おたる潮まつり2022の花火日程や穴場は?屋台や打ち上げ場所・時間は?
おたる潮まつり

小樽市のおたる潮まつりが2022年7月開催予定で、道新納涼花火大会の日程・打ち上げ場所、穴場や屋台情報等気になりますよね。ここでは、おたる潮まつり2022の見どころ、 2022年開催日程・時間や打ち上げ場所、穴場や観賞スポット(クルーズ)、屋台の出店情報、アクセスや駐車場や交通規制について紹介します。

おたる潮まつり2022の花火の魅力や見どころは?

おたる潮まつり

おたる潮まつりは、小樽の歴史や文化を次世代に伝承し、小樽の発展を祈念する契機として、1967年に始まった歴史あるまつりです。

ダンスや歌のステージをはじめ、街中を練り歩く神輿パレードなど、小樽市内がまつり一色に染まります。

例年、まつりの初日と最終日に行われる道新納涼花火大会では、打ち上げ花火や水中花火など、豪華な花火の数々が小樽の夜空に打ち上げられ大盛況となります。

第56回目を迎える2022年のおたる潮まつりは「やっぱり夏は潮だね」をサブテーマに掲げ、3年ぶりの開催となります。

2022年は小樽市制施行100年の記念の年であり、またコロナ退散を願い、道新納涼花火大会では直径600~650mもの「大玉花火」が会場から打ち上げられる予定です。

小樽の夏を代表する一大イベント、おたる潮まつり2022について、詳しく見ていきましょう。

おたる潮まつり2022の開催日程や花火打ち上げ時間は?場所は?

おたる潮まつり

3年ぶりの開催となる、おたる潮まつり2022は、7月22日(金)~7月24日(日)に開催されます。

初日の7月22日(金)に、小樽の街中を大勢の人が踊り歩く「潮ふれこみ」が開催されます。

7月23日(土)は「潮ねりこみ」が開催され、おたる潮音頭や潮おどり唄にあわせ、街中を練り歩きます。

最終日の7月24日(日)に道新納涼花火大会が開催されます。

20時~20時30分にて、約3000発の花火小樽港第3埠頭周辺から打ち上げられます。小樽港に打ち上げられる迫力満点の花火は、見る人全員を魅了することでしょう♪

おたる潮まつり2022では、例年初日にも開催されていた花火は中止となります。

また「潮ふれこみ」「潮ねりこみ」も、短いコースでの開催となり、飛び入り参加は禁止となります。

おたる潮まつり2022 日程・時間や打ち上げ場所

開催日程

潮ふれこみ:2022年7月22日(金)

潮ねりこみ:2022年7月23日(土)

道新納涼花火大会:2022年7月24日(日)

打ち上げ数:3000発

打ち上げ場所:小樽港第3埠頭周辺

新型コロナウィルス感染防止を徹底し、形を変えての開催とはなりますが、街中が賑わう3日間になること間違いなしです!!

おたる潮まつり2022の穴場スポットやおすすめの鑑賞方法(クルーズ等)は?

おたる潮まつり

おたる潮まつり2022では、有料観覧席は設けられていません。

日中から盛り上がりをみせ、大変な混雑が予想されるおたる潮まつりですが、穴場スポットがないか調べてみました。

北海製罐小樽工場周辺

住所:北海道小樽市色内3丁目1−1

会場からすぐのスポットにも関わらず、あまり混雑しません。

近くには旭橋と月見橋があり、大パノラマの花火を見ることができます。

目の前で大輪の花を咲かせる大迫力の花火は、光だけでなく、音のすごさを同時の感じることができます。

旭展望台

住所:北海道小樽市富岡2丁目

普段は小樽市街を一望できる、人気の夜景スポットです。

花火を下からではなく、上から見ることができるので、いつもと違った見方を楽しむことができるかもしれません。

天狗山

住所:北海道小樽市天狗山2丁目

こちらも夜景スポットとして人気の場所で、山頂から花火を見ることができます。

車でも行けますが、道程が激しいので運転には十分気を付けてください。

平磯公園

住所: 北海道小樽市若竹町20−36

少し会場から離れてしまう為、花火の迫力には欠けてしまいます。

しかし駐車場があるので、車に乗ったまま花火を楽しむことができます。

手宮公園

住所: 北海道小樽市手宮2丁目5

会場からは離れる為、ゆっくり落ち着いてみたい人にはおすすめのスポットです。

丘の高い位置にあるので、花火を綺麗に見ることができます。

小樽市総合博物館本館

住所:北海道小樽市手宮1丁目3−6

会場から少し離れた場所に位置するので、人混みを避けてゆっくりと花火を楽しむことができます。

小樽運河クルーズ

「地上からではなく、海上から花火を楽しみたい!!」という方には、小樽運河クルーズもおすすめです。花火大会に合わせ、特別便が運航されます。

小樽の夜空を彩る大迫力の花火を、特等席から鑑賞することができるクルーズは、忘れられない真夏の思い出となるでしょう。

小樽運河クルーズの予約受け付けは、7月23日(土)15時までとなっています。

席数に限りがあるので、早めの予約をおすすめします。

詳細は、小樽運河クルーズの公式サイトよりお願いします!

おたる潮まつり2022のの例年の屋台(露店)は?

おたる潮まつり

おまつりには欠かせない屋台!!

おたる潮まつり2022の3日間では、どんな屋台が出店されるのでしょうか。

2022年も例年通り、100店舗以上の屋店が出店する予定です。

くじや射的などのゲーム系、かき氷やクレープ、お好み焼きなどの食事系もあり、とても充実しています。

北海道の郷土料理として有名なジンギスカンもあります。

また今年は100周年を記念し、100に因んだメニューを提供するお店もあるそうです。

どんなゲームをして、何を食べようか…3日間あっても足りないくらいの屋台数ですね!!

2022年の出店のレイアウトが、公式サイトにて紹介されましたので、こちらをご覧ください!

市内中がまつり一色になるおたる潮まつり2022には、どのようにして行けば良いのか、見ていきましょう。

おたる潮まつり2022のアクセスや駐車場は?交通規制は?

おたる潮まつり

おたる潮まつり2022のアクセスは?

公共交通機関の場合、JR函館本線小樽駅が最寄駅です。

会場となる小樽港第3埠頭へは徒歩10分となっています。

まつりの期間中は、市内中心部の混雑が予想されるので、公共交通機関でのアクセスをおすすめします。

おたる潮まつり2022の駐車場は?

会場に駐車場はありません。

小樽市街にいくつかの有料駐車場はありますが、大変な混雑が見込まれます。

小樽市総合博物館が当日、無料開放している可能性もありますので、最新のご案内にご注意ください。

おたる潮まつり2022の交通規制は?

まつり期間中、会場中心は終日車の乗り入れが出来ません。

それ以外のエリアでも17時頃から順次規制がかかるので、ご注意ください。

おたる潮まつり公式サイトより引用

まとめ:おたる潮まつり2022の花火日程や穴場は?屋台や打ち上げ場所・時間は?

ここでは、おたる潮まつり2022の見どころ、 2022年開催日程・時間や打ち上げ場所、穴場や観賞スポット(クルーズ)、屋台の出店情報、アクセスや駐車場や交通規制について紹介しました。

小樽の海を鮮やかに彩る、おたる潮まつりの花火の絶景をぜひお楽しみください!

おすすめの記事