足利花火大会2022の穴場や屋台は?場所や駐車場や交通規制は?
花火大会

栃木県の足利花火大会が2022年開催されますが、おすすめ穴場スポットや屋台・出店情報、駐車場や交通規制等気になりますよね。ここでは、足利花火大会の魅力や見どころ、2022年開催日程・時間や開催場所、有料観覧席、無料穴場スポット、屋台(露店)の出店、アクセスや駐車場や交通規制について紹介します。

足利花火大会の魅力や見どころは?

引用:足利商工会議所

3年ぶり106回目の開催となる、2022年の足利花火大会は明治36年から脈々と受け継がれている由緒正しきお祭りです!

関東有数の規模で関東一円から多くの観覧者で賑わうため、「50万人の夕涼み」と言われています。

また、2022年は足利市制100周年記念ということもあり、例年以上に豪華絢爛な花火大会となるのではないでしょうか?

例年のプログラムとしては、打上花火、大玉花火、ワイドスターマイン、大ナイアガラなどの約2万発が打上げられます。

様々な種類の花火が一斉に咲き誇る姿はまさに圧巻の一言!!

とても見応えがあります♪

私のおすすめは、関東圏では最高峰とされる「ナイアガラの滝」です。

とても優美で色とりどりの花火が流れていく光景は言葉を失うほどきれいです。

是非絶景をご覧になってくださいね♪

足利花火大会2022の開催日程・時間や開催場所は?変更内容は?

花火大会

2022年の第106回足利花火大会が、3年ぶりに8月6日に開催されます!

足利花火大会2022の開催日程・時間や打ち上げ場所

足利花火大会の開催日程: 2022年8月6日(土曜日)

※荒天時は翌日8月7日(日曜日) 19:15~20:15に開催が延期

時間: 開場 14:00 打ち上げ19:15~20:15

開催場所: 田中橋下流渡良瀬運動場及びその河川敷

花火の種類: 打上花火、大玉花火、ワイドスターマイン、大ナイアガラなど

打ち上げ総数: 約20,000発

変更内容:

・例年よりも時間を短縮して開催されます。

・2022年度は桟敷席がありません。(有料観覧席(河川敷地)のみの設置)

・コロナウィルス感染防止の為、マスクの着用、大声の発生の禁止、黙食等の規制があります

花火のプログラムは、公式サイト:足利商工会議所で、こちらからご覧になれます!

足利花火大会2022の有料観覧席は?購入法は?

花火大会

有料観覧席が設置されるのですが、コロナウィルス感染防止の為、適度な間隔を保てることから観覧の環境はとっても良いですね!

さて、有料観覧席にはどういったものがあるのでしょうか?

有料観覧席

1区画 2坪相当(1.8ⅿ×3.6ⅿ)【大人8人定員】 8,000円

実行委員会が指定した場所に実行委員会が用意したブルーシートを敷いて、観覧できます。

大人8人まで座ることができますよ!

引用:足利商工会議所

スーパーカップル席 2人用キャンプチェア・ドリンクホルダー付き: 5,000円

引用:足利商工会議所

パイプ椅子 1脚 3,000円 

カップルシート 【ガーデン椅子2脚セット】 7,000円

デラックスシート(リクライニングイス1脚) 6,000円

テーブル1台+ガーデン椅子4脚セット 16,000円

ブルーシートやカップルシートは、下記の要領で申込できます。

1.申込書に必要事項を記載の上、足利商工会議所窓口にて申込み、代金を支払う。

2.申込書に必要事項を記載の上、代金を同封の上、現金書留で足利商工会議所に郵送する。

 郵送の際は、書損じ等が無いように十分ご注意ください。

その他のシートは、以下の通り、楽天チケットやセブンチケット経由でご購入できます!

楽天チケット⇒楽天チケット『足利花火大会』 から検索してください。

セブンチケット⇒全国のセブンイレブンの マルチコピー機サービスでご購入いただけます。

足利花火大会2022のおすすめ穴場スポット(無料観覧)は?

花火大会

足利花火大会公式の有料観覧席からは、大迫力の花火を眺めることができますが、混雑を好まない方に、知る人ぞ知る!花火大会の穴場観賞スポットをご紹介します!

花火大会の観賞場所選びに是非ご参考にしてみてくださいね♪

岩井橋周辺の河川敷

住所: 栃木県足利市岩井町

足利市立第三中学校や足利市立桜小学校などの無料駐車場設置場所からも近い上、開けた場所なので遮蔽物がなく、絶好の観覧スポットと言えます。

足利税務署裏手の土手

住所: 栃木県足利市伊勢町4丁目18−2

足利駅から徒歩10分程度の場所にあり、有料観覧席よりも足利駅に近いです。

渋滞に巻き込まれずに帰りたいといった方におすすめの上、意外と知られていないまさに穴場スポットなのです!

足利ゴルフ場付近

住所:栃木県足利市田中町459−1

1300台と大量の無料駐車場を用意しているアピタ足利店からもほど近いです。

非常に便の良い場所で、眺めがよく、混みあう可能性が高いです。

また、場所取りなどはできないようです。

周辺には商業施設も多いので、トイレの不安が軽減されるのは利点ですね!

織姫公園

住所:栃木県足利市巴町3890−17

打ち上げ会場より北西方向に位置する公園で、周辺よりも高所なので、花火を観賞しやすい場所です。

また、織姫公園自体も非常にきれいなので、素晴らしい観賞スポットです。

その他にもヤマダ電機やアピタ、ヨークベニマルなどの店舗の屋上などが、穴場スポットとして人気です!

どこで花火を見るにしても!

真夏の夜の花火大会参戦で忘れちゃいけないのは、「虫よけスプレー」です。

刺されてしまうと、もう集中力がなくなって、花火どころでなくなってしまいますよね!

家族全員、肌の弱い人、赤ちゃん、小さなお子さん、ペットにも安心の天然由来100%♪

爽やかな森林の香りの、この虫よけスプレーは、ホタル観賞だけでなく、キャンプでも大活躍!

お出かけ時だけでなく、家の網戸にシュッとしておくだけで、虫よけ抜群なんです。

虫にさされやすい私も、ヒバウッドのおかげで、最近は虫刺され知らず。

ドラッグストアでは見かけない、虫よけオーガニックスプレー「ヒバウッド」は、オンラインで♪

\今年の夏は絶対刺されない!今すぐオーガニック虫よけスプレー「ヒバウッド」をGETする/

足利花火大会2022の屋台(露店)の出店は?

屋台

例年なら約500店舗もの露店が渡良瀬川沿いに立ち並ぶ足利花火大会なのですが、2022年は規模を縮小し、田中橋下の駐車スペースにて屋台(露店)コーナーを設けるようです。

さすがに、500店舗というわけにはいかないと思いますが、定番のフランクフルト、かき氷、焼きそば、クレープ、チョコバナナ、わたあめから、名産の日光和牛を使用した牛串の出店も予定されているようですよ♪

やはり花火といえば屋台グルメ!

多くの花火大会で屋台の出店が中止される中、規模縮小とは言え、屋台・露店の出店は、とっても楽しみですね♪

足利花火大会2022のアクセスは?駐車場や交通規制は?

花火大会

住所: 〒326-0054 栃木県足利市伊勢南町

足利花火大会のアクセスは?

電車・バスでのアクセス

JR両毛線足利駅から徒歩約5分です。

東武伊勢崎線足利市駅から徒歩約10分です。

車でのアクセス

東北自動車道佐野藤岡ICから約30分です。

北関東自動車道足利ICから約15分です。

足利花火大会の駐車場や交通規制は?

台数:6,300台 ※公共施設等を仮設駐車場として無料開放予定

駐車場は以下の通りです。

駐車場名住所駐車可
能台数
(台)
1桜小学校足利市千歳町89200
2東山小学校足利市助戸仲町806172
3けやき小学校足利市柳原町861156
4さいこうふれあいセンター足利市西宮町2838200
5第三中学校足利市常盤町67260
6生涯学習センター多目的広場足利市相生町1-1200
7大日東駐車場足利市家富町2301100
8あしかがフラワーパークプラザ
(市民プラザ駐車場)
足利市朝倉町264512
9地場産センター駐車場足利市田中町32-1185
10アキレス㈱・福富町足利市福富新町1570200
11助戸公民館駐車場足利市助戸仲町453-252
12医師会館足利市本城3-2022-1120
13足短附体育館西駐車場足利市本城3丁目212070
14足短附体育館南駐車場足利市本城3丁目212050
15市役所駐車場足利市本城3丁目2145166
16総合グランド足利市田所町1123436
17元学町緑地駐車場足利市元学町826120
18FUKAI SQUARE GARDEN
(市民体育館駐車場)
足利市田所町1123175
19コムファースト足利市朝倉町245-51280
20とりせん助戸
ケーヨーデイツー
足利市助戸1丁目680813
21アシコタウンあしかが足利市大月町3-22000
22足利商工会議所足利市通3丁目275785
23トリコット会館跡地足利市家富町2225-138
24山辺公民館・グラウンド足利市堀込町2843240
25地場産センター臨時駐車場足利市田中町32-1185
引用:足利商工会議所

上記1~6は仮設駐車場、7~25は臨時駐車場

※1 ご利用時間は午後3時~午後9時

※2 利用時間帯を守り、安全な駐車マナーにご協力をお願いします。

※3 桜小学校、第三中学校は午後1時~午後9時

※4 助戸公民館、東山小学校は午後2時~午後9時

交通規制については、添付をご覧ください。

まとめ:足利花火大会2022の穴場や屋台は?場所や駐車場や交通規制は?

ここでは、足利花火大会の魅力や見どころ、2022年開催日程・時間や打ち上げ場所、有料観覧席、無料穴場スポット、屋台(露店)の出店、アクセスや駐車場や交通規制について紹介しました。

足利夏まつりのクライマックスを飾る足利花火大会の夜空の絶景を堪能してください!

おすすめの記事