佐原の大祭夏祭りの2022年日程や内容は?駐車場や中止・変更事項は? 
香取市公式サイトより引用

千葉県香取市佐原「佐原の大祭」夏祭りが、2022年3年ぶりに開催され、山車の曳き回しや屋台等飲食ブースの設置等期待されます。ここでは、佐原の大祭の魅力や見どころ、2022年佐原の大祭夏祭りの日程や内容、山車曳き回しやステージイベント等の中止・変更事項、アクセスや駐車場について紹介します。

佐原の大祭の歴史や見どころは?大迫力の山車の曳き回しとは?

香取市公式サイトより引用

小江戸佐原の一大イベント「佐原の大祭」は、関東三大山車祭の一つとされ、300年もの伝統を有する歴史あるお祭りです。

佐原の大祭は、千葉県香取市佐原の市街地で行われる、夏の「八坂神社祇園祭」(通称、佐原の大祭夏祭り)と、秋の「諏訪神社秋祭り」の総称です。

平成28年には、佐原の山車行事を含む「山・鉾・屋台行事」ユネスコ無形文化遺産にも登録されました。

夏の「八坂神社祇園祭」は7月10日以降の金・土・日曜日、秋の「諏訪神社秋祭り」は10月第2土曜日を中日とする金・土・日曜日に行われます。

祭りの最大の見どころは、なんと言っても豪快な山車の曳き回し

日本三大囃子にも数えられる「佐原囃子(さわらばやし)」に合わせて、小江戸と呼ばれる町中を山車が豪快に曳き回される姿は圧倒的な迫力です。

家々の軒先をかすめながら山車が進むさま、狭い道路で山車がすれ違う(曳き違い)場面は訪れる多くの人々を魅了します。

狭い道路で無事にすれ違うことができると一斉に拍手が沸き起こり、祭りは熱気に包まれます。

夏には小野川の東側(本宿地区)に10台の山車が、秋には小野川の西側(新宿地区)に14台の山車が登場するのです。

山車は、総欅造(そうけやきづくり)等の本体に、「関東彫り」と呼ばれる重厚な彫刻が飾り付けられ、上部には大人形などが飾られます。

大人形は、日本神話や様々な説話に登場する歴史上の人物で、大きさは4m~5mにもなり、日本最大級の大きさを誇ります。

これらの人形は、江戸時代から大正時代にかけて名人と呼ばれた人形師が手がけた、たいへん貴重なものです。

そんな艶やかな山車が、街中の道路を豪快に曳かれるだけでななく、川沿いを曳き回されたりと圧巻です。

山車はすべてまちの人の手で曳かれて、若衆(若連)たちが若頭(かしら)の打つ拍子木(ちゃき)に合わせて曳いていきますす。

大きな山車を曳き回すには、「てこ」と呼ばれる2本の長い丸太で梶をとり、スピードをコントロールしながら曳き回します。

なかでも、山車を直接に曳くだけではなく、「曲曳き(きょくびき)」と呼ばれる特別な曳き方をする場面は最大の見せ場で「佐原の大祭」の華です!

「曲曳き」には、「のの字回し」「小判回し」「そろばん曳き」の3つの曳き方があり、熟練した技術で山車を曳き回します。

「のの字回し」は、軸をずらすことなく回転させることが重要で、ゆっくりと回していきますが、回転が止まり、山車が停止してしまうのは恥と言われています。

「小判回し」は、山車を小判のように楕円形のルートで引き廻す技術で、「そろばん曳き」とはそろばんを伏せて前後に転がす様子をイメージした曳き方です。

本宿祇園祭、八坂神社にはたくさんの出店が立ち並び、賑わいます。

祭りの会場の周辺は、江戸時代から続く商家のまち並みが残っており、「北総の小江戸」とも呼ばれています。

香取市の風景

ゆっくりと山車を鑑賞したい方は、「水郷佐原山車会館」がおすすめです。

「伊能忠敬記念館」や街中の歴史的建造物が40以上も参加している「佐原まちぐるみ博物館」など、家族で楽しめるおすすめのスポットがたくさんあります。

江戸時代の面影が残る歴史情緒溢れる街、香取市香取市では今、いちじくをブランド果物に育てる取り組みが行われているそうです。

「水郷いちじく」は、そのまま皮ごと食べても美味しいですが、生産者のおすすめは、取ったばかりのいちじくを冷凍し、シャーベットにして食べると絶品です!

佐原の大祭夏祭りの2022年日程や内容は?中止・変更事項は?

香取市公式サイトより引用

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、佐原の大祭は、夏祭り秋祭りともに、令和2年度及び3年度の2年続けて中止となりましたが、久々に佐原の大祭夏祭りが開催されることになりました

2022年の曳き廻しは、3日間、各町乱曳きとなるそうです。

佐原の大祭夏祭り2022年日程や内容

開催日程: 2022年7月15日(金)16日(土)17日(日)

開催時間: 10:00~22:00

雨天決行、ただし山車人形にはビニールシートがかけられます

場所: 香取市佐原(夏祭り:本宿地区)

内容(中止・変更事項)

2022年夏の曳き廻しは、密集を避けるため、3日間各町乱曳きとなります。

全町合同での総踊り、巡行、曲曳きは実施いたしません。中止となります。

また、広場の特設ステージをとりやめたため、町内手踊りや郷土芸能といったステージイベントも中止です。

祭り期間は、各広場では、観光客の祭り期間は、各広場にて、休憩スペースと飲食物や特産品などの販売などが行われます。

にぎわい広場小江戸茶屋(下仲町駐車場)

おまつり広場(香取街道駐車場)

小江戸かなえ広場(忠敬橋付近小野川本宿側

※ コロナウイルス感染症対策のため、香取街道駐車場の広場に例年設営していたステージは取りやめます。

そのため、町内の手踊り、郷土芸能の披露は行いません。

また、上記3か所の広場では、アルコールの販売はありません。

佐原の大祭のアクセスや駐車場は?

佐原の大祭
佐原の大祭

佐原の大祭夏祭り

住所: 千葉県香取市佐原本宿地区

お問い合わせ:  水郷佐原観光協会電話番号 0478-52-6675

料金: 入場無料

佐原の大祭のアクセスは?

電車でのアクセス: JR成田線佐原駅下車徒歩10分。

高速バスでのアクセス: 

京成バス・千葉交通 浜松町・東京駅発佐原経由銚子行佐原駅北口下車徒歩10分。

関鉄グリーンバス東京駅発鉾田駅行佐原駅等で下車徒歩10分。

車でのアクセス:東関東自動車道佐原香取ICから10分、大栄ICから20分。

佐原の大祭の駐車場は?

利根川河川敷臨時駐車場:1,000台(無料、大型バス駐車可)

※お祭り期間中の午前9時30分から午後9時まで、利根川河川敷臨時駐車場からお祭り区域付近までシャトル舟とシャトルバスが運航されます。

シャトル舟

片道:大人 600円、子ども300円(2019年実績)

往復:大人1,000円、子ども500円(2019年実績)

シャトルバス

片道:大人200円、子ども100円(2019年実績)

2022年のシャトル舟・シャトルバスの運賃は現在検討中であり、金額が変更となる場合があります。

まとめ:佐原の大祭夏祭りの2022年日程や内容は?駐車場や中止・変更事項は?

ここでは、佐原の大祭の魅力や見どころ、2022年佐原の大祭夏祭りの日程や内容、山車曳き回しやステージイベント等の中止・変更事項、アクセスや駐車場について紹介しました。

久々の佐原の大祭で、迫力の山車曳き回しを堪能しましょう!

おすすめの記事