青森ねぶた祭り2022の日程や屋台は?観覧席や歴史や見どころは?
青森ねぶた祭り

巨大ねぶたが街中を練り歩き、跳人(はねと)が乱舞する、青森ねぶた祭りが、2022年8月開催予定で、開催日程、観覧席、屋台や花火情報気になりますよね。ここでは、青森ねぶた祭りの歴史や見どころ、2022年開催日程やスケジュール、花火、屋台情報、観覧席やチケット購入法、アクセスや駐車場について紹介します。

青森ねぶた祭りの歴史や見どころは?

青森ねぶた祭り

青森ねぶた祭りの歴史は?

ねぶた祭りと言えば、やはり青森のねぶた祭りが有名ですよね!!

青森ねぶた祭りは、国の重要無形民俗文化財に指定されている国を代表する祭りです。

「ラッセ!ラッセ!ラッセラー!」と威勢の良い掛け声とともに、豪華絢爛な武者人形のねぶたが、跳人や囃子方たちと賑やかに練り歩き、青森の夏を熱く盛り上げます。

伝統ある青森ねぶた祭りは、七夕祭が起源とされています。

今からおよそ1300年前の奈良時代に、中国から渡来した「七夕祭」と、古来より津軽にあった習俗と精霊送り、人形、虫送り等の行事が一体化し、紙や竹、ローソクが普及されると灯篭となり、それが変化して人形、扇ねぶたになったと考えられています。

初期のねぶたの形態は「七夕祭」にあったとされ、そこに登場する練り物の中心が「ねぶた」と呼ばれる「灯篭」」でした。

七夕祭の夜、穢れを川や海に流す、禊の行事として灯篭を流し、無病息災を祈りました。

これが「ねぶた流し」と呼ばれ、現在の青森ねぶたの海上運行に表れています。

青森ねぶた祭りの見どころは?

ねぶたは最大のもので、幅約9m、高さ約5m、奥行き約8m、重さ約4tにもなります。

その内部には約600~800個の、総容量にして約2万kwにもなる電球や蛍光灯が取り付けられています。

闇夜に浮き出す立体武者は、煌々と眩いばかりに光輝き、まさに勇壮にして壮厳です。

更にねぶたの運行を盛り上げるのは、リズミカルなねぶた囃子や跳人という踊り子の掛け声とエネルギッシュな跳ねです。

ダイナミックなねぶたと熱狂する跳人の興奮を間近で感じられる大迫力の青森ねぶた祭りは、暑い夜の熱い思い出になること間違いなしです!!

「ラッセラー、ラッセラー」の勇ましいかけ声、ねぶた囃子の音色とともに極彩色の巨大な「ねぶた」の姿

最終日には、青森港内の海上を、大きなねぶたがゆっくりと進んでいきます。

海上を行くねぶたのなかには、最高賞の「ねぶた大賞」を受賞したものも!

まさに豪華絢爛で、錦絵のような圧巻の光景が広がります。

鮮やかな花火が夜空を彩り、青森ねぶた祭のフィナーレを華やかに盛り上げ、青森港に二尺玉が花開きます!

青森ねぶた祭り2022の開催日程やスケジュールは?花火の打ち上げは?

青森ねぶた祭り(東北絆祭りより)

3年ぶりに開催される青森ねぶた祭り2022は、2022年8月2日(火)~7日(日)に開催されます。

ねぶたの運行スケジュールは、下記の通りです。

2022年は一斉スタート方式ではなく、順次スタート方式で運行されます。

青森ねぶた祭り2022 開催日程やスケジュール

2022年8月2日3日 19:00~(協働社前)

子どもねぶた(約15台)・大型ねぶた(約15台)運行

2022年8月4日・5日・6日 18:50~(ポレスター新町レジデンス前)

大型ねぶた(約20台)運行 

2022年8月7日 13:00~(ポレスター新町レジデンス前)

大型ねぶた(約20台)運行

2022年8月7日 19:00~(青森港)

青森花火大会・ねぶた海上運行 

2022年8月7日には大賞や各賞を受賞した大型ねぶたが、青森港に向かって練り歩きます。そして勇ましい掛け声とねぶた囃子の音色ともに、大きなねぶたがゆっくりと海上を運行します。

その上で約11000発の花火が花開き、フィナーレでは大型のスターマインが打ち上げられます。

煌々しいねぶたと、色鮮やかな花火のコラボレーションはまさに幻想的な空間であり、見る人すべてを魅了します。

なかなか難しい夜の美しい風景の撮影ですが、スマホでも、広角・マクロレンズを装着すると、スマホだけより、もっともっと映える写真が撮れるんです♪

被写体に近づき迫力ある写真を撮ったり、広がりのある風景写真を撮ったり。。。

スマホに簡単早着するだけで、1段レベルアップした写真を撮れること間違いなし♪

軽量・手のひらサイズで、2000円台と、お財布にも優しい価格!

スマホにも、ダブレットにも簡単早着可能ですよー。

\今すぐスマホレンズをGETして、簡単・手軽に今より最高の写真を撮る/

青森ねぶた祭り2022の観覧席は?チケット購入法は?

青森ねぶた祭り(東北絆祭りより)

青森ねぶた祭りをベストポジションで楽しみたい方には、有料の観覧席をおすすめします。

観覧席は個人と団体に分けられ、1人3,500円(パンフレット付)です。

下記が詳細です。

個人観覧席(9名以下)

8月2日~6日の観覧席券

チケットぴあローソンチケットポみっと!チケットにて購入ができます。

8月7日のみ または ねぶた(昼)&花火大会(夜)セット券

予定枚数に達したため受付は終了しています。

車いす専用席(8月2日~6日、7日(昼)分)

青森観光コンベンション協会で電話または窓口で受付ができますよ!

団体観覧席(10名以上)

 青森観光コンベンション協会に、申込書を持参もしくはFAXで申し込みができます。

2022年は感染症対策として、国道の有料観覧席は車道を利用し南北1車線ずつにイス席を設置します。

歩道には有料観覧席は設置せず、立ち見スペースや歩行者通路として使用することで、会場の全体的な混雑の緩和を図っています。

大声での掛け声や声援等ができないのは残念ですが、今年は今年のねぶた祭りを思いっきり楽しみましょう!!

青森ねぶた祭りの屋台(露店)の出店は?

屋台(露店)

食べ歩き禁止、観客席では黙食を!!と制限はあるものの、屋台の出店は許可が出ているようです。

しかし、詳細な情報が出ていなかった為、過去の屋台情報を紹介します。

例年ねぶた祭りの期間中は、15:00~21:20で、多くの屋台が出店します。

定番のかき氷やフランクフルト、焼きそばをはじめ、青森ならではのご当地グルメも充実しています。

例えば、青森で栽培されているとうもろこしを使用した嶽きみ(たけきみ)天ぷらやチリンチリンアイス、青森のりんごを使った春巻きりんごなどです。

どれも気になるメニューばかりで、心もお腹も満たされますね♪

2022年もたくさんの屋台が出店されると良いですね!!

青森ねぶた祭りの場所やアクセスや駐車場は?

青森ねぶた祭り(東北絆祭りより)

青森ねぶた祭りの場所や運行マップは?

青森ねぶた祭りは、青森市役所から青森県庁、新町通りからホテル青森に右折して国道4号線にかけて行われます。

青森ねぶた祭の運行マップは、公式サイトのこちらをご覧ください!

青森ねぶた祭のアクセスは?

公共機関でのアクセス

最寄り駅のJR青森駅より徒歩10分です。

車でのアクセス

車の場合は、青森道 青森中央ICより約15分です。

青森ねぶた祭の駐車場は?

ねぶた期間中は2か所の臨時駐車場が設けられます。

  • 青森操車場跡地北側…約500台 / 1回1,000円 / 11:00~23:00
  • サンロード青森東側…約100台 /  無料      / 10:00~23:00

駐車場のマップは、こちらをご覧ください!

交通規制もあり、運行コースエリア内への車両の出入りはできません。

また日により、交通規制の時間が変わるので案内には注意してください。

できるだけ車で行きたい!という方にとっては、出来るだけ便利な場所で、安く停められる駐車場を探したいですよね!

イベント開始の時間がせまっているのに、渋滞や混雑で、なかなか駐車場がみつからない!

せっかく駐車場をみつけたのに、既に満車で停められない!

なんていうこと、よくありますよね。

みんな考えることは一緒、、、、なんて落ち込んだり、イライラしたりしないように、あらかじめ、近くの駐車場を予約しておく方法があります。

もう満車、満車で、うろうろ駐車場を探さなくても良いように、予約で確実に駐車しちゃいましょう。

【akippa(あきっぱ!)】や、パーキング予約なら特P(とくぴー)といった簡単に駐車場の予約ができちゃうサービスを使えば、空いている月極駐車場や、個人宅の駐車場などを格安で借りることができるんです。

周辺のコインパーキングの「相場の半額以下の駐車場」が見つけられたり、「スマホからカンタンに駐車場の予約」もできるので、お出かけ前に、是非チェックしてみてくださいね!

\スマホで簡単予約!/

\相場の半額以下の駐車場も一杯!/

まとめ:青森ねぶた祭り2022の日程や屋台は?観覧席や歴史や見どころは?

ここでは、青森ねぶた祭りの歴史や見どころ、2022年開催日程やスケジュール、屋台情報、観覧席やチケット購入法、アクセスや駐車場について紹介しました。

目の前に迫ってくる「ねぶた」、心沸き立つ「ねぶた囃子」、乱舞する「ハネト」を楽しみましょう!

おすすめの記事