される『祇園饅頭』もありますよ!

迫力ある写真を撮るには、スマホでも、広角・マクロレンズを装着すると、スマホだけより、もっともっとぐわっと迫るような、映える、迫力ある写真が撮れるんです♪

ぐいっと近づいて力強い写真を撮ったり、躍動感あふれる、広がりのある写真を撮ったり。。。

スマホに簡単早着するだけで、1段レベルアップした写真を撮れること間違いなし♪

軽量・手のひらサイズで、2000円台と、お財布にも優しい価格!

スマホにも、ダブレットにも簡単早着可能ですよー。

\今すぐスマホレンズをGETして、簡単・手軽に今より最高の写真を撮る/

博多祇園山笠の2022年日程やスケジュールは?

博多祇園山笠

博多祇園山笠の2022年開催日程

博多祇園山笠は、新型コロナウイルスの影響で、2020年は中止、2021年は市内各地に大型の山笠を飾る「飾り山」のみでしたが、2022年は3年ぶりに通常開催されます。

2022年7月1日~15日に行われる博多の伝統行事「博多祇園山笠」

7月15日の「追い山」神事、大勢の舁(か)き手が担いで走る「舁き山行事」は3年ぶりの実施で、とても楽しみですね!

2022年度の山笠行事はコロナ禍前の形を基本的に踏襲する方針で、感染対策を徹底した上での開催です。

また、一般の見物客には、沿道での見物を控えるように要請するとの事です。

2019年までの開催と同じような開催形態までには届きませんでしたが、再び歩みだした博多祇園山笠!

博多に3年ぶりに山笠の熱気が戻ってきますよ!!

2022年 博多祇園山笠 日程

開催日程:2022年(令和4年)7月1日(金)~7月15日(金)

場所:福岡・櫛田神社(福岡市博多区上川端町1-41)、他

2022年 博多祇園山笠 行事スケジュール

開催日程:2022年(令和4年)7月1日(金)~7月15日(金)

場所:福岡・櫛田神社(福岡市博多区上川端町1-41)、他

博多祇園山笠 2022年7月1日

飾り山笠を一般公開最終日まで14ヶ所で毎日公開します。

当番町の注連(しめ)下ろし、ご神入れ、当番町お汐井(しおい)とり

注連(しめ)下ろし

祭り初日に舁き山笠の流区域を清める行事で、町の角々に笹竹を立て、注連縄を張り、竹で作った”素朴”な御幣を添えます。

櫛田神社神官が祝詞をあげ、期間中の安全を祈願します。

ご神入れ

笠に神を招き入れる神事で、商店街などに建つ飾り山笠が先行します。

櫛田神社の神官がスケジュールに沿って各山笠を回って催行し、これが済むと、山笠は一般に公開され、祭りらしい雰囲気になります。

当番町お汐井(しおい)とり

各流の当番長になった町の面々(流当番のところは流役員)が、一足先に箱崎浜まで駆けて行き、汐井(真砂)を小さな升やテボ(竹ヒゴで編んだか ご)に入れて持ち帰ります。

※2022年は催行しますが、お汐井取りに参加できない方は7月1日(金)・9日(土)17時~終日 正面ゲートが開放されています。

全流お汐井とり

7月9日 の夕方の当番町お汐井とりと主旨と行動はほぼ同様ですが、各流の舁き手が揃うので迫力がります。

各流ごとに午後6時から7時過ぎにかけて箱崎浜に到着し、沈む夕日に柏手を打って安全を祈願します。

帰路は筥崎宮、櫛田神社に参拝します。

※2022年は催行しますが、お汐井取りに参加できない方は7月1日(金)・9日(土)17時~終日 正面ゲートが開放されています。

博多祇園山笠 2022年7月10日

流舁き

いよいよ舁き山笠が登場します。

それぞれの流区域内を舁き回ることからこの名があり、舁き出し時刻は流ごとに異なります。

博多祇園山笠 2022年7月11日

朝山

流舁きですが、早朝に町総代や旧役員を呼んで接待するところから祝儀山とも呼ばれます。

招かれた総代らは帷子(かたびら)に角帯を締めて出席、台上がりは白麻の半纏(はんてん)を着用するのが慣わしで、当番町の子供たちも山笠の「杉壁」内に乗せてもらえるそうです。

他流舁き

流の外に出るところからこの名があり、櫛田神社の清道を回る「櫛田入り」の練習をする流もあるそうです。

博多祇園山笠 2022年7月12 日

15:59 ~ 追い山ならし 

追い山笠のリハーサルです。

一番山笠から順次「櫛田入り」して奈良屋町角の廻り止め(ゴール)までの約4kmのコースを全力で舁きます。

博多祇園山笠 2022年7月13日

15:30~ 集団山見せ

明治通りの呉服町交差点~天神(福岡市役所)間約1.3kmが「舞台」です。

博多祇園山笠 2022年7月14

流舁き

追い山笠では、慣れた若手やベテランの舁き手が交代で山笠に付くため、未熟な舁き手にとっては、その年、山笠が舁ける最後のチャンスです。

博多祇園山笠 2022年7月15日

4:59~ 追い山 

大太鼓の合図とともに一番山笠から順に「櫛田入り」し、内を出て旧博多部に設けられた約5kmの「追い山笠コース」を須崎町の廻り止め(ゴール)を目指して懸命に舁きます。

「櫛田入り」「コース」ともに所要時間を計測します。

櫛田神社の能舞台では午前6時から荒ぶる神様に捧げる鎮めの能が演じられますよ!

博多祇園山笠の桟敷席の2022年のチケット販売は?

博多祇園山笠

博多祇園山笠の桟敷席の例年のチケット販売法

博多祇園山笠の「追い山」と「追い山ならし」は桟敷席にて鑑賞することができます。

櫛田神社内の桟敷席では、スタートした舁き山笠が太鼓の音とともに神社内になだれ込み、「オイサ!オイサッ!」の掛け声と太鼓の音で、清道になだれ込む様は圧倒的な景観を見ることができます!

ただし、入手を希望する人が多く、手に入れることが難しい「プラチナチケット」とわれています。

桟敷席のチケット販売は、毎年6月26日の09:00より櫛田神社にて販売されます。

桟敷席券の価格は、追い山ならしの桟敷席券は1枚3000円(1人2枚まで)、追い山の桟敷席券は1枚6000円(1人1枚限り)です。

販売される桟敷席券は、7月12日の「追い山ならし」の桟敷席300枚と、7月15日に行われる「追い山」の桟敷席300枚、合計600枚です。

ネット販売等はおこなわれません。(※ただし当日の販売時間の締め切り等により余った席種が、まれに社務所にて販売されることもあるそうです。)

毎年多くの人が早くから櫛田神社に並び、いつも約30分ほどで売り切れる人気です。

方法がないので、直接並ぶしか手に入りません。

また、桟敷席券は「エリア入場券」であり指定席ではないことから、より観賞しやすい席をゲットしたい場合には、追い山・追い山ならしの当日も早く並ぶ必要があります。

博多祇園山笠の桟敷席の2022年設置について

2022年は、博多祇園山笠が3年ぶりの追い山行事開催が決定しました。

追い山開催となれば、気になるのは櫛田神社の桟敷席の設置があるかどうかですよね!

2022年6月7日(火)、早朝より資材の搬入が行われており、2022年は桟敷席が建設される事が分かりました。

櫛田神社では、2022年6月26日、フィナーレを飾る「櫛田入り」の「桟敷券」が販売されました。

3年ぶりに「舁き山笠」が走る2022年の「博多祇園山笠」の桟敷席のチケットを求め、多くの人が集まりました。

桟敷席は、境内へと山笠を舁き入れ清道旗を回る櫛田入りを間近で見ることができるいわばアリーナ席で、境内に2200席が設置されます。

7月15日日の追い山笠の桟敷席300枚は、わずか11分で完売したそうです。

博多祇園山笠のアクセスや駐車場は?交通規制は?

博多祇園山笠

場所:櫛田神社近辺および市内各所

住所:福岡県福岡市博多区上川端町1-41 櫛田神社内

電話:博多祇園山笠振興会(092-291-2951)

博多祇園山笠のアクセス

公共交通機関でのアクセス

JRで行く場合は、博多駅から櫛田神社までは徒歩で約20分となります。

また、博多駅から地下鉄空港線で祇園駅まで行き、2番出口を出たあと、徒歩5分で到着します。

飛行機の場合は、福岡空港から博多駅まで、地下鉄空港線が博多駅まで直結していますのでそちらをご利用ください。

車でのアクセス

福岡都市高速「千代IC」より国道202号経由で約1.5km約5分

博多祇園山笠の駐車場と交通規制

周辺の有料駐車場をご利用ください。

ただし、7月1日から7月15日まで、博多区から中央区の広い範囲で交通規制があります。

また、交通規制区域に駐車した場合は規制時間帯は出庫ができませんので注意しましょう。

交通規制

7月12日 追い山ならし: 山集合場所周辺13:30~17:00、山笠コース15:30~18:00

7月13日 集団山見せ: 山笠コース 15:15~18:00

7月15日:追い山: 山集合場所 01:00~07:00、山笠コース 4:00~07:00

まとめ:博多祇園山笠の2022年日程やスケジュールは?追い山や飾り山は?

ここでは、博多祇園山笠の歴史や追い山・飾り山等の見どころや撮影スポット、2022年日程・スケジュール、桟敷席のチケット購入法、アクセスや駐車場や交通規制について紹介しました。

3年ぶり開催の追い山等の熱気ある雄姿を、桟敷席をゲットして楽しみましょう!

おすすめの記事